ハーツクライ

新着記事

グレイルが中日新聞杯で13着大敗、直線どん詰まりで追えず

3歳世代の影の実力馬グレイルが中日新聞杯で不運な競馬の末、まさかの13着に終わってしまった。直線内目を突くと、前が壁になり一切負う所なしの走りでレースに参加せず。左回りをこなせるかに焦点が当たったが、それも分からず。

2,058

スイープセレリタスがこうやまき賞で差しで競り負け3着敗退

スイープセレリタスがこうやまき賞で決め脚が爆発せず3着に敗れてしまった。やや前目の位置でをダノンチェイサーを意識しながらの競馬となったが、その分最後の脚が溜まらなかったのだろう。次は決め手を活かした競馬をして欲しい。

1,214

スワーヴリチャードがジャパンCで3着、復調も上位2頭に完敗

天皇賞秋からの巻き返しを誓ったスワーヴリチャードだったが、アーモンドアイ&キセキの驚異の走りの前に屈して3着に終わってしまった。本来ならもう少し戦えた印象も、現状の力はある程度出し切れただろう。有馬記念への参戦は如何に。

4,073

レディマクベスが赤松賞に出走、牝馬限定戦で確勝級の1戦

藤澤和雄厩舎の牝馬で影のエース候補レディマクベス。新馬戦では驚異的な末脚でレッドベルディエス以下を差し切り、高いパフォーマンスを披露して見せた。今回は赤松賞できっちり賞金を加算したいところ。鞍上は北村宏司騎手。

685

ロジクライがマイルCSの伏兵候補、調教は文句無しの動き

富士ステークスを快勝したロジクライ、マイルチャンピオンシップでは並み居る強豪が出揃うため想定では7番人気前後となっている。追い切りでは100点満点の動きで高評価、C.デムーロ騎手を背に大仕事をやってのける雰囲気はある。

215

カテドラルが東スポ杯2歳Sで王道ローテ、ダービー馬と同じ

新馬、野路菊Sを連勝中のカテドラルが東京スポーツ杯2歳Sで3連勝を狙う。この臨戦過程は今年のダービーを制したワグネリアンと全く一緒。このまま来年のクラシック戦線へ駒を進めれば、ローテーションはまさに定番となるだろう。

2,309

グランデストラーダが5頭立ての新馬を完勝、オークス向き

ハーツクライ産駒のグランデストラーダが新馬戦をあっさりと勝利し初白星を飾った。2000mの距離でもまだまだ余裕の走りで、かなりスタミナがありそうな1頭。陣営も桜花賞よりオークスを前提にしたローテーションで進める筈だ。

263

アフランシールが札幌2歳Sで5着、ハミを噛みっ放しで誤算

ハーツクライ産駒で大物候補だったアフランシールが札幌2歳ステークスで5着に敗れる波乱。道中から終始持って行かれる様な形で脚を使い切ってしまったのが敗因か。精神的に幼く経験を積んで行けばまた強い走りを見せてくれる筈。

685

シュリ(エーゲリア2016)のPOG情報

シュリをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

210

ケイデンスコールが新潟2歳Sを大外一気、鬼脚で重賞初V

1番人気に支持された新潟2歳ステークスで強烈な追い込み勝利を飾ったケイデンスコール。上がり33秒1は特筆モノで今後の成長も見込める素材だ。父ロードカナロアを管理した安田隆行厩舎から短距離戦線の新たなスター誕生の予感。

460

アテンポラル(タンタスエルテ2016)のPOG情報

アテンポラルをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

258

48 件