2016年世代(2013年産駒)

新着記事

ムーンクエイクが阪神カップで巻き返す、1400mはベスト

ここ2戦はスプリント路線にチャレンジしたムーンクエイク。しかし、やはりテンのスピードなどで不慣れな部分があり結果は残せず終いに終わった。京王杯SCでレコード駆けした距離なら十分に立て直しは効くだろう。鞍上C.ルメール。

355

サトノダイヤモンドが有馬記念で有終の美へ、渾身の仕上げ

ジャパンカップでは世界レコードの戦いの前に6着と敗戦を喫したサトノダイヤモンド。今回の有馬記念が引退レースとなり、陣営としても是が非でも最後を勝利で終えたい1戦となる。仕上がりも万全、勝てばそれはドラマチックな展開。

1,984

ミッキーロケットが有馬記念でGP連覇だ、鞍上O.マーフィー

前走の天皇賞秋は5着だったミッキーロケット。筋肉痛の影響でジャパンカップを回避したが、あの激戦を考えると逆に有馬記念へ向かった事が幸いするかもしれない。同一年のグランプリ連覇がかかった1戦、O.マーフィーが手綱を取る。

129

カイザーバルがターコイズSで飛躍の重賞初V狙う、GⅠ3着馬

一昨年の秋華賞で3着に入ったカイザーバルが、ようやく軌道に乗って来た印象だ。前走の1600万クラスも強い内容で勝ち上がり、勢いそのままに重賞初勝利と行きたい。ハンデも手頃で、上手く立ち回れば十分に可能性はあるだろう。

86

レッドアヴァンセが富士Sで3着好走、牡馬相手でも戦える

ヴィクトリアマイル3着のレッドアヴァンセが、秋初戦の富士ステークスでも地力を発揮して3着入線を果たした。4、5着にはエアスピネルとペルシアンナイトを引き連れ一流牡馬とも互角に渡り合えるまでに成長。今後が楽しみだ。

134

テオドールがTVh賞に出走、3連勝で昇級戦突破を目指す

連勝中のテオドールがTVh賞で一気のオープン入りを狙う。過去2戦の1000万条件を共に最速の脚で勝利し、鞍上のルメール騎手もその素質を認める逸材だ。母に重賞馬アンブロワーズ、父は洋芝得意のハービンジャーで好勝負必至。

258

2016年3歳=マカヒキ世代の気になる実力が判明!?

巷で噂となっている「今年の3歳世代は最強??」という話題に対して、ひとつの指標となる数字が浮かび上がった。牡馬陣はダービー馬のマカヒキを筆頭に各世代でも主役を張れるメンバーが勢揃い。データの詳細を元に検証して行きたい。

2,808

2歳王者リオンディーズ、天皇賞(秋)でG1・2勝目を目指す

昨年暮れの朝日杯FSを制して2歳王者に輝いたリオンディーズが菊花賞には向かわず秋の天皇賞へ参戦することが決まった。鞍上は引き続きM.デムーロ。勝てばバブルガムフェロー、シンボリクリスエスに続く3頭目の3歳馬制覇。偉大な名馬に近づけるか大注目の一戦になりそう。

2,323

2015年新種牡馬の当たり馬?ドリームジャーニー他に迫る!

今年の新馬戦がスタートしたと同時に、昨年の新種牡馬のデータがある程度まとめられる時期でもある。その中でも、地味にドリームジャーニーとアンライバルドの活躍が顕著で、データ上の数値もなかなかのアベレージを叩き出している。

4,307

日本ダービーだけじゃない!地方の3歳頂上決戦にも注目!!

今週5月29日は、いよいよ日本ダービーだ。各メディアでおおいに盛り上がっているが、「もうひとつのダービー」も忘れてはならない。JRAの華やかさには及ばないが、地方競馬のダービーで、3歳ダート馬の日本一決定が各地で行われる。

1,076

エルプシャフトに大物の相!来年の今頃にはG1馬か?

先週末行われた京都新聞杯で5着に入線したビワハイジの仔・エルプシャフト。新馬を勝ち上がったばかりで3番人気に支持されたが、その評価に違わぬ末脚を見せ高い素質の片鱗を見せた。成長次第では姉同様に大きい舞台も狙える素材だ。

2,352

62 件