2019年世代(2016年産駒)

新着記事

オーヴァルエースが寒椿賞で外差し一気の競馬、2連勝達成

デビュー戦に続き、大外から前をまとめて差し切る強い競馬で寒椿賞を勝利したオーヴァルエース。さすがに着差こそ前走の様な大差を付けられなかったが、それでもパフォーマンスは他馬を凌駕するレベルだったと言える。これは大物か。

271

グランアレグリアが朝日杯FSで3着惜敗、牡馬に負けるも評価

単勝1.5倍の支持を受けたグランアレグリアが、朝日杯フューチュリティステークスで果敢に先行し3着と惜しくも牝馬による制覇を達成出来なかった。とは言え、自らレースを作る展開の中で上位に入る走りは十分に評価して良いだろう。

3,259

クリノガウディーが朝日杯FSで2着、距離短縮と内枠活かした

朝日杯フューチュリティステークスで9番人気だったクリノガウディーが、道中はインを回り直線外差しからアドマイヤマーズの2着に善戦。圧倒的1番人気のグランアレグリアを差し切る内容で、来春の活躍にメドを立てる走りを披露した。

520

アドマイヤマーズが朝日杯FSで無傷の4連勝、2歳牡馬王者に

M.デムーロ騎手騎乗のアドマイヤマーズが、朝日杯フューチュリティステークスで1番人気グランアレグリアをあっさりと降して2歳牡馬チャンピオンに輝いた。番手から前を潰しに行って競り落とす完全勝利、後は距離延長の課題だけ。

1,361

ニホンピロヘンソンが朝日杯FSで無敗馬対決、不気味な存在

2戦2勝のニホンピロヘンソンがもみじS以来となる実戦でどこまで戦えるか。グランアレグリア、アドマイヤマーズ、ファンタジストと無敗馬同士の争いに焦点を当てるなら当然同馬も注目せねばなるまい。底知れぬ能力が開花するか。

572

アスターペガサスが朝日杯FSで台風の目、気配が一変だ

函館2歳S覇者のアスターペガサスが暮れの仁川で激走の予感。京王杯2歳Sはスローペースの展開に泣いた1戦だったが、そもそも自身の調子も完全では無かった。それと比べて今回はかなり体調も上昇中との事、上位を脅かす存在かも。

156

ケイデンスコールが朝日杯FSで鬼脚炸裂か、Cデム連続Vも

新潟2歳S覇者ケイデンスコールがぶっつけで朝日杯FSに挑む。父はロードカナロア、厩舎はその父を管理した安田隆行厩舎。そして先週の阪神JFを制したC.デムーロ騎手を背に、人の勢いを追い風にしてその決め脚に拍車をかける。

529

ヴァイトブリックが500万下で力の違いを見せ付けて2連勝

ダートの新星ヴァイトブリックが、昇級初戦となる500万下の1戦で他馬を相手にせず楽な内容で連勝を飾った。直線入り口で外の馬を弾き飛ばす強引な競馬も、それだけポテンシャルの違いが手に取る様に分かるレース内容だった。

450

トロシュナが阪神JFで10着も素質感じる末脚で将来性◎

1戦1勝で臨んだ阪神ジュベナイルフィリーズでは直線でまともなスペースを見つけれず上位争いに加われなかったトロシュナ。それでもキラリと光る末脚を随所に見せ、来年の春はそれなりに戦えるパフォーマンスだったと言えるだろう。

553

シェーングランツが阪神JFで4着、直線スムーズに捌けず

阪神ジュベナイルフィリーズで姉妹制覇に期待のかかったシェーングランツが、最後の直線で外へ持ち出すのに手間取りゴール前で脚を伸ばすも4着入線が精一杯の競馬となった。もっとスムーズなら3着はあっただけに残念な結果だろう。

4,366

ビーチサンバが阪神JFで3着、キレ負けも好センスはキラリ

阪神ジュベナイルフィリーズ4番人気のビーチサンバが、レースでは絶妙なレース運びで追走。直線も満を持して追い出すも、ダノンファンタジーとクロノジェネシスにかわされ3着敗退となった。瞬発力は劣るも走りのセンスはピカイチ。

1,707

245 件