2016年世代(2013年産駒)

新着記事

カイザーバルがターコイズSで飛躍の重賞初V狙う、GⅠ3着馬

一昨年の秋華賞で3着に入ったカイザーバルが、ようやく軌道に乗って来た印象だ。前走の1600万クラスも強い内容で勝ち上がり、勢いそのままに重賞初勝利と行きたい。ハンデも手頃で、上手く立ち回れば十分に可能性はあるだろう。

29

リッジマンがステイヤーズSを完勝、鬼の居ぬ間に初重賞制覇

圧倒的1番人気だったアルバートが出走前に取消をしたステイヤーズステークス。代わって支持を受けたのが前走の丹頂ステークスを勝ち上がって来たリッジマンだった。レースではその期待に応える様な快勝劇を飾り重賞初タイトルを獲得。

31

ミッキーグローリーがマイルCSで大外から鋭どく伸びるも5着

上がり馬ミッキーグローリーがマイルチャンピオンシップで外からグングン加速、最後はゴール前で上位争いに加わる追い込みで5着入線を果たした。しかし、競馬だけを見れば一番コースロスのある走りをしておりもっと上に行ける馬だ。

444

ロジクライがマイルCSの伏兵候補、調教は文句無しの動き

富士ステークスを快勝したロジクライ、マイルチャンピオンシップでは並み居る強豪が出揃うため想定では7番人気前後となっている。追い切りでは100点満点の動きで高評価、C.デムーロ騎手を背に大仕事をやってのける雰囲気はある。

215

エアスピネルがマイルCSで昨年の雪辱なるか、熱発の影響は?

昨年マイルチャンピオンシップで2着だったエアスピネル。今年もマイル路線を中心に使っているが、いまいち結果が伴っていない。大一番を前に軽い熱発を起こしてしまったが、動きを見る限り問題は無さそう。さぁ、昨年のリベンジへ。

129

レッドアヴァンセが富士Sで3着好走、牡馬相手でも戦える

ヴィクトリアマイル3着のレッドアヴァンセが、秋初戦の富士ステークスでも地力を発揮して3着入線を果たした。4、5着にはエアスピネルとペルシアンナイトを引き連れ一流牡馬とも互角に渡り合えるまでに成長。今後が楽しみだ。

90

ロンドンタウンがコリアカップを連覇、大差の圧勝劇で完勝

前年度に続き、後続に大差を付けて韓国のコリアカップを制覇したロンドンタウン。昨年はクリソライトというライバルがいたが、今回は日本馬1頭で只々独走するのみの連覇となった。まだまだ日本と韓国競馬の差には大きな開きがある。

544

31 件