ディープインパクト

新着記事

フローレスマジックがターコイズSで11着大敗、出遅れ後手に

ターコイズステークスで2番人気に支持されたフローレスマジックが、スタートで立ち遅れてそのまま流れに乗り切れず11着に惨敗してしまった。内枠から前に出せる瞬間も無く、多頭数のハンデ戦ならではのごちゃつきに巻き込まれた形。

2,942

プリモシーンがターコイズSで8着敗退、4コーナーで前が壁

マイルで巻き返しを期したプリモシーンが、ターコイズステークスでは末脚不発の8着に終わってしまった。4コーナーから直線入り口にかけて進路が狭くなるシーンがあり、トップスピードに乗るまでに時間がかかったのが要因だろう。

600

レッドオルガがターコイズSで上がり2位の6着、大外強襲も

エリモピクシー一族のレッドオルガが、ターコイズステークスで大外から強烈に追い込むもゴール前で僅かに届かず6着と敗退。それでもレースぶりを考えれば展開次第で勝ち負けに加われる内容だけに、得意の左回りなら更に期待大だ。

2,538

ディメンシオンがターコイズSで5着、上位とは差のない競馬

4連勝を懸けて臨んだディメンシオンが、ターコイズSで勝ち馬から0秒2差の5着に入線。先行して外を回った分、最後は脚があがった印象だが、それでも勝ち負けレベルの争いを演出し上々の重賞初挑戦だったろう。まだこれからの馬。

83

グランアレグリアが朝日杯FSで3着惜敗、牡馬に負けるも評価

単勝1.5倍の支持を受けたグランアレグリアが、朝日杯フューチュリティステークスで果敢に先行し3着と惜しくも牝馬による制覇を達成出来なかった。とは言え、自らレースを作る展開の中で上位に入る走りは十分に評価して良いだろう。

3,487

シェーングランツが阪神JFで4着、直線スムーズに捌けず

阪神ジュベナイルフィリーズで姉妹制覇に期待のかかったシェーングランツが、最後の直線で外へ持ち出すのに手間取りゴール前で脚を伸ばすも4着入線が精一杯の競馬となった。もっとスムーズなら3着はあっただけに残念な結果だろう。

4,457

ダノンファンタジーが阪神JFで外から差し切り、2歳女王戴冠

1番人気に支持されたダノンファンタジーが、その期待に応える様な見事な競馬で2歳チャンピオンに君臨。ライバルのクロノジェネシスとの叩き合いを制し、来週に回ったグランアレグリアと再戦に向け女王の座を確固たるものとした。

4,089

モアナアネラが未勝利で変わり身見せるか、母も2戦目でV

新馬4着のモアナアネラ、母ジェンティルドンナ同様に折り返しの未勝利戦で勝利すればその勢いは増して行くか。鞍上も母の背中を知る川田将雅騎手へバトンタッチ、相手も揃っているがここは鮮やかに勝って1勝目を献上したい。

1,264

レイエンダがチャレンジCで6着、流れに乗り切れないまま敗退

スタートのタイミングが合わず立ち遅れた形でレースを進めたレイエンダ。終始後ろの位置でポジショニングを取るも、レースが動いた時に付いて行けず後手後手の走りで直線コースへ。そこから脚を使う訳でもなく、完全燃焼の1戦だった。

10,315

298 件