2017年世代(2014年産駒)

新着記事

サンライズソアが平安Sで連覇狙う、京都の舞台は絶好の相性

ダートの実力馬サンライズソアが今年も平安ステークスで前残りの競馬か。昨年はクイーンマンボ以下を退けて穴を開けたが、今回は人気を背負う立場で同レースの連覇を飾りたい。JBCクラシックも含め、京都コースは得意の舞台だろう。

213

キャナルストリートが京王杯SCで5着、上がり馬の片鱗見せる

2連勝の勢いそのままに京王杯スプリングカップに挑んだキャナルストリート。勝ち馬から0秒2差の5着と掲示板を確保、最後まで脚色良く上位に迫る姿は頼もしい限りだ。いずれはタイトルを狙って行ける存在だ。良血馬覚醒まで後僅か。

17

レッドオルガがヴィクトリアMで11着敗退、不利も響く痛恨

好走が確実視されていたレッドオルガだったが、そのヴィクトリアマイルではまさかの11着大敗とキャリア史上最低の競馬となった。スタートで立ち遅れ、直線の進路確保も曖昧で全く能力を発揮できないままゴール板を過ぎる結果に。

3,067

サトノアレスが京王杯SCでまた後方一気の競馬か、東京は鬼

東京新聞杯で際どい3着入線を果たしたサトノアレス。じっくりと乗り込んで今回の京王杯スプリングカップに照準を合わせて来た。昨年レベルの走りができれば今回のメンバーでも勝ち負け、東京競馬場はほぼ不発の無い好相性のコース。

1,988

エアウィンザーが大阪杯で堂々の5着、初GⅠで上々の内容

上がり馬エアウィンザーが初GⅠとなる大阪杯で掲示板に入る活躍を見せた。真っ向から勝負を挑み、一流馬相手に怯むこと無く5着に入ったのは立派のひと言である。秋にかけてまた成長してくればタイトルが取れるメドは立っただろう。

8,208

フィアーノロマーノが安田記念で台風の目、前走は着差以上

ダービー卿チャレンジトロフィーで辛勝ながらタイトルを獲得して勢いに乗るフィアーノロマーノ。自身でレースを動かして最後まで凌ぎ切った走りは評価に値する。その時負かしたプリモシーンはヴィクトリアマイルで2着。ここも期待。

218

プリンスオブペスカが御堂筋ステークスで真価が問われる1戦

前走の淡路特別は早めに自らレースを動かし、直線で後続を突き放す競馬で圧勝の走り。とは言え、ハマった印象も強く、今回の御堂筋ステークスで同じ様な競馬ができれば本格化したという事だろう。鞍上は引き続き、藤井勘一郎騎手。

137

リカビトスがうずしおステークスで1600万クラスに終止符を

節分ステークスでエントシャイデン、キロハナとの接戦で2着入線となったリカビトス。強豪牡馬相手に堂々の競馬で勝ち負けを演じる辺りはやはり地力が高い。今回のうずしおステークスは牝馬限定戦だけに上位争いは必至となる。

154

ランガディアが大阪城Sで波乱の立役者となるか、能力は通用

前走の中山金杯で8着に敗退しているランガディア。内容だけ見れば初重賞で勝ち馬から0秒3差なら十分に評価して良いだろう。わざわざ北村宏司騎手が継続騎乗で遠征している事を考えれば勝負気配しか感じない。ここは狙って行きたい。

1,230

ユラノトがフェブラリーSで内から伸びて3着、善戦の走り

根岸ステークス2着のユラノトが、フェブラリーステークスでも同様のイン突きで3着に入線。地道に力を蓄え、遂にGⅠの舞台でもその存在感を示す内容のパフォーマンスを披露して見せた。今後も安定感のある走りで重賞制覇を期待。

2,003

ミスパンテールが京都牝馬Sで重賞5勝目へ、完全復調だ

前走ターコイズステークスを完勝、連覇を達成したミスパンテール。その次に京都牝馬ステークスへ向かうローテーションは昨年と同じ。つまりは結果も同じく連勝が濃厚で、勝てば2重賞を続けて連覇する珍しいパターンの記録を達成。

576

332 件