POG

新着記事

ディアスティマ(スウィートリーズン2017)のPOG情報

ディアスティマをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2019-2020のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

381

シルヴェリオ(シルヴァースカヤ2017)のPOG情報

シルヴェリオをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2019-2020のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

412

アブソルティスモ(ラドラーダ2017)のPOG情報

アブソルティスモをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2019-2020のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

313

リアアメリア(リアアントニア2017)のPOG情報

リアアメリアをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2019-2020のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

479

ブルトガング(タピッツフライ2017)のPOG情報

ブルトガングをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2019-2020のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

385

ヴァンランディが夏木立賞で叩き合いを競り勝ち貴重な2勝目

ハッピーパス産駒のヴァンランディが昇級2戦目となる夏木立賞で見事勝利。直線ではサトノエルドールとの長い一騎打ちをゴール前でハナ差振り切り2勝目を飾った。秋以降のローテーション編成に向けて非常に重要な勝ち星だっただろう。

826

イーグルバローズがBSイレブン賞を出遅れも捩じ伏せて圧勝

圧倒的1番人気だったイーグルバローズがBSイレブン賞でスタートを大きく立ち遅れる不利。終始後方からの追走となったが、直線であっという間に先行集団を差し切り見事に勝利でオープン入りを決めた。これはまさに大物候補の予感。

165

デュープロセスが青竜Sで強豪2頭を破り4連勝、充実一途

3連勝中のデュープロセスが、青竜ステークスでデアフルーグやカフェクラウンといった無敗の実力馬を相手に完勝。前走とは打って変わって、正攻法からの競馬でねじ伏せる強さは本物の実力だろう。次はいよいよ重賞タイトルへ挑む。

266

キャナルストリートが京王杯SCで5着、上がり馬の片鱗見せる

2連勝の勢いそのままに京王杯スプリングカップに挑んだキャナルストリート。勝ち馬から0秒2差の5着と掲示板を確保、最後まで脚色良く上位に迫る姿は頼もしい限りだ。いずれはタイトルを狙って行ける存在だ。良血馬覚醒まで後僅か。

9

スマートオーディンが京王杯SCで猛追も7着、展開向かず不発

前走の阪急杯で劇的な復活劇を遂げたスマートオーディン。京王杯スプリングカップも最後方追走から一気の末脚で脚を伸ばして行ったが、前が残る展開となり大外から上がり最速も7着に敗退。あくまで展開が向かなければ勝ち切るのは稀。

143

トゥザクラウンが京王杯SCで早め先頭の競馬で4着と及第点

連勝中の良血馬トゥザクラウンが、初重賞となった京王杯スプリングカップで直線入り口から仕掛けて行き早々に先頭へ立つ競馬。最後は脚が甘くなってしまい4着に終わったが、十分納得の行く走りだったろう。秋以降の活躍に期待したい。

6,414

レッドオルガがヴィクトリアMで11着敗退、不利も響く痛恨

好走が確実視されていたレッドオルガだったが、そのヴィクトリアマイルではまさかの11着大敗とキャリア史上最低の競馬となった。スタートで立ち遅れ、直線の進路確保も曖昧で全く能力を発揮できないままゴール板を過ぎる結果に。

3,052

886 件