2016年世代(2013年産駒)

新着記事

プロディガルサンが京成杯AHで外から懸命に追い込むも5着

人気の一角だったプロディガルサンが京成杯オータムハンデで道中後方から追走。直線では外に持ち出して良い脚を使うものの、前残りの決着に泣いて5着入線が精一杯だった。最内枠から後方に下げる後手が最後まで響いた形だろう。

75

ラベンダーヴァレイが北九州短距離Sで念願のOP入り目指す

前走の佐世保ステークスでもタイム差無しの2着と惜しい競馬が続いているラベンダーヴァレイ。小倉の様な平坦で直線の短いコースは相性が良く、この北九州短距離ステークスで勝ち星を拾っておきたい。鞍上川田将雅騎手が腕を見せる。

95

ナックビーナスがキーンランドC連覇へ、状態に衰えは無し

高松宮記念、チェアマンズスプリントプライズと近2走は精彩を欠いているナックビーナス。とは言え前々走は致命的な不利、前走は初の海外遠征と敗因がハッキリしている。普通に回って来れば、GⅢレベルで大崩れする事は無いだろう。

430

サトノティターンがエルムSで後方から一気の追い込みで3着

後方待機の脚質が板に付いて来たサトノティターン。先行激化となった道中、ハイペースとなった1戦だが上手くその流れを利用して直線では大外から脚を伸ばし3着争いを制した。レースセンスもあり、今後も展開次第で活躍が見込める。

140

バンクショットが3歳未勝利を6馬身の大差で逃げ切り勝ち

バプティスタ産駒のバンクショットが、ダート替わり後3戦目で圧勝の初白星を飾った。単勝1.4倍の支持を受けプレッシャーがかかっての逃げでも問題なし。砂適正の高さは相当で、父トーセンジョーダン産駒の中では異例の出世を期待。

52

エアスピネルが函館記念で13着大敗、明らかな太め残り

函館記念で復帰したエアスピネルが13着とキャリア史上最大の大敗を喫した。とは言え、陣営も余裕残しの仕上げであくまでも目標は次の札幌記念が想定なのだろう。プラス10kgの馬体からも自身の走りには程遠い状態だった。

243

ヴェンジェンスがプロキオンSで3着、勝ちに行っての内容

積極的に前を追い掛ける形で好位を取りに行ったヴェンジェンス。マテラスカイの3ハロン33秒3というペースに付き合う形となりさすがに最後は脚が上がったが、それでも上位2頭に次ぐ3位入線としっかり結果を残した。先々も楽しみ。

178

ショウナンアンセムがCBC賞で賞金加算を、激走の裏付を証明

高松宮記念で大波乱の主役となったショウナンアンセム。17番人気ながら勝ち馬にあと一歩の競馬でかなりのポテンシャルを見せ付けた。とは言え、やはりフロック視している声も多く、同条件を舞台に今回は2着以上で賞金を加算したい。

84

62 件