ディープインパクト

新着記事

ソルドラードが未勝利戦で惜敗の2着、勝ち運に見放される

新馬戦、未勝利と立て続けに負けを喫したソルドラード。特に今回は勝ちに等しい内容だったが、ハナ差競り負けての敗戦となった。負けというよりもクビの上げ下げによる運の方が強く、そういう意味で余り持っていない1頭かもしれない。

1,591

プライドランドがデビュー戦を2着発進、最後の伸びは上々

注目の1億円ホース、プライドランドが新馬戦を2着とまずまずのスタート。直線では何度もヨレるシーンがありつつも、最後の1Fは先に抜け出したハバナウインドに鋭く迫る脚で見せ場はたっぷり。もう少し距離が延びても良さそう。

376

ジナンボーが久々の実戦も楽勝、最内から突き抜け2戦2勝

新馬以来となった復帰戦で経験馬たち相手に内差しから抜け出す競馬で快勝したジナンボー。内容的にも楽な勝ち方、今後の活躍に十分期待出来るパフォーマンスだったと言える。両親合わせて12冠の勲章に次男坊がタイトルを増やせるか。

3,060

プリモシーンが秋華賞で悲願のGⅠ制覇へ、状態も絶好調

関屋記念で古馬を撃破し重賞2勝目をあげたプリモシーン。ウッドコースで追い切られ鞍上の北村宏司騎手も状態に太鼓判を押す。マイル重賞で成績を残しているが、京都2000mの内回りなら対応可能だろう。同クラブの怪物退治なるか。

430

グランアレグリアがサウジアラビアRCを出遅れも力差で圧勝

発馬で立ち遅れたグランアレグリアが前半の不利をもろともせず、圧倒的なパフォーマンスで快勝し初重賞制覇を飾った。まだ能力の半分程度の力しか見せておらず、これは世代を超えた怪物になる可能性も十分。2歳王者の最有力候補だ。

1,279

サトノアーサーが毎日王冠で重賞連勝狙う、大器が本格化か

前走のエプソムカップで重賞初制覇を飾ったサトノアーサー。2歳時からクラシックの有力候補だった事を思えば遅すぎるタイトルだったろう。徐々に競馬の立ち回りが上手くなって来ており、得意の1800m戦で勢いに乗って連勝を期す。

4,538

スタディオブマンが日本の応援を背に凱旋門賞で偉業に挑む

今年のフランスダービーを制したディープインパクト産駒のスタディオブマン。前走の愛チャンピオンステークスでは5着に敗れたものの、主戦のパスキエ騎手は本番での巻き返しを窺っている。クリンチャー以外なら同馬に勝って欲しい。

333

273 件