POG

新着記事

チトニアがJRAアニバーサリーSで復帰、一年ぶりも実力秘め

昨年の神奈川新聞杯で圧倒的な末脚を決めて連勝を飾ったチトニア。しかし、そこから長期休養を余儀なくされ復帰までに1年弱の時間を費やしてしまった。しかしキャリアはまだ浅くここからまだ伸びシロもある1頭だろう。鞍上は岩田康。

340

モアナアネラがローズSで母子制覇狙う、血の底力通用するか

ジェンティルドンナ産駒のモアナアネラが母の勝利したローズステークスで偉業達成なるか注目の1戦。さすがにここまでに至る経緯は違いがあるものの、クラシック路線に乗って来た事はさすがに評価したい。後はDNAの力を信じるのみ。

2,198

カルカリーナがダート短距離で2連勝、父は真逆の菊花賞馬

7月の3歳未勝利脱出後、昇級戦となった1勝クラスで見事な差し切り勝ちを収めたカルカリーナ。父オウケンブルースリは菊花賞馬だが、更にその父ジャングルポケットの産駒適性を鑑みればダートで連勝というのも腑に落ちるだろう。

26

イモータルスモークがダート戦のデビューを逃げ切りで勝利

外国産馬イモータルスモークが余裕のある走りで新馬戦を勝利で飾った。発馬からスピードの違いを見せ付け先頭へ、そのまま馬が競馬すら分かっておらず勢いに任せてあっさりと逃げ切ってしまうのだから面白い。もっと上でも見たい1頭。

29

クラヴァシュドールがデビュー戦を鮮やかに差し切り鮮烈V

ハーツクライ産駒のクラヴァシュドール。マイルの新馬戦を軽快に駆け抜け、上がり33秒1のキレ味でまとめてかわす見事な勝利を飾った。素質馬の多い中内田廐舎からまたしても来年のクラシック候補が現れたと言っても過言ではない。

136

フェアレストアイルが新馬戦を危なげなく快勝、先ずは1勝目

ミッキーアイルの全妹にあたるフェアレストアイルがデビュー戦をあっさりと抜け出し初白星を飾った。気性が勝ったタイプの一族で、今後も間を開けつつ使われても鉄砲駆けが効くタイプだろう。距離は先ず持ってマイルまでのイメージ。

861

ヴァンドギャルドが1勝クラスの復帰戦を持ったままの完勝

実力馬ヴァンドギャルドがアーリントンカップ以来となる実戦、自己条件戦での復帰となった1勝クラスを格の違いで大楽勝。直線外から追わずに先頭へ立つと、あっさり後続を突き放して圧巻の内容で2勝目を飾った。今後の躍進が楽しみ。

1,879

1,061 件