シンボリクリスエス

新着記事

オジュウチョウサンの次走はアルゼンチン共和国杯に決定

先週の六社ステークスで10着に大敗したオジュウチョウサンが、次は11月3日に行われるアルゼンチン共和国杯へ駒を進める事が分かった。前走後は千葉県の牧場に短期放牧へ出ており、すぐ帰厩して調整が続けられるとの事。騎手未定。

1,577

アブソルティスモがサウジアラビアRCで逃げるも完敗の3着

サウジアラビアロイヤルカップでサリオスにリベンジを誓ったアブソルティスモだったが、新馬戦同様の競馬であっさりと直線差し切られると、更に5馬身近い差を付けられてしまい決定的な敗退を喫した。自身もレベルは高いが相手が悪い。

2,346

オーソリティが芙蓉Sで文句なしの完勝、2勝目で順風満帆

期待のオーソリティが芙蓉ステークスを完璧な内容で2勝目。道中中団から4コーナーで前を捉え、直線は独り旅の競馬で2着に2馬身以上の差を付ける走り。まだまだ奥がありそうで、これからの成長次第ではかなりの器に成り得る素材だ。

571

レイデオロがオールカマーでまさかの4着、ピーク過ぎたか

1番人気に支持されたレイデオロ、しかしながら道中の走りっぷりにも良い頃の勢いが見られずじまい。勝負どころでの反応も悪く、直線はジワジワ伸びるだけで最後は後ろからグレイルにも差されて4着敗退となった。復活はあるのか。

6,416

神戸新聞杯の過去結果動画と歴代勝ち馬

菊花賞馬のほとんどがこのレースを経由すると言っても過言ではない、神戸新聞杯。過去20年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!

1,093

リグージェがデビュー戦で強烈な決め手を披露し強豪を撃破

ブラックタイド産駒のリグージェが、新馬戦で後方から上がり33秒0の鬼脚を炸裂させ1番人気アドマイヤミモザとの叩き合いを制して初勝利。1つ上にエングレーバーなど、優秀な兄弟がいる家系で本馬も堅実に走り続けてくれるだろう。

246

サトノティターンがエルムSで後方から一気の追い込みで3着

後方待機の脚質が板に付いて来たサトノティターン。先行激化となった道中、ハイペースとなった1戦だが上手くその流れを利用して直線では大外から脚を伸ばし3着争いを制した。レースセンスもあり、今後も展開次第で活躍が見込める。

142

アルクトスがプロキオンSで3連勝達成、初重賞制覇で悲願成就

連勝中だったアルクトスがプロキオンステークスでマテラスカイやサンライズノヴァなどの強豪勢をあっさりと蹴散らして重賞タイトルを獲得。やや強引な競馬で後味の悪い結果となったが、それでも勝ちをもぎ取る内容は今後に活きて来る。

59

サンライズソアが平安Sで連覇狙う、京都の舞台は絶好の相性

ダートの実力馬サンライズソアが今年も平安ステークスで前残りの競馬か。昨年はクイーンマンボ以下を退けて穴を開けたが、今回は人気を背負う立場で同レースの連覇を飾りたい。JBCクラシックも含め、京都コースは得意の舞台だろう。

228

青葉賞の過去結果動画と歴代勝ち馬

日本ダービーと同条件で行われる真のトライアル、青葉賞。過去20年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!

622

エトワールがフローラSで穴候補、前に行って粘り込み図る

ミモザ賞2着から参戦するエトワールがフローラステークスのダークホース的存在となるか。その前走はエアジーンに出し抜けを食らった形だが、こちらの方が強い内容だった。しっかり前に付けて先に仕掛ける展開なら逆転も可能だろう。

101

38 件