2016年世代(2013年産駒)

新着記事

ロンドンタウンがアンタレスSで直線鋭く追い込み3着善戦

アンタレスSで3番人気に支持されたロンドンタウンが、その期待通りに直線グングン加速して上位2頭に迫る走りで3着に入線した。前走より更に良い動きを見せており、6歳ながらまだまだ元気。今後も重賞戦線を沸かしてくれるだろう。

628

ドーヴァーがダービー卿CTで良い所なく7着、クラスの壁か

ダービー卿チャレンジトロフィーで1番人気に支持されたドーヴァーだったが、4コーナーで苦しくなってそのまま流れ込んでの7着に終わった。鞍上も前走同様のパフォーマンスを期待したが、首をかしげる内容に困惑。これが重賞なのだ。

44

ロードクエストがダービー卿CTで6着、スムーズに立ち回れず

復調気配のあったロードクエストだが、ダービー卿CTでは終始後手に回る競馬で末脚を爆発させる事ができないまま6着に終わってしまった。もっと流れに乗って上手く進路を確保できていれば結果は違ったのかもしれない。不完全燃焼。

165

ヴィブロスがドバイターフで2年連続2着、海外は無類の強さ

ドバイターフが引退レースとなったヴィブロスだが、またしても2着に入りこれで同レースは3年連続馬券圏内という驚異的なドバイ巧者。香港でも好走しており、精神面でタフな牝馬の強みが活かされた内容だった。これで本当の引退か。

190

セイウンコウセイが高松宮記念で2着、元王者の意地の走り

惨敗続きで12番人気の低評価だったセイウンコウセイが、高松宮記念であわやの2着と大激走を見せた。一昨年の同レース覇者が、あの日を思い出すかの如く鋭い走りで大波乱を演出。久々の幸英明騎手とのコンビで馬が生き返った。

39

リッジマンが阪神大賞典で巻き返す、3000m以上は全連対

昨年末のステイヤーズステークスを制した名ステイヤーのリッジマン。3000m超えのレースでは未だ連対を外しておらず、その無類のスタミナを武器にして阪神大賞典でも上位争いを演出する。タフな1戦になれば同馬が最有力だ。

151

チカリータが豪脚一閃、最速の上がりで500万下を圧勝

ハルーワソング一族の末裔で、クロフネ産駒のチカリータが27戦目にしてようやく500万下をクリア。道中は後方追走から、直線で馬群を縫う様にして上がって来ると、一気に突き抜けて快勝の2勝目を飾った。名血の出だけに注目だ。

136

ジョーダンキングが甲南Sを早め先頭から圧勝でオープン入り

ダートでは未だ連対を外していないジョーダンキング。昇級戦の甲南Sでも4コーナー手前から一気に仕掛けてロングスパート、直線入り口では早々に先頭へ立って後は後続を引き離す一方の内容で快勝した。砂路線なら相当な活躍を見込む。

53

54 件