サンデーサイレンス

新着記事

ユナカイトが昇級戦の2勝クラスを勝ち切れば一気に重賞も

前走の1勝クラスではこれまで勝ち切れなかった競馬が嘘の様な非常に強い走りだったユナカイト。覚醒したパフォーマンスで、今回の2勝クラスでも同様の内容で連勝を飾れば、姉には及ばないが本馬も重賞戦線に乗って来る可能性が大。

1,505

エスタジが3歳上2勝クラスで3連勝狙う、先行策で走りが向上

ダイナカールファミリーの末裔エスタジがいよいよ本格化の兆し。ロードカナロア産駒で母父サンデーサイレンスの配合は、同父の走る典型的な掛け合わせ。覚醒すれば一気に重賞クラスまで駆け上がる素材だけに、後は番組選びだろう。

486

トリプルエースがデイリー杯2歳Sで位置取り悪く不完全燃焼

小倉2歳ステークス2着から挑んだトリプルエースは、道中後方のポジションから外を回って伸びるも位置取りの差で4着までが精一杯の競馬だった。距離が延びて折り合いを重視するが余りに、レース運びがおろそかになってしまった。

763

ハギノカエラが2勝クラスでクラス慣れ見込む、成長度No.1

ハービンジャー産駒でメキメキと力を付けて来た感のあるハギノカエラ。前走の北野特別でも+12kgと重め残りの馬体ながら最速の上がりを叩き出して現級でも力上位を示した内容だった。叩いて動き良化の今回こそ確実に仕留めたい。

107

トゥザクラウンがオーロCでOP勝ち目指す、中1週も好舞台

スワンステークスで6着も見せ場十分だったトゥザクラウン。余裕のある馬体で如何にもひと叩きを想定されていた仕上りだったが、陣営の目論みはむしろ今回のオーロカップにあったのだろう。東京コースは3戦2勝と絶好の相性を誇る。

6,892

ヤマニンアンプリメがJBCレディスクラシックを捲って快勝

上がり馬ヤマニンアンプリメがJBCレディスクラシックでもその力を遺憾なく発揮。3コーナーから大逃げするゴールドクイーンを捉えにロングスパートを開始、直線早々に捉えると最後まで脚を使い続け自らの力でタイトルをもぎ取った。

253

ルプリュフォールが2勝クラスで連勝目論む、鞍上は横山典

前走の1勝クラスは約1年ぶりの実戦にも関わらず、他馬が止まって見える程の豪脚で差し切り勝ちを決めたルプリュフォール。新馬勝ちの時は重賞も狙える素材として注目されていただけに少し遅くなったがここから快進撃を見せて欲しい。

394

76 件