2018年世代(2015年産駒)

新着記事

ミッキーチャームがヴィクトリアMで主役候補、課題は輸送か

前走の阪神牝馬ステークスで初重賞制覇を達成したミッキーチャーム。ヴィクトリアマイルでも当然ながら上位人気の一角となるが、前々走の中山牝馬ステークスの様に関東遠征でテンションが上がってしまうと競馬にならないのが不安点。

671

エタリオウが天皇賞春で4着、追い込みに賭けるも展開向かず

天皇賞春の最有力候補だったエタリオウ、スタートから思い切って下げ最後方追走の構え。前半は淀みない流れで良かったが、途中から一気にペースが緩み前に有利な展開となった。慌てて上がって行くも脚を使ってしまい不完全燃焼の1戦。

783

フィエールマンが天皇賞春を完勝、菊花賞から長距離GⅠをV2

昨年の菊花賞馬フィエールマンが長距離路線の主役となるべく天皇賞春を快勝。緩急の激しい難解なペースの1戦を、4コーナーで早めに仕掛けて直線入り口先頭。グローリーヴェイズとの叩き合いを制してあっさりと勝ち切って見せた。

5,955

クリンチャーが天皇賞春で復活なるか、京都コースは好相性

一昨年の菊花賞2着馬クリンチャーが、得意の舞台で悲願のタイトル獲得へ意気揚々と参戦する。不安定な成績のイメージがある同馬だが、実は京都競馬場に関しては4戦して全て馬券圏内と抜群の相性を誇る。三浦皇成騎手の腕の見せ所だ。

356

ハウナニが4歳上500万下で久々の2勝目、芝で活路を見出す

白毛一族のハウナニが、未勝利勝ちから実に1年半ぶりとなる勝利をまたも芝のレースであげた。父ロードカナロアの影響からか、馬自身の動きも素軽く実にスピード感のある走り。今後も暫くは芝での活躍が期待できる1頭だろう。

1,037

ダノンプレミアムがマイラーズCで軽く追って32秒台の完勝

単勝1.3倍の圧倒的支持を受けたダノンプレミアムが、マイラーズカップを調教代わりのレース内容であっさりと勝ち切る走り。番手から楽々と抜け出すと上がり32秒2の脚で後続を完封し、安田記念制覇に向けて万全の状態で参戦する。

4,547

ウェルカムゴールドが1000万下を鮮やかに差し切り完勝

昇級戦となった1000万下の1戦で、ウェルカムゴールドが王道の競馬で直線前をかわして1着でゴール。内容からも余裕のある勝ちっぷりで、更にクラスが上がっても十分に戦えるレベルのパフォーマンスだろう。完全に覚醒した印象。

79

レピアーウィットが利根川特別で大差勝ちの圧勝、血が覚醒

全兄に朝日杯フューチュリティステークス勝ち馬アジアエクスプレスがいるレピアーウィット。暫く凡走を続けていたが、利根川特別で突如覚醒したかの様に、番手抜け出しからの大差勝ちを飾った。1億超えの高額馬が回収を始める。

2,435

グリムがアンタレスSで正攻法の競馬から2着、負けて尚強し

明け4歳のグリムが、アンタレスステークスで早め先頭の積極策から粘り込んで2着を堅守。アナザートゥルースには漁夫の利を与えてしまった形だが、レースを自ら作って好走している分内容はこちらの方が濃い。完全に本格化した様子だ。

73

222 件