マンハッタンカフェ

新着記事

エルプシャフトが御影Sで大激走の2着、ダート替わりで一変

ビワハイジ産駒で父ディープインパクトという超良血のエルプシャフト。芝で頭打ちとなっていた事からキャリア22戦目にして初のダート戦に出走すると、決め脚鋭い追い込みを見せ14番人気ながら2着好走と大波乱の立役者となった。

128

菊花賞の過去結果動画と歴代勝ち馬

牡馬クラシック3冠目、全馬が未知の距離と遭遇し自身との戦いとなる菊花賞。過去20年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!

1,737

メイショウワザシがシリウスSで逃げ粘り3着入線、地力強化

重賞初挑戦となったメイショウワザシが、単騎逃げから強豪勢を振り切りゴール前まで必死に粘る走りで3着。道中かなりのペースで飛ばすも、バテる事なく最後まで脚を使い切り、キャリア初のGⅢである程度の結果を残した。次も注目。

18

蛯名正義騎手が騎手免許受験のため、レース騎乗を一時休業

エルコンドルパサーやマツリダゴッホの主戦である関東のベテラン蛯名正義騎手が、9月18日に行われる調教師免許の一次試験を受けるために騎手稼業を一時お休みする事となった。騎乗再開は試験終了後から、合格に向けて猛勉強開始だ。

1,311

ランスオブプラーナがラジオNIKKEI賞のキーマン、最重量

逃げ馬ランスオブプラーナがラジオNIKKEI賞でも飛ばしてどこまで粘れるか、という競馬を敢行するだろう。ハナを切ってこその馬だけに、トップハンデを背負おうが、馬場が悪くなろうがお構いなし。行ける所まで行く所存だ。

545

レッドアンシェルがCBC賞で初重賞制覇へ、距離短縮で活路

前走の彦根ステークスで初の1200mの実戦をものの見事に克服したレッドアンシェル。むしろ、ベストな適正はスプリントにあるのではと思わせる様な圧勝ぶりだった。その勢いを買い今回は一気にCBC賞で初タイトル獲得といきたい。

987

クロミナンス(イリュミナンス2017)のPOG情報

クロミナンスをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2019-2020のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

683

キャナルストリートが京王杯SCで5着、上がり馬の片鱗見せる

2連勝の勢いそのままに京王杯スプリングカップに挑んだキャナルストリート。勝ち馬から0秒2差の5着と掲示板を確保、最後まで脚色良く上位に迫る姿は頼もしい限りだ。いずれはタイトルを狙って行ける存在だ。良血馬覚醒まで後僅か。

44

天皇賞春の過去結果動画と歴代勝ち馬

淀の3200mで行われる最強ステイヤー決定戦、天皇賞春。過去20年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!

840

チカリータが豪脚一閃、最速の上がりで500万下を圧勝

ハルーワソング一族の末裔で、クロフネ産駒のチカリータが27戦目にしてようやく500万下をクリア。道中は後方追走から、直線で馬群を縫う様にして上がって来ると、一気に突き抜けて快勝の2勝目を飾った。名血の出だけに注目だ。

220

キュールエサクラがフィリーズRで痛恨の出遅れ、11着に沈む

フィリーズレビューで2番人気に支持されたキュールエサクラが、スタートで立ち遅れて後方からの競馬を余儀なくされた。そこから挽回するかに見えたが、道中も動くに動けずそのまま見せ場なく11着大敗を喫した。次の巻き返しに期待。

50

有馬記念の過去結果動画と歴代勝ち馬

中央競馬の総決算、中山競馬場で行われる師走のグランプリ有馬記念。過去19年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!

5,172

トロハが新馬戦で3着、名門一族の名に懸け今後の活躍を期す

ハルーワソングファミリーの出自で、近親にはヴィルシーナやシュヴァルグラン、ヴィブロスなどがいる日本競馬きってのエリート族トロハ。デビュー戦でもしっかりと能力の片鱗を見せていただけに、いずれ勝ち上がって行くであろう。

180

プリメラビスタが未勝利戦に登場、仕切り直しの1戦で美酒を

ビワハイジのラストクロップ、プリメラビスタ。期待された新馬戦はあえなく8着に敗れはしたが、そこから無理に使う事無く立て直しを図って暮れの未勝利戦に出走する。メンバーは揃った印象だが、ここを勝てば改めてクラシックへ。

3,577

35 件