Giant'sCauseway

新着記事

アスターペガサスが函館SSで重賞2勝目へ、昨夏の勢い再現

函館スプリントステークスで一番の注目はアスターペガサスだろう。何と言っても昨年の函館2歳ステークス覇者、この条件での勝ち方は心得ている1頭だ。その時に騎乗した小崎騎手とのコンビで思い出の地に凱旋する。斤量も有利。

195

フラテッリが1000万クラスでも圧勝あるぞ、藤岡佑が騎乗だ

前走の500万下を大逃げから2着に1秒以上の差を付けて勝ち上がって来たフラテッリ。一見、フロック視される様なレース運びだったが、あれも鞍上の藤岡佑介騎手からすれば想定内の結果だった筈。継続で乗っているだけに注目したい。

106

ブリッツアウェイが新馬戦で大物たちを相手に下剋上狙う

ディープインパクト産駒のブリッツアウェイが新馬戦に登場。その初戦からとんでもない強豪が揃った1戦に立ち向かう。億超えの注目馬たちを打ち負かせばいきなりの大金星、一躍クラシックの有力馬に名乗りを上げる事となるだろう。

397

クーファウェヌスが待望のデビュー、大物が3歳未勝利で試走

近親にジャパンカップ2着のパラダイスクリークやヨーロッパチャンピオンのデビッドジュニアなどがいる大物候補クーファウェヌスが遂にターフへお目見えだ。父フランケル産駒からまたしても遅れて来た怪物登場となるか、騎手は秋山。

387

マスクゾロがシリウスS以来約9ヶ月ぶりとなる実戦復帰

シリウスSを制した後、故障で戦線から離脱していたマスクゾロが今週の中京で行われる名鉄杯で久々の登場。3連勝で一気にダート戦線の主役候補となった実力馬が、もう一度その舞台へ戻る為に昨年の10月以来となるレースへ挑む。

254

Eden’s Causeway2014(馬名:クーファディーヴァ)を指名した!?

デビュー済だが「Eden’s Causeway2014」を徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?指定してない方も2016-2017のPOGを楽しむ上でご参考下さい!!

702

8 件