サンデーサイレンス

新着記事

ペルシアンナイトがマイルCSで馬群を割って追い込み3着激走

O.マーフィー騎乗のペルシアンナイトがマイルチャンピオンシップを最後の直線、馬場の真ん中から馬群を縫う様にしてゴール前でダノンプレミアムを強襲する3着入線。これで同レースは3年連続で馬券に絡むリピーターの傾向を見せた。

2,403

トリプルエースがデイリー杯2歳Sで位置取り悪く不完全燃焼

小倉2歳ステークス2着から挑んだトリプルエースは、道中後方のポジションから外を回って伸びるも位置取りの差で4着までが精一杯の競馬だった。距離が延びて折り合いを重視するが余りに、レース運びがおろそかになってしまった。

377

ハギノカエラが2勝クラスでクラス慣れ見込む、成長度No.1

ハービンジャー産駒でメキメキと力を付けて来た感のあるハギノカエラ。前走の北野特別でも+12kgと重め残りの馬体ながら最速の上がりを叩き出して現級でも力上位を示した内容だった。叩いて動き良化の今回こそ確実に仕留めたい。

29

トゥザクラウンがオーロCでOP勝ち目指す、中1週も好舞台

スワンステークスで6着も見せ場十分だったトゥザクラウン。余裕のある馬体で如何にもひと叩きを想定されていた仕上りだったが、陣営の目論みはむしろ今回のオーロカップにあったのだろう。東京コースは3戦2勝と絶好の相性を誇る。

6,733

ヤマニンアンプリメがJBCレディスクラシックを捲って快勝

上がり馬ヤマニンアンプリメがJBCレディスクラシックでもその力を遺憾なく発揮。3コーナーから大逃げするゴールドクイーンを捉えにロングスパートを開始、直線早々に捉えると最後まで脚を使い続け自らの力でタイトルをもぎ取った。

66

ルプリュフォールが2勝クラスで連勝目論む、鞍上は横山典

前走の1勝クラスは約1年ぶりの実戦にも関わらず、他馬が止まって見える程の豪脚で差し切り勝ちを決めたルプリュフォール。新馬勝ちの時は重賞も狙える素材として注目されていただけに少し遅くなったがここから快進撃を見せて欲しい。

305

アーモンドアイが天皇賞秋をインから突き抜け3馬身差の勝利

安田記念からのぶっつけとなったアーモンドアイだが、天皇賞秋ではライバルのサートゥルナーリア、ダノンプレミアムを寄せ付けない走りで楽々と快勝。GⅠ歴代記録の7勝目に王手。現役最強は確定し、後は史上最強の称号を得るのみ。

18,680

フロンテアクイーンが府中牝馬Sで大健闘の2着、展開向いた

府中牝馬ステークスで昨年以上の2着に入り、一応の格好を付けたフロンテアクイーン。道中はラッキーライラックを見る様な形でレースを進め、厳しいラップの中でタフな上がり勝負となったのが幸い。馬場も渋り本馬向きの1戦となった。

212

ダンビュライトが京都大賞典で絶妙な逃げから2着に粘る好走

骨折明けで人気の無かったダンビュライト。京都大賞典では押し出される形の逃げからペースの主導権を握り、直線でも懸命の粘り込みでドレッドノータスの2着を死守。さすがは歴戦の強豪で、混戦時の台頭はまさに本馬の真骨頂だろう。

3,583

74 件