サンデーサイレンス

新着記事

カイザーバルがターコイズSで飛躍の重賞初V狙う、GⅠ3着馬

一昨年の秋華賞で3着に入ったカイザーバルが、ようやく軌道に乗って来た印象だ。前走の1600万クラスも強い内容で勝ち上がり、勢いそのままに重賞初勝利と行きたい。ハンデも手頃で、上手く立ち回れば十分に可能性はあるだろう。

28

ルガールカルムがベゴニア賞に登場、2連勝濃厚の好素材

新馬戦で幼い競馬ながらも圧勝を飾ったルガールカルム。中間もしっかりと調整を続け馬のコンディションが整った段階で2戦目のベゴニア賞に進んで来た。鞍上は引き続きC.ルメール騎手、普通に考えればあっさりと連勝してくれそう。

403

エアスピネルがマイルCSで昨年の雪辱なるか、熱発の影響は?

昨年マイルチャンピオンシップで2着だったエアスピネル。今年もマイル路線を中心に使っているが、いまいち結果が伴っていない。大一番を前に軽い熱発を起こしてしまったが、動きを見る限り問題は無さそう。さぁ、昨年のリベンジへ。

129

フィブロライトが新馬で外差し一気の末脚、血統馬の底力でV

兄にダンビュライトなどがいるエイシンフラッシュ産駒のフィブロライトが、そのデビュー戦で血統に恥じない走りで快勝して見せた。直線外からグングン加速すると、あっさり前をかわして悠々とゴールイン。まだまだ底が見えない1頭。

147

カウディーリョがアイビーSで2戦目、一族の出世頭となるか

ディアデラノビア産駒のカウディーリョが2連勝を狙ってアイビーステークスに登場。新馬戦は仕上がり途上ながらも強引に差し切る競馬、一族の強さを見た1戦だったが未だGⅠ馬は0。ここを突破して年末のタイトル奪取へ向かいたい。

712

ランガディアが弥彦特別で3番手から抜け出し快勝、7戦4勝

近親にエアグルーヴがいるランガディアが、弥彦特別を余裕の競馬で勝ち切りキャリア4勝目を飾った。レース内容的にも完勝、これで1600万クラスに戻る形となるが素質的に重賞戦線へ乗るべき1頭だ。これで秋競馬に堂々と進める。

1,058

チェッキーノが屈腱炎再発で引退、2016年オークス2着など

2年前のオークスでシンハライトと激闘を演じたチェッキーノ。その後、左前屈腱炎を発症し長い休養期間を経て今年の6月に復帰を迎えていたが、またしても同箇所に屈腱炎再発が判明。所属先のサンデーRが引退、繁殖入りを発表した。

380

45 件