POG

新着記事

ミラアイトーンがオパールSで仕切り直し、連勝街道へ再び

北九州記念で1番人気ながら5着と連勝が途切れてしまったミラアイトーン。さすがに余裕残しの仕上げと初重賞挑戦で最後は息切れとなってしまった様だ。今回は勝利経験のあるオープンの1戦、斤量も手頃で状態は抜群なら確勝級か。

975

レピアーウィットが太秦Sで砂の怪物と初対戦、勝てば大金星

薫風ステークスを快勝し2連勝中のレピアーウィット。自身もダートで覚醒した1頭だが、今回はそれ以上に大物候補のエアアルマスが立ちはだかる。かなりの強敵にはなるが展開1つで逆転出来る可能性もあり3連勝なら一気に重賞戦線へ。

2,624

エアアルマスが太秦Sでダート無敗継続なるか、能力は重賞級

前走のエニフステークスは直線だけで前をゴボウ抜きする異次元のパフォーマンスを見せたエアアルマス。砂を被ると嫌がるとの事で、それを踏まえて川田騎手が考えて乗るだろう。スタートさえ決まればほぼ死角は見当たらず3連勝が濃厚。

445

オールフォーラヴが府中牝馬Sで巻き返し期す、鞍上に川田

関屋記念で3連勝を期待したオールフォーラヴだったが、レースではチグハグな競馬であえなく10着に惨敗。しかし、あれが本馬の実力ではない事が明白の内容だけに、今回の府中牝馬ステークスは試金石の1戦となる。川田騎手が騎乗。

683

スカーレットカラーが府中牝馬Sで道悪馬場でも好走必至か

クイーンステークスで僅差の2着と調子を上げ続けて来ているスカーレットカラー。ここに来ての充実度は眼を見張るものがあり、安定感で言えばメンバー随一とも言える。岩田康誠騎手を背に念願の重賞タイトル獲得へ、東京で花開くか。

234

ソウルスターリングが府中牝馬Sで見直し、復活の準備は万端

エプソムカップを取り消して、実質ヴィクトリアマイル以来の実戦となるソウルスターリング。その前走は骨折明けにも関わらず自らレースを作りに行っての敗戦だけに見どころ十分。走りに活気が戻って来ており、そろそろ復活しても良い。

4,573

ラッキーライラックが府中牝馬Sで1年半ぶりの復活勝利へ

ヴィクトリアマイルで1番人気ながら4着に敗れてしまったラッキーライラック。とは言え、勝ち馬ノームコアから0秒1差と評価は落ちない内容だった。そういう意味でも今回の府中牝馬Sでは仕切り直し、是が非でも勝ちたい1戦だ。

4,294

シェーングランツが秋華賞で返り咲き、良血の花は秋に咲く

藤沢厩舎の管理馬でソウルスターリングの妹にあたるシェーングランツ。アルテミスステークス覇者であり、実力的には3歳世代でも屈指の存在。春は不運にもタイトルに届かなかったが巻き返しを期する秋華賞では一気に大輪を咲かせたい。

6,262

1,081 件