ディープインパクト

新着記事

ワントゥワンが京都牝馬Sで初重賞制覇へ、デムーロで決める

昨年のマイル戦線で牡馬相手に互角の争いを繰り広げたワントゥワン。前走の阪神カップこそ出遅れが響いて負けたものの、牝馬限定戦に戻れば一気に勝ち負けだろう。強敵はいるが、今回はM.デムーロ騎手鞍上で一気の差し切りまで期待。

90

オハナが初音Sで2連勝なるか、OP入りで重賞戦線に殴り込み

素質馬オハナが覚醒一歩手前だ。前走のノエル賞は終始大外を回らされながら、最後の直線で前を全て飲み込みゴール前で差し切って見せた。着差は僅かでも内容的には完勝の1戦、東京コースならより末脚も活きる。昇級戦でも即通用だ。

1,543

イグナーツが新馬2000mでデビュー、ノースヒルズの隠し玉

近親にサーガノヴェル、ブライトラインなどノースヒルズの血脈とも言える一族出自のイグナーツ。母ラフアウェイも現役時代に5勝、そこにディープインパクトを付けたとあらばクラシックを意識せざるを得ない1頭だ。鞍上は福永祐一。

508

サトノジェネシスがゆりかもめ賞を3馬身差圧勝、覚醒間近

超良血馬のサトノジェネシスがいよいよ本領発揮か。ゆりかもめ賞では番手抜け出しから、後続を待って追い出し楽々と突き放して3馬身差のフィニッシュ。走りが徐々に良くなって来ており、兄まではいかずとも大物の雰囲気は十分だ。

3,387

レイエンダが東京新聞杯に参戦、マイル路線で活路を見出す

秋はセントライト記念、チャレンジカップと期待通りの結果を残せなかったレイエンダ。年が明け、心機一転の想いで短距離戦線に駒を進めて来た。東京新聞杯で好走出来れば、今後はマイルを前後にしてローテーションを組んで行く。

10,583

レッドオルガが東京新聞杯で接戦の2着、府中の舞台は好相性

エリモピクシー産駒のレッドオルガが、やはり一族の特徴通りに東京コースで絶好の走り。東京新聞杯で勝ち馬インディチャンプに迫るパフォーマンスを見せ牡馬相手でも互角に戦える事を証明して見せた。ヴィクトリアマイルなら本命候補。

2,798

リャスナが未勝利でデビュー戦勝利、走りは幼く伸びシロ大

良血馬リャスナが期待に違わぬ内容で初戦を見事差し切り勝ち。未勝利戦で経験馬相手にいきなりの快走を見せ、さすがは血統馬というところを示した。が、直線の走りもまだフラフラしており、ここから更に良くなって来そうで期待は◎。

635

ヘリファルテが早春Sで仕切り直し、鞍上にはC.ルメール

前走のノベンバーステークスで単勝1倍台の人気を裏切ったヘリファルテ。1年ぶりの快勝後、2走目のポカで凡走したのだろう。そこから立て直しを図り、今度こそ必勝態勢で早春ステークスへ臨む。C.ルメール騎手とコンビは初結成。

3,822

クールウォーターが新馬戦を楽勝、一族からまたも初戦勝ち

クロウキャニオンの仔クールウォーターがデビュー戦をあっさりと勝ち上がった。これで父ディープインパクトの産駒が新馬勝ちを収めたのは計6頭目となる。特に今回の勝ち方は優秀で重賞クラスの雰囲気も感じる1頭。金子氏、お見事。

473

フィエールマンがAJCCでアタマ差2着、スロペースに泣く

スタートでやや立ち遅れたフィエールマン。道中は後方からの競馬で戦局を見つめたが、予想以上に遅いペースで前が楽な展開となった。直線懸命に追い上げるも、ベストな位置取りで出し抜けを図ったシャケトラの2着に敗れる波乱。

5,374

307 件