2018年世代(2015年産駒)

新着記事

ジナンボーが久々の実戦も楽勝、最内から突き抜け2戦2勝

新馬以来となった復帰戦で経験馬たち相手に内差しから抜け出す競馬で快勝したジナンボー。内容的にも楽な勝ち方、今後の活躍に十分期待出来るパフォーマンスだったと言える。両親合わせて12冠の勲章に次男坊がタイトルを増やせるか。

3,630

ラッキーライラックが秋華賞でリベンジへ、鞍上は北村友一

最後の一冠でアーモンドアイに一矢を報いたいラッキーライラック。春の無念を晴らすべく調整と続けて来たが、前哨戦のローズステークスを回避してしまった。状態が不明も、調教では抜群の動きを見せているだけに心配は要らないだろう。

3,753

サトノワルキューレが秋華賞を回避、レース後の疲れ取れず

ローズステークス6着からの巻き返しを狙っていたサトノワルキューレだが、そのレース後に出た疲れが抜け切れず秋華賞を回避した。一旦立て直しを図り、今後の予定は未定という事だ。アーモンドアイの3冠が益々濃厚になって来た。

156

【POG】DMMドリームクラブ有力馬【一口馬主】

2016~2018年に産まれたDMMドリームクラブ所属の募集馬を高額順にまとめました。一口馬主アプリのDMMバヌーシー内で購入する際にご活用頂ければ幸いです。尚、早期掲載で画像が無い産駒も見られますのでご了承下さい。

7,262

ミカリーニョが500万下で豪快に大外から追い込み2勝目

ミスエルテの妹でハーツクライ産駒のミカリーニョが最速の末脚を駆使し500万下で2勝目をあげた。道中はほぼ最後方の位置から追走、直線で大外へ出すと目の覚める様な脚で前を差し切ってV。素質馬が覚醒の予感を漂わせている。

2,726

ハイランドピークがエルムSを完勝、横山和生と共に重賞初V

エルムSで人気の一角だったハイランドピークが先行抜け出しの競馬で快勝。各強豪馬を相手にせず、直線で早め先頭で押し切る強い内容だった。横山和生騎手も初となる重賞タイトルを手にし、札幌競馬場がこのコンビの勝利に沸いた。

638

レーヴドリーブが信濃川特別で4着敗退、牡馬の壁は厚く

期待されたレーヴドスカー一族の末裔レーヴドリーヴが信濃川特別で馬券圏内に入れず4着に敗れた。レース運びは問題なく、直線で懸命に伸びるも古馬や牡馬の走りが勝ってクラスの壁にぶつかった感じだろう。慣れればじきに勝機も。

2,324

エルディアマンテが未勝利に出走、そろそろ勝ち上がりたい

これまで3戦、勝ち上がり濃厚と思われていたエルディアマンテが1勝の苦しみに陥っている。新馬戦こそ強烈な走りで能力を示したが、その後の未勝利は精彩を欠いていずれも3着入線。一度立て直し、久々の実戦復帰で勝利を目指す。

1,722

201 件