2017年世代(2014年産駒)

新着記事

ペルシアンナイトがマイルCSで馬群を割って追い込み3着激走

O.マーフィー騎乗のペルシアンナイトがマイルチャンピオンシップを最後の直線、馬場の真ん中から馬群を縫う様にしてゴール前でダノンプレミアムを強襲する3着入線。これで同レースは3年連続で馬券に絡むリピーターの傾向を見せた。

2,403

ストロベリームーンが霜月SでOP特別連勝へ、距離が焦点

キンシャサノキセキ産駒で、ダートでは抜群の安定感を誇るストロベリームーン。前走のNST賞も先行抜け出しからあっさりと押し切っているだけに現級では実力上位の存在。しかし、1400mで勝鞍がないだけにそこが最重要課題か。

25

へルディンが西陣Sで仕切り直しの1戦、武豊騎手と再タッグ

テレQ杯ではモンペルデュの2着に食らいつく走りで現級での戦いに一応のメドを立てたへルディン。今回の西陣ステークスでは3走前に快勝した武豊騎手とのコンビ復活で当時と同じ舞台。勝って重賞戦線に殴り込みをかけたいところ。

111

アルアインがマイルCSで馬券圏内も、中2週は鉄板ローテだ

天皇賞秋で14着と大きく敗れたアルアインだが、自身のキャリアでは中2週という感覚が最も活躍する臨戦過程である。それもその筈で皐月賞、大阪杯制覇時と昨年のマイルチャンピオンシップ3着時がそれに該当。これは見過ごせない。

5,352

トゥザクラウンがオーロCでOP勝ち目指す、中1週も好舞台

スワンステークスで6着も見せ場十分だったトゥザクラウン。余裕のある馬体で如何にもひと叩きを想定されていた仕上りだったが、陣営の目論みはむしろ今回のオーロカップにあったのだろう。東京コースは3戦2勝と絶好の相性を誇る。

6,733

ヤマニンアンプリメがJBCレディスクラシックを捲って快勝

上がり馬ヤマニンアンプリメがJBCレディスクラシックでもその力を遺憾なく発揮。3コーナーから大逃げするゴールドクイーンを捉えにロングスパートを開始、直線早々に捉えると最後まで脚を使い続け自らの力でタイトルをもぎ取った。

66

インティがみやこSで4角の不利、馬体接触で最下位まで後退

みやこステークスで1番人気に支持されたインティが、勝負所の4コーナーで内から強引に上がって来たウェスタールンドと2度も接触し競走を止める不利を受けた。大事を取って鞍上はゆっくりとゴール、結果的に最下位入線となった。

5,779

アナザートゥルースがみやこSでひと叩き、あくまで本番は次

アンタレスステークス覇者のアナザートゥルースが秋の初戦をみやこステークスで迎える。陣営も最大目標はチャンピオンズカップに掲げており今回は7〜8割のデキと見て良いだろう。それでも無様な競馬はしない筈で見せ場は作れる筈。

155

リスグラシューがコックスプレートを1番人気に応える圧勝劇

豪州伝統のGⅠ、コックスプレートで堂々の1番人気となったリスグラシュー。レースでは後手を踏んで後方からの競馬を余儀なくされるが、4コーナーで強引に捲って行くと直線ではあっさりと他馬を差し切り快勝。これは次元の違う走り。

3,217

ソーグリッタリングがカシオペアSで本命視、58kgが課題

メキメキと力を付けて来ているソーグリッタリングが、重賞2戦を挟んでオープンクラスのカシオペアステークスに参戦。コース、距離共にベストの条件で挑むが、別定で斤量が58kgと背負わされる形となる。勝てば今年の3勝目。

390

344 件