2019年世代(2016年産駒)

新着記事

クードメイトルが出石特別に出走、2勝目飾り秋の大舞台へ

ファンディーナの下でヴィクトワールピサ産駒のクードメイトル。2戦目の矢車賞は取りこぼした感じの1戦だったが、やはり本馬のポテンシャルはオープンクラスだろう。今回は斤量も恵まれ、川田将雅騎手がスタンバイ。ほぼ必勝レベル。

532

エスポワールが3歳上1勝クラスを出遅れるも外から追い込みV

スタートで大きく出遅れたエスポワールだったが、道中最後方待機で脚を溜め直線で大外へ。そこから一気に全頭をかわしきって最後は流す余裕のゴールイン。さすがに能力の違いを見せ付ける内容だった。秋は秋華賞へ向け進路を歩む。

1,456

ヒシゲッコウが3歳上1勝クラスを外から豪快に差し切り快勝

プリンシパルS3着から古馬初対戦に臨んだヒシゲッコウ。道中は中団よりやや下げ気味でレースを進めると、直線コースで強引に外へ出して一気の追い出しへ。そこからグングン加速すると最後は流しながらあっさりと差し切る強い内容。

637

デアフルーグがユニコーンSで伸び切れず7着、敗因掴めず

巻き返しを誓ったデアフルーグがユニコーンステークスでいつもの走りを出せず7着に沈んでしまった。前走の出遅れも見せず理想的な位置取りでの競馬となったが、直線では本来の脚を見せずにそのまま惰性で決着。鞍上も不可解な表情。

808

ワイドファラオがユニコーンSで快逃、初ダながら好時計V

ダート初参戦のワイドファラオがユニコーンステークスで想像以上の適性を見せて快勝。前半33秒台のペースを最後まで脚を伸ばして押し切り、デュープロセス以下を圧倒した走りは今後の活躍を予感させる。時計も優秀、重賞2勝目だ。

165

ヴァニラアイスがユニコーンSで伏兵候補、調教は絶好の動き

端午ステークスを勝ち上がって来たヴァニラアイスが更に調子を上げてユニコーンステークスに臨む。最終追い切りとなった坂路調教では真一文字に駆け上がりまさに充実一途。初のマイル戦が課題となるもそれを払拭するだけのモノはある。

30

アスターペガサスが函館SSで重賞2勝目へ、昨夏の勢い再現

函館スプリントステークスで一番の注目はアスターペガサスだろう。何と言っても昨年の函館2歳ステークス覇者、この条件での勝ち方は心得ている1頭だ。その時に騎乗した小崎騎手とのコンビで思い出の地に凱旋する。斤量も有利。

195

ブッチーニが3歳上1勝クラスで連勝目指す、圧倒的1人気想定

デビュー戦となった未勝利戦で一気の追い込みを見せたブッチーニ。まるで役者が違う様な走りに、ダートの新星として期待した人も少なくないだろう。続く昇級戦は古馬との初対戦となるも、楽々と突破してくれるシーンしか想像出来ない。

373

309 件