Giant'sCauseway

新着記事

ブリッツアウェイが新馬戦で大物たちを相手に下剋上狙う

ディープインパクト産駒のブリッツアウェイが新馬戦に登場。その初戦からとんでもない強豪が揃った1戦に立ち向かう。億超えの注目馬たちを打ち負かせばいきなりの大金星、一躍クラシックの有力馬に名乗りを上げる事となるだろう。

315

ブラックダンサーが新馬戦で良血2頭を撃破し白星デビュー

ブラックタイド産駒のブラックダンサーが阪神の新馬戦で、ドナウデルタやイベリスの評判馬相手にあっさりと快勝。血統実績では劣るが走りは優秀、今後も次々と大物を蹴散らす活躍を見せて欲しい。距離はもう少し延びてもOKだろう。

158

シュリ(エーゲリア2016)のPOG情報

シュリをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

156

アスターペガサスが函館2歳SをV、人馬ともに初重賞制覇

函館2歳ステークスを強烈な末脚で差し切ったアスターペガサス。世代初のタイトルホルダーになると共に、鞍上の小崎綾也騎手もデビュー以来初となる重賞勝利となった。今後、フレッシュなコンビが2歳重賞戦線を賑わして行くだろう。

53

クーファウェヌスが待望のデビュー、大物が3歳未勝利で試走

近親にジャパンカップ2着のパラダイスクリークやヨーロッパチャンピオンのデビッドジュニアなどがいる大物候補クーファウェヌスが遂にターフへお目見えだ。父フランケル産駒からまたしても遅れて来た怪物登場となるか、騎手は秋山。

333

マスクゾロがシリウスS以来約9ヶ月ぶりとなる実戦復帰

シリウスSを制した後、故障で戦線から離脱していたマスクゾロが今週の中京で行われる名鉄杯で久々の登場。3連勝で一気にダート戦線の主役候補となった実力馬が、もう一度その舞台へ戻る為に昨年の10月以来となるレースへ挑む。

216

Eden’s Causeway2014(馬名:クーファディーヴァ)を指名した!?

デビュー済だが「Eden’s Causeway2014」を徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?指定してない方も2016-2017のPOGを楽しむ上でご参考下さい!!

662

7 件