ロードカナロア

新着記事

トゥザフロンティアが2勝クラス脱出へ、鞍上三浦で必勝態勢

前走の同条件戦では、ヴィッテルスバッハなどと接戦を演じ久々の馬券圏内に入ったトゥザフロンティア。休養を挟んで馬に活気が戻っており、ひと叩きされた今回は極めて勝利の可能性が高い1戦となる。鞍上には今年好調の三浦騎手。

3,870

エスタジが3歳上2勝クラスで3連勝狙う、先行策で走りが向上

ダイナカールファミリーの末裔エスタジがいよいよ本格化の兆し。ロードカナロア産駒で母父サンデーサイレンスの配合は、同父の走る典型的な掛け合わせ。覚醒すれば一気に重賞クラスまで駆け上がる素材だけに、後は番組選びだろう。

419

レッドルゼルが銀嶺Sで一気にOP入りへ、ハナを切れたら勝機

前走の三峰山特別で2番手から抜け出し後続を寄せ付けない走りで3勝目を飾ったレッドルゼル。本馬は逃げずとも能力を出せるが、やはり前に行き切った方がより走りは良くなるタイプ。今回の銀嶺ステークスでは更に圧勝劇を飾りたい。

801

京阪杯の過去結果動画と歴代勝ち馬

来年の高松宮記念に向けて早くも有力馬が集う京阪杯。過去20年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!

451

ミッキーワイルドがプロキオンSを僅差の2着、力示す内容

プロキオンステークスで重賞初挑戦となったミッキーワイルドだったが、先行勢の直後を追走し直線で外からグングン加速。逃げるマテラスカイを捉えると一時は先頭に立つ勢いで見せ場を作った。最後は競り負けるも今後が明るい走り。

228

ロードシャムロックが9Fの新馬戦に出走、兄は短距離の主役

全兄に現在スプリント戦線でトップクラスのダノンスマッシュを持つロードシャムロックがデビューを控える。参戦するのは1800m戦の舞台で、上とはまた違ったタイプとなっている。いずせにせよ鉄砲駆けは効く一族で初戦から注目。

98

ヤマカツマーメイドがファンタジーSで好位から伸び切れず4着

ファンタジーステークスで人気の一角だったヤマカツマーメイドが先行して直線内を突くも、見た目の勢い程は伸びがなくジワッと脚を使いつつの4着に終わった。かなり厳しいラップを刻んだ道中、追走に力を使い切ってしまったのだろう。

336

ルプリュフォールが2勝クラスで連勝目論む、鞍上は横山典

前走の1勝クラスは約1年ぶりの実戦にも関わらず、他馬が止まって見える程の豪脚で差し切り勝ちを決めたルプリュフォール。新馬勝ちの時は重賞も狙える素材として注目されていただけに少し遅くなったがここから快進撃を見せて欲しい。

311

サートゥルナーリアが天皇賞秋で6着失速、力みとHペースか

3歳の怪物サートゥルナーリアが臨んだ天皇賞秋は、最後の直線で一旦は前に出たかに見られたが半ばから脚が止まってしまい掲示板を外す結果となった。テンションが上がり道中行きたがる仕草と、初のまともなハイペースが原因だろう。

20,111

アーモンドアイが天皇賞秋をインから突き抜け3馬身差の勝利

安田記念からのぶっつけとなったアーモンドアイだが、天皇賞秋ではライバルのサートゥルナーリア、ダノンプレミアムを寄せ付けない走りで楽々と快勝。GⅠ歴代記録の7勝目に王手。現役最強は確定し、後は史上最強の称号を得るのみ。

18,833

87 件