ステイゴールド

新着記事

リナーテが函館SSで初重賞制覇を狙う、夏は牝馬の季節だ

京王杯スプリングカップで2着好走を果たしたリナーテ。馬体に身が入り今では牡馬にも負けない程のボリューム。それが安定した走りが出来る様になって来た原動力でもある。鞍上に藤岡康太騎手を迎え、夏の北海道で大活躍を誓う。

3,332

ソーグリッタリングがエプソムCで堂々の3着、内容は合格点

1番人気に支持されたソーグリッタリングが、エプソムカップで前を捉え切れず3着に終わった。とは言え、逃げたサラキアと2番手のレイエンダが32秒台の脚で上がった事を考えると本馬の走りは十分人気に応える内容だったと言える。

205

ダノンキングダムがエプソムCで主役の1頭、東京はお手の物

府中ステークスを強い内容で勝利し、勢いそのままにエプソムカップへ挑むダノンキングダム。過去、東京競馬場では10戦して8度馬券に絡む走りを見せる程に得意な舞台だ。ステイゴールド産駒の覚醒モードに入れば重賞もあっさり。

25

マイネルヴンシュがグリーンSで早め進出も2着、現級にメド

ステイゴールド産駒のマイネルヴンシュが昇級戦のグリーンステークスで堂々の競馬。4コーナーから仕掛けて持久力戦に持ち込むとタイセイトレイルと最後まで一進一退の攻防を繰り広げ際どい2着となった。3勝クラスでも戦えそうだ。

52

セントオブゴールド(キューティゴールド2017)のPOG情報

セントオブゴールドをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2019-2020のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

663

目黒記念の過去結果動画と歴代勝ち馬

ダービー後の最終レースで行われる重賞、目黒記念。過去20年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!

525

エールヴォアがオークスで果敢に先行、見せ場作るも11着

距離延長で台頭が期待されたエールヴォアだったが、3番手追走の好位置もペースが早過ぎた。ジョディー、コントラチェックと共に先行集団は軒並み崩れる結果で自身も11着と惨敗。攻めた結果だけに仕方ないが、これが力負けでは無い。

690

クロコスミアがヴィクトリアMで強豪に競り勝ち3着と激走

11番人気のクロコスミアがヴィクトリアマイルでラッキーライラックやアエロリットに先着する走りを見せて波乱を演出。一時は直線で後退するも、そこから巻き返す勝負根性を見せて馬券圏内に食い込んだ。戸崎圭太騎手との手も合う。

73

オジュウチョウサンが中山グランドJで史上初の4連覇を達成

障害界のスターホース、オジュウチョウサンが偉大な記録を打ち立てた。人気を背負った中山グランドジャンプで圧勝した同馬は、同一レースの4連覇という前人未到の快挙を飾った。障害では敵なし、やはり平地にまた戻って来て欲しい。

1,454

アドマイヤリードが中山牝馬Sで差し脚爆発せず10着敗退

中山金杯で4着のアドマイヤリード、牝馬限定戦に戻り更に上位への期待がかかった中山牝馬ステークスでは逆に末脚不発で10着に終わった。やはり懸念されたトップハンデが響いてか、敗因は不明だが恐らくムラ駆けによるものだろう。

240

67 件