2019年世代(2016年産駒)

新着記事

クロノジェネシスがエリザベス女王杯で5着、前半のロス響く

期待された秋華賞馬クロノジェネシスが古馬との初対戦で自身のレースが出来ず5着に敗退。前走よりも落ち着きがありもっと良い走りを見れそうだったが、遅い流れからのペースアップに戸惑いそれに対応できないままゴールとなった。

1,154

ゴータイミングが修学院Sでオープン入りへ、切れ味発揮だ

野分特別を快勝し菊花賞へ進むと思われたゴータイミングだったが、無理強いせずに自己条件の修学院ステークスに駒を進めて来た。現在阪神コースで3勝で京都は勝ち星無し。決め手を求められれば本来なら京都の方が走りは活きる筈だ。

3,336

デターミネーションが貴船Sで連勝なら一気にOPクラス突入

ゴールドアリュール産駒の素質馬デターミネーションが貴船ステークスでオープン入りを狙う。前走の2勝クラスでは単勝1倍台の支持に応えての勝利でまだまだ伸びシロの感じられる内容だった。重賞を意識できる素材、今後注目の1頭だ。

98

ルプリュフォールが2勝クラスで連勝目論む、鞍上は横山典

前走の1勝クラスは約1年ぶりの実戦にも関わらず、他馬が止まって見える程の豪脚で差し切り勝ちを決めたルプリュフォール。新馬勝ちの時は重賞も狙える素材として注目されていただけに少し遅くなったがここから快進撃を見せて欲しい。

324

ワイドファラオがみやこSで3歳の勢いぶつける、鞍上デムーロ

ユニコーンステークス覇者のワイドファラオがみやこステークスで中央の古馬と直接対決。前走は地方の重賞で2着と敗れたが、小回りと距離短縮で本来の走りではなかった。インティとスマハマが牽制し合う様な展開なら本馬にも勝機あり。

282

トーセングランが松浜特別を先行策から抜け出し2連勝を飾る

ディープインパクト産駒の良血トーセングランが松浜特別を3番人気ながら快勝。スムーズな立ち回りで昇級戦をもろともせず、未勝利と同じ様な競馬で勝ち上がった。母系を見てもまだまだ成長力がありそうで、どこかで化ける可能性大。

54

カリボールが菊花賞に中1週で参戦、大幅距離延長も期待大

先々週の清滝特別を勝ち上がったばかりのカリボールが、中1週の強行ローテでも期待値の方が上回り、陣営も急遽の参戦を決定。鞍上には今年JRA免許を取得したばかりいの藤井勘一郎騎手を予定、人馬共にフレッシュなコンビで挑む。

1,600

333 件