スペシャルウィーク

新着記事

タンタラスが2戦目で変身見込み、精神面のスイッチをON

新馬戦はまさかの大敗を喫したタンタラス。とは言え、ブエナビスタ産駒の上2頭はデビュー戦を強烈なパフォーマンスで勝利したに関わらずその後は鳴かず飛ばず。逆に今回のパターンで変わり身を見せた方が今後の見通しは良好だろう。

927

サートゥルナーリアが萩Sを持ったまま楽勝、能力の桁が違う

復帰初戦の萩ステークスを、直線全く手綱を動かさずに他馬を圧倒したサートゥルナーリア。一般車とスポーツカー程の差くらいにスピード能力が別次元なのだろう。距離もまだ延びて問題無さそうで、これは間違いなくクラシック級だ。

6,076

グルーヴィットが新馬戦を突き抜け5馬身差圧勝、パワー型

ダート1400mの新馬戦で1番人気に支持されたグルーヴィットが、その期待に違わぬ走りで快勝。直線だけの競馬で後続を5馬身突き放し楽々とゴールする強さを見せ付けた。一族的にも珍しいパワータイプで今後の活躍が更に楽しみ。

580

グローブシアターが三田特別を逃げ切りV、2連勝で覚醒寸前

グローブシアターが前走に続き三田特別を楽々と逃げ切って2連勝を達成。長距離路線に転向後、無類のスタミナが活かされて本格化まであと一歩か。これまでの兄弟とは違う形で台頭するも、母シーザリオの血の濃さを見せ付けて欲しい。

3,819

レジェンドセラーがAJCCで強豪に挑戦、重賞初制覇なるか

2連勝中のレジェンドセラーがAJCCでゴールドアクターなどのトップクラス達と相まみえる。勢い的にはかなり魅力的だが、GⅠレベルの古馬勢に対してどこまで自分の競馬が通用するかは未知数、好勝負なら同馬の未来は明るい。

1,231

ソシアルクラブが阪神JFで8着入線、本格化は来年以降か

ブエナビスタの2番仔ソシアルクラブ。新馬戦のパフォーマンスからキャリア1戦の身で阪神ジュベナイルフィリーズでは5番人気に支持されるも、さすがに好走は難しく8着に終わった。しかし、素質の片鱗は感じられ来年の走りに注目。

4,170

シーリアが折り返しの未勝利戦に登場、鞍上は一族の主戦

シーザリオ産駒で兄にエピファネイア、リオンディーズがいるシーリア。新馬戦は2着に敗退したが、見どころのある内容で叩いた上積み含めて今回はパフォーマンスを更に上げて来るだろう。手綱を取るのは一族を知り尽くす福永騎手だ。

4,523

日本競馬の歴代獲得賞金高額馬ランキング【2018年最新】

JRA調教馬限定でこれまでの歴代獲得賞金の高額馬ランキングをまとめてみました。尚、当順位は牡馬クラシック三冠や春秋古馬三冠のボーナス(褒賞金)と海外レースの概算賞金も含めた額を計算。基準として10億円以上をボーダーラインとしています。

149,119

日本史上歴代最強馬のランキング【2018年最新】

競馬ニュース.TV独自レーティングによるランキング形式で日本競馬史上歴代最強馬をまとめてみました。RT125以上までを詳しく紹介して振り返ってみましょう。随時レーティング更新しています。

291,834

ラナンキュラス2014(馬名:オフィーリア)を指名する!?

「ラナンキュラス2014」をPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2016-2017のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

666

遂に社台グループがリーチザクラウンの権利を半分購入へ

今年の新種牡馬リーディング1位と躍進を続けているリーチザクラウン。その動きを受け、大手・社台グループが本馬の権利を半分購入した事が判明した。今後は、社台スタリオンステーションで繁用され種牡馬生活を続けて行く予定との事。

8,010

【傾向】函館競馬場・芝2000mコースデータ徹底検証

夏の北海道を彩る古馬たちの中距離王決定戦・函館記念が行われる当該コース。特注血統や適正の脚質、タイム&上がりなどの数値をひも解きながらこのコースでの馬券的中率を上げるべく徹底検証して行きます。

1,179

20 件