ロードカナロア

新着記事

ダノンスマッシュが函館SSで仕切り直しの1戦、秋の主役へ

高松宮記念で1番人気4着敗退後、戦線を離れていたダノンスマッシュ。改めて秋のスプリンターズステークスに向け復帰戦となる函館スプリントステークスでその力を示しておきたい。間隔は開いたが仕上がりは順調、好結果を期待したい。

1,338

ダノンフォルツェ(インディアナギャル2017)のPOG情報

ダノンフォルツェをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2019-2020のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

283

アントリューズが江ノ島特別で豪快な追い込み、他馬を一閃

ロードカナロア産駒の素質馬アントリューズが、休み明けで挑んだ2勝クラスの江ノ島特別をあっさりと差し切り3勝目を飾った。道中後方でジッと脚を溜め、直線に向くと一気に末脚を爆発させて先行勢をまとめる本当に強い内容だった。

49

ミッキーワイルドが昇級戦の麦秋Sを大楽勝、一気のOP入り

3勝クラスに初挑戦となったミッキーワイルドが、1番人気に応える走りで麦秋ステークスを快勝。中団からレースを進め、直線外から鮮やかに突き抜ける内容で昇級戦をいとも簡単に突破して見せた。これは重賞でも戦える素材だろう。

55

アーモンドアイが安田記念で3着惜敗、発馬後に痛恨の不利

ドバイターフ帰りの注目の1戦となったアーモンドアイ。ダノンプレミアムとの2強対決がクローズアップされたが、いずれもスタート時にロジクライの斜行でジ・エンド。直線追い上げるも最後は僅かに届かず、新馬戦以来となる敗戦。

15,821

ライフレッスンズ(レジネッタ2017)のPOG情報

ライフレッスンズをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2019-2020のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

617

安田記念の過去結果動画と歴代勝ち馬

春の最強マイラー決定戦、安田記念。過去19年分の同レース結果内容と合わせて馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!

2,440

クロミナンス(イリュミナンス2017)のPOG情報

クロミナンスをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2019-2020のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

433

ダイアトニックが安土城Sで完勝のOP勝ち、重賞制覇も目前

上昇一途のダイアトニックが、初のオープン戦でタイトルホルダーを寄せ付けず中団から楽に差し切り5勝目を飾った。道中は8番手を追走、いつでも抜け出せる様な手応えで直線を迎えるとリバティハイツ以下をあっさりと下し実力を誇示。

90

ルリエーヴル(ライラックスアンドレース2017)のPOG情報

ルリエーヴルをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2019-2020のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

456

リリレフア(リリサイド2017)のPOG情報

リリレフアをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2019-2020のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

831

ケイデンスコールがNHKマイルCを上がり最速で追い込み2着

毎日杯で唯一の重賞馬だったケイデンスコールが、直線で一瞬見せ場を作る脚を見せて4着と惜しい内容だった。初の1800m、休み明けを考えると上々の内容で、今後はマイルも中距離路線もいずれも視野に入れて番組を選べるだろう。

1,011

カレンモエが500万下も勝利濃厚、昇級戦でもスピード違う

スプリンターとしての資質は日本競馬でも最高レベルの配合と言えるカレンモエ。デビュー戦ではそのポテンシャルを遺憾なく発揮して快勝して見せた。2戦目の昇級戦とは言え、ここで壁にぶつかる様な素材ではない。あっさりと連勝へ。

1,139

ハウナニが4歳上500万下で久々の2勝目、芝で活路を見出す

白毛一族のハウナニが、未勝利勝ちから実に1年半ぶりとなる勝利をまたも芝のレースであげた。父ロードカナロアの影響からか、馬自身の動きも素軽く実にスピード感のある走り。今後も暫くは芝での活躍が期待できる1頭だろう。

1,058

フォークテイルがフローラSで伏兵候補No.1、末脚は最上位

前走の若竹賞はヒシイグアスを相手にゴール前で猛追し2着に入ったフォークテイル。その決め手は非凡なものがあり、牝馬限定戦なら重賞でも十分に戦える筈。今回は余り人気を集めそうになく、高配当を狙うなら非常に美味しい存在。

612

ヴァルディゼールがアーリントンCで閉じ込められ8着の惨敗

内枠が仇となり、終始身動きの取れない状態でレースを終えてしまったヴァルディゼール。今回は明らかに鞍上の騎乗ミスと言って良いだろう。とにかく北村友一騎手のレースぶりがおそまつ、鞍上を変えてでも本番へ向かった方が良い。

412

71 件