2017年世代(2014年産駒)

新着記事

ウインブライトがオールカマーで実戦復帰、今年はまだ無敗

香港のクイーンエリザベス2世カップで待望のGⅠ初制覇を遂げたウインブライト。今年に入り更に馬が進化、中山コースでは鬼の適性を誇る本馬が、勢いそのままにレイデオロやミッキースワローなどの同世代の実力馬たちを迎え撃つ。

1,225

キセキがフォワ賞で果敢に逃げるも3着失速、暗雲立ち込める

凱旋門賞に向けた前哨戦のフォワ賞に出走したキセキ。スタート直後から逃げる形でレースを進め、最後の直線懸命に粘るものの連覇を飾ったヴァルトガイストにあっさりかわされてしまい物足りない内容。本番の巻き返しに期待したい。

5,926

ディアドラが愛チャンピオンSで追い込むも4着、痛恨の不利

愛チャンピオンステークスに挑んだディアドラだが、直線で前が壁になり進路を塞がれてしまう不利を受けてしまった。そこから持ち直して外に出すも時既に遅し。最後に凄い勢いで追い込み4着入線と、まともなら勝ち負けだっただろう。

1,511

チトニアがJRAアニバーサリーSで復帰、一年ぶりも実力秘め

昨年の神奈川新聞杯で圧倒的な末脚を決めて連勝を飾ったチトニア。しかし、そこから長期休養を余儀なくされ復帰までに1年弱の時間を費やしてしまった。しかしキャリアはまだ浅くここからまだ伸びシロもある1頭だろう。鞍上は岩田康。

341

マテラスカイがセントウルSで久々の芝も果敢に逃げて7着

2歳以来となる芝レースのセントウルSに出走したマテラスカイ。スタートから予想通りハナを主張しハイペースで飛ばす展開。それでも直線半ばまで見せ場を作る内容で2着からは0秒4差の7着と大健闘だった。芝でも十分戦えそう。

894

ディメンシオンが京成杯AHで3番手から流れ込み2着、好判断

今回は軽斤量で開幕週という事もあり、鞍上の北村宏司騎手も早め早めの競馬で勝負をかけにいった。道中、逃げたトロワゼトワルが大逃げを打って仕掛けどころが難しい局面ではあったが、直線もしっかりと脚を伸ばして2着。実力は高い。

212

エターナルフレイムが外房SでOP入りへ、3連勝なら重賞も

長期休養明けを経て2連勝中のエターナルフレイムが外房Sで一気のオープン入りを目指す。ここ2走はいずれも番手抜け出しから後続に3馬身差を付ける完勝の連続。スムーズに先行出来ればここでもあっさり突き抜ける可能性は高い。

40

カデナが新潟記念で意地の上がり最速で3着、完全復調の兆し

新潟記念では最後方追走から大外一気の末脚で3着、復調をアピールしたカデナ。もうスランプでもがいていた頃の姿は無く、終いは確実に上位争いを演出するまでに状態も戻って来た様子だ。今後は秋の重賞戦線でどこまでやれるかだろう。

92

クルークハイトが釜山Sを直線独走、芦毛の牝馬が2連勝達成

クロフネ産駒のクルークハイトが4番人気の釜山ステークスで他馬を寄せ付けない走りを見せて快勝。3番手から直線は独走状態、気が付けば2着に4馬身差を付ける内容で本格化の兆しを見せた。夏場はやはり芦毛と牝馬のワードが強い。

117

ダイメイフジがキーンランドCで先週の姉に続く重賞連続Vだ

北九州記念を制したダイメイプリンセスの弟ダイメイフジが2週連続の姉弟重賞制覇へ意欲の参戦。元々はモズアスコットやモズスーパーフレアを差し切るだけの実力馬、ここであっさり勝ち切っても何ら不思議はない。血の勢いでどこまで。

572

339 件