POG

新着記事

クロトノーナが新馬に登場、姉2頭は今年のGⅠ馬で期待大

半姉にノームコア、クロノジェネシスがいるクロトノーナ。父がルーラーシップに変わり、また違ったタイプの競走馬にはなるが能力自体は上位互換されても良い種馬である。牝馬である以上、その2頭と同等かそれ以上の走りを期待したい。

48

コントレイルが東スポ杯2歳Sで二強の間に割って入れるか

デビュー戦を楽勝し、隠れた素質馬的存在に扱われているコントレイル。東京スポーツ杯2歳ステークスではラインベック、アルジャンナの2頭がクローズアップされているが、その2頭を打ち負かせる馬がいるとするなら本馬しかいない。

68

アルアインがマイルCSで馬券圏内も、中2週は鉄板ローテだ

天皇賞秋で14着と大きく敗れたアルアインだが、自身のキャリアでは中2週という感覚が最も活躍する臨戦過程である。それもその筈で皐月賞、大阪杯制覇時と昨年のマイルチャンピオンシップ3着時がそれに該当。これは見過ごせない。

5,243

ペルシアンナイトがマイルCSで巻き返す、鞍上はマーフィー

一昨年のマイルチャンピオンシップ勝ち馬で、昨年も2着と2年連続同レース連対中のペルシアンナイト。さすがにここでの好走は約束された様なものだが、近走の成績が芳しくなく穴人気程度の支持だろう。マーフィー騎手で狙い目だ。

2,354

ダノンプレミアムがマイルCSでGⅠ2勝目を狙う、絶好の舞台

天皇賞秋2着のダノンプレミアムが中2週でマイルチャンピオンシップに参戦。京都のマイルは春にマイラーズカップでインディチャンプ以下を子供扱いにしたコースである。本質的にはマイラーで、この距離なら不利さえなければ崩れまい。

5,945

ダノンキングリーがマイルCSで初GⅠ制覇へ、鞍上は横山典弘

前走の毎日王冠ではアエロリット、インディチャンプのGⅠ馬を相手に大外から一気の追い込み勝利を決めたダノンキングリー。出遅れながらも楽に差し切る内容は今回のメンバーでも主役候補だろう。戸崎騎手から横山典騎手に乗り替わる。

3,365

ブルーメンクローネが2勝クラスを鮮やかに逃げ切って2連勝

GⅠ馬ブルーメンブラット産駒のブルーメンクローネがダートを舞台に覚醒中。昇級戦となった2勝クラスも危なげない走りで 逃げ切りしっかりと勝ち上がって見せた。内容にもまだお釣りがあり、本格化でオープンクラスは意識したい。

52

メデタシメデタシが新馬で大外一気の末脚、桁違いの推進力

ロードカナロア産駒のメデタシメデタシが京都内回りのコースで短い直線も何のそのの追込みを披露し、実力の違いを見せ付ける走りを披露。フットワークからして他馬とは一線を画す内容、これは重賞でも十分に楽しめる逸材だろう。

71

ダノンフェイスが武蔵野Sで13番人気3着、230万円の波乱

道中14番手から追い込み勝負に懸けたダノンフェイスが、直線怒涛の末脚を見せて上位2頭に迫る3着に入線。13番人気という低評価だった事から、3連単は何と200万円超えの大万馬券を演出。波乱の主役を務め大きな注目を浴びた。

16

1,123 件