2017年世代(2014年産駒)

新着記事

レイデオロが有馬記念で痛恨の出遅れ、後手後手の競馬で7着

色んな意味で注目度の高かったレイデオロが有馬記念で想定外の出遅れる展開。道中はまさかの後方から競馬を進め、隊列が動いて行ったと同時に合わせて仕掛ける後手の走りとなった。結果、ある程度脚を使っての7着と非常に残念な終末。

7,367

キセキが有馬記念で出遅れるも差しに転じて直線猛追の5着

逃げるか先行策かと思われていたキセキがまさかの発馬で立ち遅れる展開。道中は仕方なく後方からの追走を余儀なくされたが、元は差し脚質だった馬。直線では往年の追い込みを見せて見せ場たっぷりの5着入線と一応の結果を残した。

6,814

リスグラシューが有馬記念で引退レースを5馬身差の圧勝劇

有馬記念に2番人気で挑んだリスグラシューが、直線あっという間に突き抜け2着サートゥルナーリアに5馬身差完勝の内容で有終の美を飾った。牝馬によるグランプリ連覇は史上初で、このレースで引退する事が惜しまれる程の内容だった。

3,834

フィアーノロマーノが阪神Cで意地の走りから2着、阪神は合う

阪神カップでは古馬で唯一馬券圏内に入線したフィアーノロマーノ。道中中団追走から直線大外へ持ち出すと、グランアレグリアには遠く及ばなかったものの、逃げ粘るメイショウショウブをゴール前でかわし2着入線を果たし実力を示した。

405

トリオンフがチャレンジCで超久々の実戦も逃げ粘って2着好走

1年以上ぶりの休養明けも実力馬トリオンフがチャレンジカップで見事勝ちに等しい2着に入る走りを見せた。好スタートから楽逃げを決め、直線では後続を突き放しゴール前までしっかりと粘り切るパフォーマンスはさすがのひと言だろう。

1,592

上がり馬テリトーリアルがチャレンジCで重賞初挑戦、勢い◎

ゴドルフィン名義で今年に入って全て馬券に絡む活躍を見せるテリトーリアルが遂に檜舞台へ登場。前走のカシオペアSは休み明けにも関わらず、ソーグリッタリングなどを負かして初のリステッド競走勝ち。次はチャレンジCで重賞獲りだ。

86

リナーテが京阪杯で終い伸びるもワンパンチ足りず5着精一杯

人気の一角を集めたリナーテが京阪杯で5着掲示板に入る内容でフィニッシュ。しかし、重賞ではあと一歩足りない部分が否めず、余程展開や条件がハマらなければ勝ち切れない。引退まで残り数ヶ月でタイトル獲得へ何戦走れるか見ものだ。

4,043

マカヒキがジャパンCで最後方追走から大外弾けて4着に激走

武豊騎手騎乗のマカヒキがジャパンカップでシンガリから怒涛の追い込みで会場をワッと湧かせる4着入線を果たした。まさに道中は死んだフリという言葉がピッタリなレース運びで、あそこから最速の上がりを叩き出す本馬の走りはお見事。

810

ストロベリームーンが霜月SでOP特別連勝へ、距離が焦点

キンシャサノキセキ産駒で、ダートでは抜群の安定感を誇るストロベリームーン。前走のNST賞も先行抜け出しからあっさりと押し切っているだけに現級では実力上位の存在。しかし、1400mで勝鞍がないだけにそこが最重要課題か。

49

346 件