サンデーサイレンス

新着記事

ブッチーニが3歳上1勝クラスで連勝目指す、圧倒的1人気想定

デビュー戦となった未勝利戦で一気の追い込みを見せたブッチーニ。まるで役者が違う様な走りに、ダートの新星として期待した人も少なくないだろう。続く昇級戦は古馬との初対戦となるも、楽々と突破してくれるシーンしか想像出来ない。

361

アーモンドアイが安田記念で3着惜敗、発馬後に痛恨の不利

ドバイターフ帰りの注目の1戦となったアーモンドアイ。ダノンプレミアムとの2強対決がクローズアップされたが、いずれもスタート時にロジクライの斜行でジ・エンド。直線追い上げるも最後は僅かに届かず、新馬戦以来となる敗戦。

15,821

メールドグラースが鳴尾記念を鮮やかに差し切って重賞V2

新潟大賞典から一気に注目を浴び、鳴尾記念では堂々の1番人気に支持されたメールドグラース。道中も王者たる位置取りで前を見据え、直線だけであっさりと前を飲み込んだ脚はお見事としか言い様が無い。宝塚記念に出ても面白い存在。

518

トゥザクラウンが安土城Sで先行も直線大失速のシンガリ負け

安土城ステークスで2番人気に支持されたトゥザクラウンがまさかの最下位に大敗した。道中はいつも通りのレース運びで進んで行ったが、直線に向いた瞬間に逆噴射。想定外の惨敗に陣営も困惑顔だが、敗因は重賞での激走による反動か。

6,527

ダイアトニックが安土城Sで完勝のOP勝ち、重賞制覇も目前

上昇一途のダイアトニックが、初のオープン戦でタイトルホルダーを寄せ付けず中団から楽に差し切り5勝目を飾った。道中は8番手を追走、いつでも抜け出せる様な手応えで直線を迎えるとリバティハイツ以下をあっさりと下し実力を誇示。

90

ダイワキャグニーがメイSをお得意の先行抜け出しで連覇達成

暫く勝ち星から遠ざかっていたダイワキャグニーが、本来の早め先頭から押し切る競馬でメイステークスを連覇。一旦はスランプに陥っていたが、得意の舞台で見事な返り咲きを見せ初重賞制覇へ望みを繋げた。次はエプソムカップだろう。

1,823

ジョーダンキングが平安Sで内容のある6着、一歩ずつ前進

マーチステークスで重賞初挑戦の8着、続く平安ステークスでは更に6着と着順を上げクラス慣れして来ているジョーダンキング。ある程度の立ち回りが出来ている事から、展開や条件面が上手く重なれば好勝負できる日はかなり近い。

79

ヴァンランディが夏木立賞で叩き合いを競り勝ち貴重な2勝目

ハッピーパス産駒のヴァンランディが昇級2戦目となる夏木立賞で見事勝利。直線ではサトノエルドールとの長い一騎打ちをゴール前でハナ差振り切り2勝目を飾った。秋以降のローテーション編成に向けて非常に重要な勝ち星だっただろう。

837

エアウィンザーが大阪杯で堂々の5着、初GⅠで上々の内容

上がり馬エアウィンザーが初GⅠとなる大阪杯で掲示板に入る活躍を見せた。真っ向から勝負を挑み、一流馬相手に怯むこと無く5着に入ったのは立派のひと言である。秋にかけてまた成長してくればタイトルが取れるメドは立っただろう。

8,196

59 件