ダイワメジャー

新着記事

シゲルピンクダイヤが秋華賞で後方から追い込み3着と大健闘

ローズステークスで4着敗退後、叩いて良化気配を見せていたシゲルピンクダイヤ。秋華賞ではいつものポジションで脚を溜め、直線後方から大外一気の末脚で3着に入った。やはり能力は高く、ハマればGⅠでも一発があるポテンシャルだ。

553

アブソルティスモがサウジアラビアRCで逃げるも完敗の3着

サウジアラビアロイヤルカップでサリオスにリベンジを誓ったアブソルティスモだったが、新馬戦同様の競馬であっさりと直線差し切られると、更に5馬身近い差を付けられてしまい決定的な敗退を喫した。自身もレベルは高いが相手が悪い。

2,350

毎日王冠の過去結果動画と歴代勝ち馬

秋の飛躍を誓うトップレベルの競走馬が一堂に会する、毎日王冠。過去20年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!

1,085

ダイワメモリーがレインボーSでOP入り狙う、鞍上は内田

前走の佐渡ステークスでも大外を一気に上がって行く上位争いを演出したダイワメモリー。昇級戦ながらも上がり2位の脚を使えた辺り、現級でも展開次第では十分に戦える手応えを感じたのではないだろうか。レインボーSで勝ち切りたい。

2,168

コンドゥクシオンが札幌2歳Sで大穴候補、良馬場でも好走可

ダイワメジャー産駒で福島のデビュー戦を勝利で飾ったコンドゥクシオン。新馬では不良馬場でかなりパワーを要求される馬場だったが難なくこなしたのは血統の力だろう。札幌でもタフな競馬になれば、下位人気だが上位進出の余地はある。

37

ナックビーナスがキーンランドC連覇へ、状態に衰えは無し

高松宮記念、チェアマンズスプリントプライズと近2走は精彩を欠いているナックビーナス。とは言え前々走は致命的な不利、前走は初の海外遠征と敗因がハッキリしている。普通に回って来れば、GⅢレベルで大崩れする事は無いだろう。

435

シンハリングが待望の新馬デビュー、DMMの今年の目玉

シンハリーズ一族の末裔、シンハリングが遂に初陣を迎える。数々の重賞活躍馬を送り込むファミリーの派生系として、ウォーエンブレム肌の母シンハディーパには繁殖での活躍が期待されている。ダイワメジャー産駒なら先ず外れは無い。

411

ディキシーナイトがラジオNIKKEI賞で復帰、坂路で一番時計

スプリングステークス3着後、軽い骨膜炎で戦線離脱していたディキシーナイト。幸い軽度の症状で、短期放牧されてリフレッシュした状態で厩舎へ戻って来たのが6月。そこから順調に乗り込まれラジオNIKKEI賞直前に猛時計を記録。

350

安田記念の過去結果動画と歴代勝ち馬

春の最強マイラー決定戦、安田記念。過去19年分の同レース結果内容と合わせて馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!

2,468

オースミカテドラルが500万下を好時計で逃げ切り勝ち

ダイワメジャー産駒のオースミカテドラルが、500万クラスを鮮やかに逃げ切って2勝目をあげた。マイルで1分33秒4、上がり最速という文句なしの内容で走破。これは行く行く、短距離戦線で大成する可能性を秘めた1頭だろう。

51

アマルフィコーストがヴィクトリアMで3戦連続で穴を開ける

京都牝馬ステークス、阪神牝馬ステークスと2戦続けて二桁人気ながら馬券に絡んでいるアマルフィコースト。気付けば、戦績も安定しており相手なりに走れるタイプの1頭だろう。展開次第では、このGⅠという大舞台でもまだ見限れない。

1,068

アドマイヤマーズがNHKマイルCで復活、マイルは5戦無敗

NHKマイルカップで1600m戦に戻って鮮やかに差し切り勝ちを収めたアドマイヤマーズ。グランアレグリアを内に押し込め、直線早め抜け出す競馬はまさに阪神ジュベナイルフィリーズの再現とも取れるレース運びだった。天晴れ。

2,897

マイラーズカップの過去結果動画と歴代勝ち馬

安田記念へ向け最強の短距離馬たちが一斉に集うマイラーズカップ。過去20年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!

277

50 件