ディープインパクト

新着記事

日本競馬の歴代獲得賞金高額馬ランキング【2019年最新】

JRA調教馬限定でこれまでの歴代獲得賞金の高額馬ランキングをまとめてみました。尚、当順位は牡馬クラシック三冠や春秋古馬三冠のボーナス(褒賞金)と海外レースの概算賞金も含めた額を計算。基準として10億円以上をボーダーラインとしています。

151,230

エスポワールが昇級戦でメド立つ走りの2着、牝馬限定なら

近親にアドミラブルがいるエスポワールが500万下で牡馬相手にゴール前で差し込み2着に入線。最後際どく伸びて距離延長でも良さそうな走りだったが、やはり牝馬同士の戦いが見てみたい。距離適性的に難しい番組選びとなりそう。

1,330

ロジャーバローズが福寿草特別で番手から抜け出し2馬身差V

紫菊賞2着のロジャーバローズが年明けの福寿草特別を完勝し早くも2勝目をあげた。その前走で負けたアドマイヤジャスタがホープフルステークスで2着に入っている事から、本馬も順調に行けばクラシック戦線に乗って行ける器だろう。

277

中央競馬の歴代年度代表馬まとめ

その年に最も活躍した馬に送られるJRA賞が年度代表馬。実績を重視され最高の栄誉に輝いた歴代の年度代表馬をまとめてみました。血統や戦績、各馬の短評含めてご覧下さい。ちなみに、2018年は間違いなくアーモンドアイでしょう。

325

ヴィッテルスバッハが500万下で下剋上狙う、母系は超一流

未勝利戦を勝利したヴィッテルスバッハが重賞級の集まる阪神の2歳500万下で強豪相手に立ち向かう。その前走の価値っぷりはセンスを感じる内容で、化ければかなりの所まで行くイメージが持てる素材。今回が試金石の1戦となる。

91

サトノルークスが500万下に出走、メンバー中大物感No.1

折り返しの未勝利戦をきっちり勝ち上がったサトノルークスが年内最終開催の2歳500万下に参戦して来た。2億超えの評判馬でそれに比例してなかなかの馬っぷり。レースぶりもどんどん良くなっており、今回楽勝する様なら期待大。

1,722

カントルが500万クラスに登場、調教も鋭く終いの脚に期待

未勝利を勝ち上がったカントルが18年最終開催でオープン入りを決めたい。兄とは違い、長く良い脚を使うタイプで前走のレースも最後の最後でようやくエンジンがかかった様子だった。阪神コースに替わるのはプラス、楽しみな1戦だ。

1,898

キセキが有馬記念で逃げるも5着、秋4戦目で制御がきかず

2番人気キセキが有馬記念でやや行きたがる格好で淀みない流れの逃げを打った。4コーナーでは既に脚が無く、最後まで懸命に粘るも坂で一気に脚が止まってしまった。最後は力尽きて5着入線も、一応の見せ場は作った内容だったろう。

4,849

レイデオロが有馬記念で2着惜敗、馬場の影響で後手の競馬

1番人気に支持されたレイデオロが、有馬記念でブラストワンピースにクビ差届かず2着入線。レース前から降り出した雨で馬場が泥濘み、4コーナーでやや反応が悪く仕掛けが遅れてしまったのが主な敗因だろう。陣営も仕方無しの表情。

5,900

マカヒキが有馬記念で復活の狼煙、イン突きの岩田が魅せる

天皇賞秋で不利もあり完全燃焼出来なかったマカヒキ。札幌記念の走りを見ても復活の予兆を見せているだけに、ジャパンカップを回避して臨む有馬記念は陣営も本気モード全開といったところ。乗り替わりの岩田騎手が得意の内を捌き切る。

187

ウルクラフトが千両賞で2連勝狙う、馬体重のキープが鍵

デビュー戦を快勝したウルクラフトが千両賞へ駒を進めて来た。ひと月半の間隔を取ってしっかりと調整をかけての参戦だけに、一番のポイントは馬体重だろう。初戦が412kgだっただけに、出来れば少しでも目方は増えていて欲しい。

189

リストがいよいよ新馬デビュー、兄2頭に続けばGⅠ級の1頭

全兄に“幻のダービー馬”と言われたシルバーステート、新馬戦でワグネリアンと互角の戦いを繰り広げたヘンリーバローズがいるリスト。いずれもダービー候補だった2頭だけに、今回も相当な期待がかけられている。鞍上は武豊騎手。

1,866

サトノダイヤモンドが有馬記念で有終の美へ、渾身の仕上げ

ジャパンカップでは世界レコードの戦いの前に6着と敗戦を喫したサトノダイヤモンド。今回の有馬記念が引退レースとなり、陣営としても是が非でも最後を勝利で終えたい1戦となる。仕上がりも万全、勝てばそれはドラマチックな展開。

1,888

299 件