ルーラーシップ

新着記事

ダンビュライトが京都大賞典で絶妙な逃げから2着に粘る好走

骨折明けで人気の無かったダンビュライト。京都大賞典では押し出される形の逃げからペースの主導権を握り、直線でも懸命の粘り込みでドレッドノータスの2着を死守。さすがは歴戦の強豪で、混戦時の台頭はまさに本馬の真骨頂だろう。

3,544

ディアンドルがスプリンターズSで13着大敗、Hペースに屈す

期待された3歳牝馬のディアンドルが、初GⅠの1戦で人気を背負うも見せ場なく早々に後退。直線入り口では既に闘志も消え、惰性でゴールするだけのレースとなった。さすがにモズスーパーフレアの作るペースと重圧に耐えれなかったか。

841

ラズルダズルが小倉芝2000mの新馬で2着、血統が魅力

アドマイヤキラメキを祖母に持つラズルダズルが8月デビューでいきなり好走。負けはしたものの、血統構成を考えれば勝ち馬よりこちらの方の成長力に分がありそう。地力を付けて来ればいずれは中長距離路線の上でも戦えるだろう。

65

ドゥラモットが未勝利で前走以上の走りを、叩いた上積み大

良血馬ドゥラモットが新馬3着から更にパフォーマンスを上げて未勝利戦に挑む。元々、血統的にも叩いてこその一族で、今回の未勝利はより動ける状態にあるだろう。前走で負けているコスミックエナジーが当面のライバル、負かしに行く。

426

サトノエスペランサ(フサイチパンドラ2017)のPOG情報

サトノエスペランサをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2019-2020のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

264

クロスセルが新馬で注目の1頭、全兄は4勝の現役オープン馬

トップセラー産駒で、父がルーラーシップのクロスセル。全兄にレジェンドセラーがいる血統で、その他にも4勝馬が複数いる優秀な一族出身の期待馬である。遅咲きの配合ながら8月の始動というのは逆に高評価を与えたい、要注目だ。

150

69 件