シンボリクリスエス

新着記事

サトノティターンがエルムSで後方から一気の追い込みで3着

後方待機の脚質が板に付いて来たサトノティターン。先行激化となった道中、ハイペースとなった1戦だが上手くその流れを利用して直線では大外から脚を伸ばし3着争いを制した。レースセンスもあり、今後も展開次第で活躍が見込める。

129

アルクトスがプロキオンSで3連勝達成、初重賞制覇で悲願成就

連勝中だったアルクトスがプロキオンステークスでマテラスカイやサンライズノヴァなどの強豪勢をあっさりと蹴散らして重賞タイトルを獲得。やや強引な競馬で後味の悪い結果となったが、それでも勝ちをもぎ取る内容は今後に活きて来る。

46

サンライズソアが平安Sで連覇狙う、京都の舞台は絶好の相性

ダートの実力馬サンライズソアが今年も平安ステークスで前残りの競馬か。昨年はクイーンマンボ以下を退けて穴を開けたが、今回は人気を背負う立場で同レースの連覇を飾りたい。JBCクラシックも含め、京都コースは得意の舞台だろう。

218

青葉賞の過去結果動画と歴代勝ち馬

日本ダービーと同条件で行われる真のトライアル、青葉賞。過去20年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!

610

エトワールがフローラSで穴候補、前に行って粘り込み図る

ミモザ賞2着から参戦するエトワールがフローラステークスのダークホース的存在となるか。その前走はエアジーンに出し抜けを食らった形だが、こちらの方が強い内容だった。しっかり前に付けて先に仕掛ける展開なら逆転も可能だろう。

94

オジュウチョウサンが中山グランドJで史上初の4連覇を達成

障害界のスターホース、オジュウチョウサンが偉大な記録を打ち立てた。人気を背負った中山グランドジャンプで圧勝した同馬は、同一レースの4連覇という前人未到の快挙を飾った。障害では敵なし、やはり平地にまた戻って来て欲しい。

1,478

ミスパンテールが京都牝馬Sで重賞5勝目へ、完全復調だ

前走ターコイズステークスを完勝、連覇を達成したミスパンテール。その次に京都牝馬ステークスへ向かうローテーションは昨年と同じ。つまりは結果も同じく連勝が濃厚で、勝てば2重賞を続けて連覇する珍しいパターンの記録を達成。

580

36 件