2017年世代(2014年産駒)

新着記事

チトニアがJRAアニバーサリーSで復帰、一年ぶりも実力秘め

昨年の神奈川新聞杯で圧倒的な末脚を決めて連勝を飾ったチトニア。しかし、そこから長期休養を余儀なくされ復帰までに1年弱の時間を費やしてしまった。しかしキャリアはまだ浅くここからまだ伸びシロもある1頭だろう。鞍上は岩田康。

373

エターナルフレイムが外房SでOP入りへ、3連勝なら重賞も

長期休養明けを経て2連勝中のエターナルフレイムが外房Sで一気のオープン入りを目指す。ここ2走はいずれも番手抜け出しから後続に3馬身差を付ける完勝の連続。スムーズに先行出来ればここでもあっさり突き抜ける可能性は高い。

67

カデナが新潟記念で意地の上がり最速で3着、完全復調の兆し

新潟記念では最後方追走から大外一気の末脚で3着、復調をアピールしたカデナ。もうスランプでもがいていた頃の姿は無く、終いは確実に上位争いを演出するまでに状態も戻って来た様子だ。今後は秋の重賞戦線でどこまでやれるかだろう。

187

クルークハイトが釜山Sを直線独走、芦毛の牝馬が2連勝達成

クロフネ産駒のクルークハイトが4番人気の釜山ステークスで他馬を寄せ付けない走りを見せて快勝。3番手から直線は独走状態、気が付けば2着に4馬身差を付ける内容で本格化の兆しを見せた。夏場はやはり芦毛と牝馬のワードが強い。

155

ダイメイフジがキーンランドCで先週の姉に続く重賞連続Vだ

北九州記念を制したダイメイプリンセスの弟ダイメイフジが2週連続の姉弟重賞制覇へ意欲の参戦。元々はモズアスコットやモズスーパーフレアを差し切るだけの実力馬、ここであっさり勝ち切っても何ら不思議はない。血の勢いでどこまで。

613

カラクレナイがバーデンバーデンCで2年以上ぶりの勝利狙う

一昨年のフィリーズレビュー以来勝ち星から遠ざかっているカラクレナイ。ベストの1200m戦、バーデンバーデンカップで久々の勝利を目指す。福島コースは初めてとなるが、平坦の方が相性良く終いは切れるだけに期待して良いだろう。

331

レッドアンシェルがCBC賞で初重賞制覇へ、距離短縮で活路

前走の彦根ステークスで初の1200mの実戦をものの見事に克服したレッドアンシェル。むしろ、ベストな適正はスプリントにあるのではと思わせる様な圧勝ぶりだった。その勢いを買い今回は一気にCBC賞で初タイトル獲得といきたい。

1,002

イーグルバローズがアハルテケSでOPクラスを制圧なるか

前走のBSイレブン賞では、大きく出遅れて後方からの不利をもろともせず直線だけで豪快に差し切ったイーグルバローズ。しかも内容的にギリギリでも無く余裕の完勝だった事を考えれば、今回の昇級戦もさほど厚い壁ではないだろう。

239

346 件