フォーティナイナー

新着記事

エポカドーロが大阪杯でまさかのタメ逃げ、不発で10着大敗

昨年の皐月賞馬エポカドーロが大阪杯で復活のチャンスを窺っている。前走の中山記念は明らかに余裕残しの仕上げ、今回は陣営が最も得意とする叩き2戦目のレースである。先週のミスターメロディもこのパターンで見事GⅠ制覇を達成。

700

5 件