2017年世代(2014年産駒)

新着記事

リナーテがSTV杯で函館2連勝なるか、1200m戦で覚醒も

前走、函館の500万下を力の差で楽に勝ち上がったリナーテ。気性が落ち着き安定したパフォーマンスを発揮出来つつあるのは本格化の兆しだろう。STV杯で連勝を飾れば一気に短距離重賞への挑戦も見えて来る。鞍上は藤岡康太騎手。

2,829

メイズオブオナーがマレーシアCに登場、牡馬相手に力試し

上がり馬メイズオブオナーがマレーシアカップに出走、これまでほとんど牡馬との対戦経験が無く古馬になってからは初の混合戦となる1戦だ。力を付けた今なら対等に戦えるだろうが、逆にここをあっさり勝つようなら秋の飛躍は近い。

840

ユラノトがマリーンSを連勝するも鼻出血で放牧、今後は白紙

コイウタ産駒のユラノトが1番人気に支持されたマリーンステークスで完勝の走り。今後に弾みを持たせる好内容だったが、レース中に鼻出血を発症している事が分かった。その後、放牧に出されて予定していたエルムステークスも預けだ。

1,087

ダイメイフジがCBC賞で重賞初制覇狙う、前走はGⅠ馬に完勝

素質馬ダイメイフジがいよいよ表舞台に顔を出すチャンス。前走の安土城ステークスでは、翌週に安田記念を制するモズアスコット相手に叩き合いで競り落として快勝。重賞級のパフォーマンスをまざまざと見せ付けた。今回も連勝なるか。

173

キセキが宝塚記念で8着敗退、大外枠で競馬に参加出来ず

宝塚記念で2番人気に支持されたキセキが、大外から終始後方ままの競馬で全く見せ場の無い走り。直線もどこにいるか分からない様な形で流れ込む様に8着と残念な結果に終わってしまった。脚質と馬場的にも外枠は厳しかったのだろう。

2,718

シロニイがリボン賞で4勝目なるか、降級で楽勝ムード漂う

白毛馬シロニイが降級初戦のリボン賞で勝利を積み重ねるか。前走の東大路ステークスでは中団追走から追い込むも勝ち馬に届かず3着の内容だった。今回、リボン賞のメンバーには他に降級馬がおらずほぼタダもらいの1戦となるだろう。

2,097

チェッキーノが米子Sで7着、+38kgも直線は伸び脚目立つ

米子ステークスで2年ぶりの実戦復帰となったチェッキーノは馬体重が38kg増で出走。しかし、レースは最後の直線内から伸びて来て7着とブランクを考えれば上々の競馬だったのではないだろうか。負けたとは言え次に繋がる1戦だ。

139

ミリッサがマーメイドSで5着、勝ち馬との差し比べで負ける

素質馬ミリッサがマーメイドステークスで5着とまずまずの結果。道中インを回ってスムーズな追走、直線では弾けるかに見えたが馬群の間をアンドリエッテと並んで抜け出せずジワジワと前に詰めての5着となった。重賞では力不足か。

3,830

ダイワキャグニーがエプソムCで14着大敗、重馬場に泣き失速

エプソムカップで1番人気に支持されたダイワキャグニーだったが、馬場の悪化に対応出来ずよもやの敗退。道中から行きっぷりが悪く、脚元を気にした走りで全く力を出し切れずに終わってしまった。次走以降、良馬場で見直したい。

1,601

サトノアーサーがエプソムカップを制す、初コンビで重賞初V

戸崎圭太騎手との初コンビで臨んだエプソムカップを、大外枠から鮮やかな先行差しで重賞初制覇を飾ったサトノアーサー。降雨の重馬場で、逆に枠が幸いし馬場の良い外目を追走出来たの勝因の1つだが、それ以上に鞍上が上手く乗った。

4,448

306 件