ハーツクライ

新着記事

クラヴァシュドールが阪神JFで人気勢の中では最上位の3着

3強の一角に支持を受けたクラヴァシュドールが阪神ジュベナイルフィリーズで意地を見せる3着。逃げたレシステンシアを目標に早め進出を図った行ったものの、最後は2着マルターズディオサに競り負けてしまった。現状では精一杯か。

1,384

ウーマンズハートが阪神JFで内から好位を進むも弾けず4着

世代上位の決め手を持つウーマンズハートが阪神ジュベナイルフィリーズで先行しジワジワ伸びるだけの競馬で4着敗退。内枠から積極的に前へ付けて行くものの、前走の様な強烈な末脚は不発に終わった。来春に向けて仕切り直したい。

2,759

スワーヴリチャードがジャパンCで最内から抜け出し復活のV

道中、馬群のインコースを追走し窮屈ながらもしっかりと鋭気を溜め込んで直線コースへ入ったスワーヴリチャード。先に抜け出したカレンブーケドールを最内のスペースから一気にかわし、しぶとく脚を伸ばして見事1着でゴールを飾った。

5,300

マイラプソディが京都2歳Sで圧巻の差し切り、来春が見えた

京都2歳ステークスでダントツの1番人気を受けたマイラプソディが、ライバルと目されたミヤマザクラを直線で並ぶ間もなくかわして快勝。デビューから無傷の連勝であっさりと重賞初制覇を飾った。これで来年の大舞台も射程圏内だ。

10,688

シルヴェリオが2歳未勝利を3戦目で突破、4馬身差の圧勝劇

新馬、折返しの未勝利と4着が続いていたシルヴェリオ。今回は鞍上にO.マーフィー騎手を配して必勝態勢で臨むと、直線入り口では既にセーフティリードを広げて快勝。2着に楽々と4馬身差を付け一気にクラシック戦線の有力に浮上。

2,333

タイムフライヤーが武蔵野Sで2着好走、距離短縮で走り前進

8番人気に甘んじたタイムフライヤーが武蔵野ステークスでワンダーリーゲルに次ぐ2着激走を果たし大波乱決着を演出した。前走のシリウスステークスでは直線早々に力尽き距離を敗因としたが、マイル戦で一気にパフォーマンスも向上。

186

ラクンパルシータが新馬でベール脱ぐ、父は今世代が絶好調

ハーツクライ産駒で、姉にピオネロ、クルミナルなどの活躍馬がいるラクンパルシータがデビュー戦に登場。父は今年、サリオスやマイラプソディ、クラヴァシュドールなどの大物候補を次々と輩出。その勢いに続く事ができる有力馬だ。

240

タイセイトレイルがアルゼンチン共和国杯で内から鋭伸の2着

穴人気に支持されていたタイセイトレイルが、戸崎騎手の好騎乗も手伝いアルゼンチン共和国杯で2着と惜しい競馬を見せた。道中は内枠を利して後方から経済コースを追走、直線でも内を突いてゴール前で2着に競り出し見せ場を演習した。

254

リスグラシューがコックスプレートを1番人気に応える圧勝劇

豪州伝統のGⅠ、コックスプレートで堂々の1番人気となったリスグラシュー。レースでは後手を踏んで後方からの競馬を余儀なくされるが、4コーナーで強引に捲って行くと直線ではあっさりと他馬を差し切り快勝。これは次元の違う走り。

3,273

ワーケアがアイビーSを3馬身差快勝、まだまだ伸びシロ十分

6月以来の実戦復帰にも関わらず楽な競馬でアイビーステークスを圧倒したワーケア。抜け出してからは手前を替えるなどしてまだ遊び遊びの走り。ハーツクライ産駒だけにまだ本格化は先の中でこのパフォーマンスは相当な能力だろう。

2,249

ホウオウサーベルが菊花賞で再注目、蛯名騎手集大成の1戦

阿賀野川特別を5馬身差快勝で菊花賞へ駒を進めて来たホウオウサーベル。ここ2年、阿賀野川特別勝ちから臨んだ馬は本番で2年連続3着と相性が良いステップレースだ。蛯名騎手も引退を間近にし、ここでタイトルを飾っておきたい。

3,272

77 件