2019年世代(2016年産駒)

新着記事

トーセンスカイが新馬で評判馬相手に2着、自身も超良血馬

兄にステイインシアトル、近親にエーピーインディがいるトーセンスカイがデビュー戦を2着好走。1着は3億円ホースのサトノソロモンだったが、血統だけならこの馬も負けてはいない。走りも上々で、すぐに勝ち上がれる素材だろう。

405

パロネラが新馬戦で2着惜敗、単勝1倍台の支持に応えられず

プリモシーンの半妹パロネラがデビュー戦を勝ち切れず2着に終わってしまった。道中、逃げ馬の直後を追走し直線コースもそのままイン差しへ。しかし、最後まで逃げたザダルを捉えられずクビ差迫った所でフィニッシュ。白星を逃した。

702

サトノソロモンが新馬戦を鮮やかに快勝、馬格含めて大物感

3億円近い額を誇るサトノソロモンが、新馬戦で先行抜け出しの競馬を見せ先ずは初戦を勝利。既に550㎏を超える馬体を誇り、それでいて機動力のある走りを見せたのはさすがのひと言。今後は更にパフォーマンスも上がって来る筈だ。

1,537

アクアミラビリスがフェアリーSで5着惜敗、2戦目の壁に

新馬戦の内容からフェアリーステークスで1番人気に支持されたアクアミラビリス。しかし、キャリア2戦目で馬もテンションが高くやや走りに力みがあった様だ。道中、勝ち気で進めた分の直線の止まりを考えれば致し方ない所だろう。

729

レッドアネモスが紅梅Sで3勝目へ、先手を取って粘り込みか

阪神ジュベナイルフィリーズでは後手に回って先行策が取れず9着に敗れたレッドアネモス。自分の競馬が出来なかったにも関わらず大きく崩れなかった事を考えると能力はやはり高いのだろう。ここは実績も最上位、すんなりと勝ちたい。

384

ヴァルディゼールがシンザン記念をイン差しVで無傷の連勝

ロードカナロア産駒のヴァルディゼールがデビューから2連勝で重賞初制覇。道中馬群の内目を追走、直線最内を突いて難なく前をかわすと最後は猛追したマイネルフラップを振り切って勝利。距離延長も問題なくクラシックでも期待出来る。

100

264 件