2018年世代(2015年産駒)

新着記事

ミッキーワイルドがプロキオンSを僅差の2着、力示す内容

プロキオンステークスで重賞初挑戦となったミッキーワイルドだったが、先行勢の直後を追走し直線で外からグングン加速。逃げるマテラスカイを捉えると一時は先頭に立つ勢いで見せ場を作った。最後は競り負けるも今後が明るい走り。

238

レッドベルローズがユートピアSで飛躍の絶好機、勝ってOPへ

先週のデイリー杯2歳ステークスを圧勝したレッドベルジュールを全弟に持つレッドベルローズが、一族の勢いを借りて一気にユートピアステークスでオープン入りを狙う。あの新馬で見せた走りと同舞台のコース、力は通用するレベルだ。

1,952

ブルーメンクローネが2勝クラスを鮮やかに逃げ切って2連勝

GⅠ馬ブルーメンブラット産駒のブルーメンクローネがダートを舞台に覚醒中。昇級戦となった2勝クラスも危なげない走りで 逃げ切りしっかりと勝ち上がって見せた。内容にもまだお釣りがあり、本格化でオープンクラスは意識したい。

93

エアアルマスが武蔵野Sでキャリアの浅さ露呈、11着に大敗

武蔵野ステークスで1番人気を背負ったエアアルマスだったが、内枠からレースを進めると道中で砂を被りっぱなし。2走前にも嫌がる仕草を見せていたが、それが終始続いた為にレースをほぼ途中で止める様な形から直線は沈んでいる。

685

タイムフライヤーが武蔵野Sで2着好走、距離短縮で走り前進

8番人気に甘んじたタイムフライヤーが武蔵野ステークスでワンダーリーゲルに次ぐ2着激走を果たし大波乱決着を演出した。前走のシリウスステークスでは直線早々に力尽き距離を敗因としたが、マイル戦で一気にパフォーマンスも向上。

203

グレートタイムが観月橋SでOP入り狙う、鞍上は北村友一

パーソナルレジェンド一族の末裔で、その本線にあたるミラクルレジェンド産駒のグレートタイム。当然ながらダート適性は相当に高く、いずれは重賞でも戦える素材だろう。休み明けをひと叩きして臨む観月橋Sは是が非でも勝ちたい。

41

アフリカンゴールドがアルゼンチン共和国杯で見せ場作り3着

ステイゴールド産駒の上がり馬アフリカンゴールドがアルゼンチン共和国杯で最後の直線、上位争いに加わる走りを見せて3着と上々の結果を見せた。まだまだ成長途上でこの1戦を自信に変え、今後は長距離の重賞戦線で活躍を見込む1頭。

139

タイセイトレイルがアルゼンチン共和国杯で内から鋭伸の2着

穴人気に支持されていたタイセイトレイルが、戸崎騎手の好騎乗も手伝いアルゼンチン共和国杯で2着と惜しい競馬を見せた。道中は内枠を利して後方から経済コースを追走、直線でも内を突いてゴール前で2着に競り出し見せ場を演習した。

304

オールフォーラヴが府中牝馬Sで4着好走、しぶとく脚伸ばす

ディープインパクト産駒のオールフォーラヴが府中牝馬ステークスで人気以上の走りを見せて4着入線を果たした。展開、馬場状態、有力馬の動きなどが全て噛み合って本馬向きの1戦となったのは間違いない。重賞でも十分戦える事は証明。

756

258 件