ディープインパクト

新着記事

アルーシャが京都牝馬Sで今年の牝馬戦線の主役へ殴り込み

上がり馬というべきか。藤沢厩舎の素質馬アルーシャが遂に重賞制覇へ京都牝馬ステークスで待望のタイトル獲得を目指し西下。前走のユートピアSも強い勝ち方、鞍上のルメール騎手も手応えを感じている様子だ。マイルも問題ない。

780

ワントゥワンが京都牝馬Sで初重賞制覇へ、デムーロで決める

昨年のマイル戦線で牡馬相手に互角の争いを繰り広げたワントゥワン。前走の阪神カップこそ出遅れが響いて負けたものの、牝馬限定戦に戻れば一気に勝ち負けだろう。強敵はいるが、今回はM.デムーロ騎手鞍上で一気の差し切りまで期待。

79

オハナが初音Sで2連勝なるか、OP入りで重賞戦線に殴り込み

素質馬オハナが覚醒一歩手前だ。前走のノエル賞は終始大外を回らされながら、最後の直線で前を全て飲み込みゴール前で差し切って見せた。着差は僅かでも内容的には完勝の1戦、東京コースならより末脚も活きる。昇級戦でも即通用だ。

1,536

イグナーツが新馬2000mでデビュー、ノースヒルズの隠し玉

近親にサーガノヴェル、ブライトラインなどノースヒルズの血脈とも言える一族出自のイグナーツ。母ラフアウェイも現役時代に5勝、そこにディープインパクトを付けたとあらばクラシックを意識せざるを得ない1頭だ。鞍上は福永祐一。

462

エントシャイデンが節分Sで3連勝達成、良血馬が遂に本格化

ブランボヌールの全弟エントシャイデンがいよいよ軌道に乗って来た。昇級戦となった節分ステークスでは、いつもより前目の位置から早めに抜け出しリカビトスやキロハナの上位人気勢を完封。3連勝の勢いでオープン入りを達成した。

2,081

サトノジェネシスがゆりかもめ賞を3馬身差圧勝、覚醒間近

超良血馬のサトノジェネシスがいよいよ本領発揮か。ゆりかもめ賞では番手抜け出しから、後続を待って追い出し楽々と突き放して3馬身差のフィニッシュ。走りが徐々に良くなって来ており、兄まではいかずとも大物の雰囲気は十分だ。

2,996

レイエンダが東京新聞杯に参戦、マイル路線で活路を見出す

秋はセントライト記念、チャレンジカップと期待通りの結果を残せなかったレイエンダ。年が明け、心機一転の想いで短距離戦線に駒を進めて来た。東京新聞杯で好走出来れば、今後はマイルを前後にしてローテーションを組んで行く。

10,562

レッドオルガが東京新聞杯で接戦の2着、府中の舞台は好相性

エリモピクシー産駒のレッドオルガが、やはり一族の特徴通りに東京コースで絶好の走り。東京新聞杯で勝ち馬インディチャンプに迫るパフォーマンスを見せ牡馬相手でも互角に戦える事を証明して見せた。ヴィクトリアマイルなら本命候補。

2,780

ノーブルスコアがエルフィンSで末脚炸裂なるか、鞍上は川田

紅梅ステークスは決して恵まれた条件では無かったものの、ラストの追い込みは際立っており惜しい3着だったノーブルスコア。大幅な馬体増で成長分も見て取れ、ひと叩きされた今回はかなり期待して良いのでは。川田騎手と手が合いそう。

745

メイショウテンゲンがきさらぎ賞で伏兵候補、能力は足りる

4戦目で未勝利を脱出したばかりのメイショウテンゲン。まだまだ子供っぽさを残しながら能力だけで勝ち星をあげた様な前走だったが、まともに走れれば重賞でも通用する可能性は十分だ。池添騎手も認めたその素質開花は見られるか。

1,265

302 件