2018年世代(2015年産駒)

新着記事

タニノフランケルが小倉大賞典で重賞ホルダーへ、鞍上川田

中山金杯で3着と見せ場を作ったタニノフランケルが、いよいよ重賞タイトル獲得へ向けて小倉大賞典へ参戦。今回は川田将雅騎手を鞍上に配して、より勝ちに拘った態勢でレースに挑む。スタートが決まればしっかりと先手を取れる筈だ。

37,498

リバティハイツが京都牝馬Sで絶好調の友一が重賞V2に導く

前走ターコイズステークス2着のリバティハイツが京都牝馬ステークスで躍動なるか。唯一崩れたクイーンステークス以外、マイル以下は全て能力を出し切っている。今回の1400mへ距離短縮は好材料、北村友一騎手がまた大暴れの予感。

1,218

アルーシャが京都牝馬Sで今年の牝馬戦線の主役へ殴り込み

上がり馬というべきか。藤沢厩舎の素質馬アルーシャが遂に重賞制覇へ京都牝馬ステークスで待望のタイトル獲得を目指し西下。前走のユートピアSも強い勝ち方、鞍上のルメール騎手も手応えを感じている様子だ。マイルも問題ない。

780

オメガパフュームがフェブラリーSで地方・中央の統一狙う

前走の東京大賞典で初タイトルを獲得したオメガパフューム。今回はJRAのGⅠを狙ってフェブラリーステークスに登場だ。鞍上にM.デムーロ騎手を配し、勝てばルヴァンスレーヴに続いて同世代で2頭目の地方中央タイトル制覇となる。

590

フラテッリが500万クラスを9馬身差圧勝、逃げの脚質で覚醒

フランケル産駒の外国産馬フラテッリが、500万下の1戦で2着に9馬身差を付ける走りで爆勝の走り。キャリア初の逃げに出て、それがハマりポテンシャルが全開となった模様だ。内容は昇級しても即通用のものだけに今後の動向に注目。

41

オハナが初音Sで2連勝なるか、OP入りで重賞戦線に殴り込み

素質馬オハナが覚醒一歩手前だ。前走のノエル賞は終始大外を回らされながら、最後の直線で前を全て飲み込みゴール前で差し切って見せた。着差は僅かでも内容的には完勝の1戦、東京コースならより末脚も活きる。昇級戦でも即通用だ。

1,536

エントシャイデンが節分Sで3連勝達成、良血馬が遂に本格化

ブランボヌールの全弟エントシャイデンがいよいよ軌道に乗って来た。昇級戦となった節分ステークスでは、いつもより前目の位置から早めに抜け出しリカビトスやキロハナの上位人気勢を完封。3連勝の勢いでオープン入りを達成した。

2,081

レイエンダが東京新聞杯に参戦、マイル路線で活路を見出す

秋はセントライト記念、チャレンジカップと期待通りの結果を残せなかったレイエンダ。年が明け、心機一転の想いで短距離戦線に駒を進めて来た。東京新聞杯で好走出来れば、今後はマイルを前後にしてローテーションを組んで行く。

10,562

インディチャンプが東京新聞杯で出遅れも差し切りV、GI級だ

発馬で遅れたインディチャンプだったが、冷静に前へ取り付け直線はあっさりと突き抜ける競馬で東京新聞杯を制覇。3連勝で重賞初勝利となった。GⅢでも早め先頭から遊んでしまうのは課題だが能力が抜けている証拠。安田記念も期待。

1,361

207 件