シングスピール

新着記事

シャケトラがAJCCを制覇、1年以上のブランクを克服し復活

一昨年の有馬記念以来となるシャケトラが大復活劇を成し遂げた。積極的なレース運びで競馬を進めると、直線では早め先頭。そこから更に加速し、追い迫るフィエールマンの末脚をアタマ差振り切り重賞2勝目を飾った。まだまだ戦える。

61

レディマクベスが赤松賞に出走、牝馬限定戦で確勝級の1戦

藤澤和雄厩舎の牝馬で影のエース候補レディマクベス。新馬戦では驚異的な末脚でレッドベルディエス以下を差し切り、高いパフォーマンスを披露して見せた。今回は赤松賞できっちり賞金を加算したいところ。鞍上は北村宏司騎手。

706

シハーブが東京ダートの新馬で7馬身差圧勝、上がりダントツ

重賞馬を兄に持つシハーブが、それに勝るとも劣らない能力の違いを見せつけデビュー戦を脅威のパフォーマンスで勝利。直線で後続を置き去りにする加速力を見せ、スムーズな競馬で無い中での7馬身差は相当なインパクト。これは大物だ。

789

ブランノワールが芝1400mでデビュー、姉は2歳牝馬女王

2012年の阪神ジュベナイルフィリーズを制したローブティサージュを姉に持つブランノワールが新馬戦に出走。性格も素直で順調な調整が続けられており、状態も申し分なく初陣に送り出せる。鞍上には牝馬の名手、池添謙一騎手。

364

ベイコートが福島の新馬戦に登場、半兄にGⅠ2着の実力馬

2013年の宝塚記念で2着に入ったダノンバラードを兄妹にもつベイコートが初陣を迎える。父ロードカナロア、母レディバラードとロードホースクラブの代表馬同士による配合、馬主は違えど生粋のロード系産駒だ。鞍上は石川騎手。

176

ミリッサがマーメイドSで5着、勝ち馬との差し比べで負ける

素質馬ミリッサがマーメイドステークスで5着とまずまずの結果。道中インを回ってスムーズな追走、直線では弾けるかに見えたが馬群の間をアンドリエッテと並んで抜け出せずジワジワと前に詰めての5着となった。重賞では力不足か。

3,883

シンハラージャが3歳未勝利で待望の初勝利、ダートに活路

昨年のPOGで最注目の1頭だったシンハラージャ。芝では3戦して良いところが無かったが、ダート戦に路線を切り替えてから走りが安定しようやく初白星を飾った。血統的な伸びシロは当然、今後はその成長を待ちながら2勝目を期待。

4,692

9 件