サンデーサイレンス

新着記事

トゥザクラウンが大阪ハンブルクCで2連勝、Hペースも押切る

昇級戦となった大阪ハンブルクカップで1番人気トゥザクラウンが前半33秒1のハイラップを刻みつつ、最後までリードを守りきって粘り勝ちの連勝を飾った。最後はさすがに脚が上がった印象も、この流れを押し切れるあたり地力は高い。

6,179

カウディーリョが山吹賞で2勝目、クラシックに望みを繋ぐ

良血馬カウディーリョが山吹賞を外差し一気の競馬で2勝目を飾った。発馬で立ち遅れて後方からの競馬を余儀なくされたが、直線で一気に前をかわして堂々の内容だった。これでダービーに向けてTRへ駒を進める形は作れただろう。

812

ペルシアンナイトが大阪杯で不完全燃焼の11着、馬場が敗因

前日の雨で泥濘んだ馬場を気にしてか、ペルシアンナイトはまともに走れない競馬であっさり11着と大敗してしまった。デムーロ騎手も回顧で『こんなに負ける馬じゃない』と擁護している様に、今回の1戦はノーカウントで良いだろう。

1,865

エアウィンザーが大阪杯で堂々の5着、初GⅠで上々の内容

上がり馬エアウィンザーが初GⅠとなる大阪杯で掲示板に入る活躍を見せた。真っ向から勝負を挑み、一流馬相手に怯むこと無く5着に入ったのは立派のひと言である。秋にかけてまた成長してくればタイトルが取れるメドは立っただろう。

8,156

トゥザフロンティアが須磨特別で2連勝なるか、前走と同条件

昨年末に久々の2勝目をあげたトゥザフロンティアが昇級戦の須磨特別で連勝と行くか。これまでのツメの甘さを吹っ切る様な快勝ぶりだった前走、今回も阪神開催を待って同条件の舞台で縁起を担ぎたい。鞍上には仕事人の川田将雅騎手。

3,812

ジョーダンキングが甲南Sを早め先頭から圧勝でオープン入り

ダートでは未だ連対を外していないジョーダンキング。昇級戦の甲南Sでも4コーナー手前から一気に仕掛けてロングスパート、直線入り口では早々に先頭へ立って後は後続を引き離す一方の内容で快勝した。砂路線なら相当な活躍を見込む。

53

ブッチーニが未勝利戦を後方から末脚一閃のブッチ切り勝利

シラユキヒメ産駒のブッチーニが、デビュー戦となった未勝利を最後方待機から直線だけで鮮やかに差し切る見事な快勝劇を見せた。キングカメハメハを父に持つ血統で、素軽い走りからも芝でのパフォーマンスを見てみたいところだ。

184

フロンテアクイーンが中山牝馬Sで念願の初重賞制覇を達成

善戦ガールのフロンテアクイーンが、昨年2着だった雪辱を果たす様に見事な抜け出しで初の重賞タイトルを獲得した。乗り替わりで初騎乗の三浦皇成騎手が完璧なエスコート、デビューから15度目の挑戦してようやく悲願を叶えた。

81

ランガディアが大阪城Sで波乱の立役者となるか、能力は通用

前走の中山金杯で8着に敗退しているランガディア。内容だけ見れば初重賞で勝ち馬から0秒3差なら十分に評価して良いだろう。わざわざ北村宏司騎手が継続騎乗で遠征している事を考えれば勝負気配しか感じない。ここは狙って行きたい。

1,174

メールドグラースが尼崎Sを先行抜け出し圧勝、連勝でOP入り

ルーラーシップ産駒のメールドグラースが尼崎ステークスで正攻法の競馬から、人気のセンテリュオ以下をあっさりと負かし昇級戦ながら楽々と連勝を飾った。これで一気に本格化、長距離路線なら重賞でも十分に戦えそうな雰囲気だ。

158

56 件