サンデーサイレンス

新着記事

パイオニアプライド(グローバルピース2016)のPOG情報

パイオニアプライドをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

69

チェッキーノが関屋記念で良化、出遅れも末脚は目立つ走り

関屋記念で大外からジワジワ追い込んだチェッキーノ。発馬で立ち遅れて終始外々を回る中での7着なら決して悪い内容では無い。明らかに馬の走りが前向きで、全盛期までは行かずも徐々にパフォーマンスは戻っ来ている印象を受けた。

323

グロンディオーズが信濃川特別を快勝、出世レースで2連勝

注目馬が揃った信濃川特別で2番人気に支持されたグロンディオーズが鮮やかな抜け出しを決め連勝を決めた。2番手追走から直線で早め先頭に立つと最速の脚を繰り出し楽勝。昨年同レースを制したキセキに続き、菊花賞の伏兵候補だ。

95

エルディアマンテが未勝利に出走、そろそろ勝ち上がりたい

これまで3戦、勝ち上がり濃厚と思われていたエルディアマンテが1勝の苦しみに陥っている。新馬戦こそ強烈な走りで能力を示したが、その後の未勝利は精彩を欠いていずれも3着入線。一度立て直し、久々の実戦復帰で勝利を目指す。

1,668

ヴァンランディ(ハッピーパス2016)のPOG情報

ヴァンランディをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

209

カーサデルシエロが500万下に出走、鞍上は母の主戦福永

さすがに2戦目で重賞挑戦はハードルが高過ぎたカーサデルシエロ。一旦、休養を取り仕切り直しで臨む500万下の1戦は、母ダイワエルシエーロのパートナーだった福永祐一騎手だ。意外や意外、母の産駒に乗るのは今回が初となる。

700

トゥザフロンティアが9ヶ月ぶり復帰、500万下では格が違う

トゥザヴィクトリーの直仔、ロードカナロア産駒のトゥザフロンティアが昨年の紫菊賞以来となる約9ヶ月ぶりの実戦復帰に臨む。いずれは重賞戦線で戦うであろう同馬にとって、長期休養明けでもこの500万下で足踏みしていられない。

3,482

ダンスディライト(ダンスインザムード2016)のPOG情報

ダンスディライトをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

200

シロニイがリボン賞で4勝目なるか、降級で楽勝ムード漂う

白毛馬シロニイが降級初戦のリボン賞で勝利を積み重ねるか。前走の東大路ステークスでは中団追走から追い込むも勝ち馬に届かず3着の内容だった。今回、リボン賞のメンバーには他に降級馬がおらずほぼタダもらいの1戦となるだろう。

2,124

ダイワキャグニーがエプソムCで14着大敗、重馬場に泣き失速

エプソムカップで1番人気に支持されたダイワキャグニーだったが、馬場の悪化に対応出来ずよもやの敗退。道中から行きっぷりが悪く、脚元を気にした走りで全く力を出し切れずに終わってしまった。次走以降、良馬場で見直したい。

1,611

ランガディアが1000万下で仕切り直し、重賞まで行ける器

素質馬ランガディアが降級となる1000万下に登場。前走の湘南ステークスでも1番人気に支持されている様にいずれはオープンクラスで活躍する1頭だろう。同じく降級組のライバルを蹴散らして一気に重賞までステップアップしたい。

1,002

エアウィンザーがむらさき賞に出走、降級戦で勝利濃厚か

エアウィンザーが寿ステークス以来となる休養明けの1戦、むらさき賞に臨む。前走は負けたとは言え相手がトリオンフなのだから仕方がない。ここは降級となり格下レベルの馬相手に取りこぼす様な事は無いだろう。勝って元のクラスへ。

6,675

トゥザクラウンが葉山特別で3勝目を狙う、末脚はピカイチ

安定して終いの脚を使える様になって来たトゥザクラウン。近頃は以前よりも前のポジションに付けて競馬が出来る様になり、それが成績にも繋がっているのだろう。今回は初の東京コース、思う存分に決め手を発揮して3勝目を期待。

5,399

ジャンダルムがダービーで伏兵候補、スタートを決めて前進

皐月賞ではまさかの出遅れで大敗を喫したジャンダルム。普段なら決して発馬で遅れる事など考えられないが、やはりGⅠは何が起きるか分からない。とは言え、名手武豊が二度も同じ過ちを犯す訳も無く、スタートで出れば上位進出も。

4,562

38 件