2019年世代(2016年産駒)

新着記事

ヒシゲッコウが新馬戦を強引に差し切って初V、GⅠ馬の半弟

昨年のマイルチャンピオンシップを制したステルヴィオを半兄に持つヒシゲッコウがデビュー戦を勝利。中団から競馬を進めて4コーナーから脚を使って前へ進出すると、そのまま直線コースで先行勢を捻じ伏せて白星をもぎ取って見せた。

397

ヴィッテルスバッハが500万下で下剋上狙う、母系は超一流

未勝利戦を勝利したヴィッテルスバッハが重賞級の集まる阪神の2歳500万下で強豪相手に立ち向かう。その前走の価値っぷりはセンスを感じる内容で、化ければかなりの所まで行くイメージが持てる素材。今回が試金石の1戦となる。

88

サトノルークスが500万下に出走、メンバー中大物感No.1

折り返しの未勝利戦をきっちり勝ち上がったサトノルークスが年内最終開催の2歳500万下に参戦して来た。2億超えの評判馬でそれに比例してなかなかの馬っぷり。レースぶりもどんどん良くなっており、今回楽勝する様なら期待大。

1,703

グランデストラーダが500万で無傷の連勝狙う、鞍上は岩田

新馬戦楽勝だったグランデストラーダが、阪神の2歳500万下で牡馬相手に真っ向勝負。カントル、サトノルークスと評判馬が出揃ってはいるが素質はこの馬も負けてはいない。連勝を飾ればそれは即ちクラシックの有力候補となる。

330

カントルが500万クラスに登場、調教も鋭く終いの脚に期待

未勝利を勝ち上がったカントルが18年最終開催でオープン入りを決めたい。兄とは違い、長く良い脚を使うタイプで前走のレースも最後の最後でようやくエンジンがかかった様子だった。阪神コースに替わるのはプラス、楽しみな1戦だ。

1,885

ニシノデイジーがホープフルSで真の王者へ、重賞馬の意地

メンバー中、唯一の重賞勝ち馬であるニシノデイジー。しかも2勝もしているのだから本来なら断トツの1番人気にならなければいけない筈。が、血統的な面も含めてサートゥルナーリアに甘んじているのならプライドをかけて激突する。

823

ウルクラフトが千両賞で2連勝狙う、馬体重のキープが鍵

デビュー戦を快勝したウルクラフトが千両賞へ駒を進めて来た。ひと月半の間隔を取ってしっかりと調整をかけての参戦だけに、一番のポイントは馬体重だろう。初戦が412kgだっただけに、出来れば少しでも目方は増えていて欲しい。

187

リストがいよいよ新馬デビュー、兄2頭に続けばGⅠ級の1頭

全兄に“幻のダービー馬”と言われたシルバーステート、新馬戦でワグネリアンと互角の戦いを繰り広げたヘンリーバローズがいるリスト。いずれもダービー候補だった2頭だけに、今回も相当な期待がかけられている。鞍上は武豊騎手。

1,863

260 件