POG

新着記事

ベイコートが福島の新馬戦に登場、半兄にGⅠ2着の実力馬

2013年の宝塚記念で2着に入ったダノンバラードを兄妹にもつベイコートが初陣を迎える。父ロードカナロア、母レディバラードとロードホースクラブの代表馬同士による配合、馬主は違えど生粋のロード系産駒だ。鞍上は石川騎手。

52

プランドラーが新馬に登場、サンデーRの1億5000万円馬

母が米3歳牝馬チャンピオンのプラウドスペル、上2頭もオープンクラスの実力馬でまさに走る運命を背負ったプランドラー。池江厩舎のエース候補が早くも7月に実戦デビューを迎える。中京の芝2000m戦で鞍上はM.デムーロ騎手。

621

サターンが中京の新馬でデビュー、全姉よりも順調な始動戦

全姉に今年のフラワーカップを勝利したカンタービレがいるサターン。その姉は12月にデビューと少し遅れたが、弟はこの夏の中京で初戦を迎え非常に上手く調整が進んでいる。角居氏の一件で今は中竹厩舎預かり、そこが影響するか。

355

ボスジラが福島新馬でデビュー、全兄にGⅠ級2頭の血統馬

マウントロブソン、ポポカテペトルを全兄に持つボスジラが早くも初戦を迎える。上同様にオーナーは金子真人氏、管理も絶好調の国枝栄厩舎と育成環境は申し分無い。同馬も偉大な兄たちに続いてクラシック戦線に殴り込みをかけたい。

118

カーサデルシエロが500万下に出走、鞍上は母の主戦福永

さすがに2戦目で重賞挑戦はハードルが高過ぎたカーサデルシエロ。一旦、休養を取り仕切り直しで臨む500万下の1戦は、母ダイワエルシエーロのパートナーだった福永祐一騎手だ。意外や意外、母の産駒に乗るのは今回が初となる。

680

ラストプリマドンナが白河特別で2連勝狙う、末脚は強化中

前走の500万下では後方から一気の追い込みを決め鮮やかな2勝目をあげたラストプリマドンナ。あの決め脚は明らかに地力が付いて来ている証拠で、展開に左右される反面ハマれば上のクラスでも十分に戦えるだろう。連勝で勢いを。

525

レイエンダが松前特別で3連勝なるか、次はセントライト記念?

長期休養明けの夏木立賞を完勝、改めて能力の高さを示したレイエンダ。夏場を涼しい北海道競馬で過ごし、秋の飛躍に向けて松前特別に出走する。ここで無傷の勝利を収めれば、次走はセントライト記念を予定。幻のダービー馬がここに。

7,855

スワーヴシャルル(キングスローズ2016)のPOG情報

スワーヴシャルルをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

128

アメジストヴェイグ(グルヴェイグ2016)のPOG情報

アメジストヴェイグをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

98

テンペスタージ(ディラローシェ2016)のPOG情報

テンペスタージをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

62

ミッキーバディーラ(バディーラ2016)のPOG情報

ミッキーバディーラをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

72

ウラノメトリア(ミクロコスモス2016)のPOG情報

ウラノメトリアをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

151

イニティウム(ゴールデンドックエー2016)のPOG情報

イニティウムをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

181

542 件