POG

新着記事

エアスピネルが函館記念で13着大敗、明らかな太め残り

函館記念で復帰したエアスピネルが13着とキャリア史上最大の大敗を喫した。とは言え、陣営も余裕残しの仕上げであくまでも目標は次の札幌記念が想定なのだろう。プラス10kgの馬体からも自身の走りには程遠い状態だった。

211

ビオグラフィーが日曜阪神の新馬戦に登場、シルクの期待馬

チアズメッセージ産駒で、兄に重賞馬クリプトグラムがいる血統のビオグラフィー。シルクホースクラブの新馬戦連勝記録が土曜日も続いた場合は、日曜日の本馬が9連勝目となる。この勢いを途切らせる事なく次の新馬に繋げられるか注目。

479

カラクレナイがバーデンバーデンCで2年以上ぶりの勝利狙う

一昨年のフィリーズレビュー以来勝ち星から遠ざかっているカラクレナイ。ベストの1200m戦、バーデンバーデンカップで久々の勝利を目指す。福島コースは初めてとなるが、平坦の方が相性良く終いは切れるだけに期待して良いだろう。

266

デアフルーグがジャパンダートダービーで見せ場無く8着

ジャパンダートダービーで2番人気だったデアフルーグ。道中はクリソベリルをマークする形で意識的に勝ちを狙って行ったが、直線でいつもの脚を使えず8着惨敗を喫した。恐らく連戦の疲れでパフォーマンスを発揮出来なかったのだろう。

1,012

サトノガーネットが五稜郭Sを後方一気の差し切り、鬼脚炸裂

ディープインパクト産駒のサトノガーネットが昇級戦となる五稜郭ステークスで道中10番手から直線だけで前をまとめてかわす追い込み勝利を飾った。スローペースの前残り優勢だった展開でこの芸当は力が抜けていないと出来ないだろう。

61

パッシングスルーが1勝クラスを3馬身差突き抜けて2勝目

フローラステークスから自己条件戦の1勝クラスに出走したパッシングスルー。単勝1.3倍もの支持を集める人気ぶり、その期待に応える様に先行抜け出しから後続と引き離す競馬で大楽勝を飾った。秋の舞台へ飛躍のキッカケを掴んだ。

1,053

サトノキングダムが阿武隈Sを先行抜け出し5勝目、OP入り

世界的良血馬サトノキングダムがいよいよオープンクラスへ。阿武隈ステークスでは楽な競馬でワンダープチュック以下を振り切りキャリア5勝目となる勝利を飾った。重賞戦線で勝負するにはもう一皮剥ける必要がある。後は血統の底力か。

19

新馬戦圧勝のブルトガングが安楽死処分、腰フラで予後不良

6月のデビュー戦を度肝を抜くパフォーマンスで快勝したブルトガング。早くもクラシック最有力候補と騒がれた本馬だが、クラブ側から9日朝に安楽死処分され死亡したと発表があった。原因は腰萎、通称“腰フラ”であると推測される。

2,125

976 件