クロフネ

新着記事

ビーチサンバがオークスで15着大敗、2400mは長過ぎた

桜花賞5着でオークスでも好走が期待されたビーチサンバ。堅実な走りから上位争いは確実視されていたが、レースでは見る影も無く15着と大きく惨敗を喫している。ただただ2400mというの距離の壁にぶち当たったのだろう。

2,647

クロノジェネシスがオークスで弾き切れず3着、またも惜敗

オークスで最有力候補だったクロノジェネシスが道中ハイペースに巻き込まれ、直線もジワジワとしか伸びず先に抜け出したカレンブーケドールや勝ったラヴズオンリーユーの前に敗れ3着となった。桜花賞に続く2戦連続の銅メダル獲得。

667

ノームコアがヴィクトリアMで差し切り勝ち、レーンお見事

5番人気のノームコアがヴィクトリアマイルで中団から末脚を爆発。ラッキーライラックやアエロリットなどの上位人気勢をまとめて差し切り驚愕のレコードタイムで勝利を飾った。鞍上のレーン騎手は2日間連続で重賞タイトルを獲得。

3,333

カレンモエが500万下も勝利濃厚、昇級戦でもスピード違う

スプリンターとしての資質は日本競馬でも最高レベルの配合と言えるカレンモエ。デビュー戦ではそのポテンシャルを遺憾なく発揮して快勝して見せた。2戦目の昇級戦とは言え、ここで壁にぶつかる様な素材ではない。あっさりと連勝へ。

1,139

ハウナニが4歳上500万下で久々の2勝目、芝で活路を見出す

白毛一族のハウナニが、未勝利勝ちから実に1年半ぶりとなる勝利をまたも芝のレースであげた。父ロードカナロアの影響からか、馬自身の動きも素軽く実にスピード感のある走り。今後も暫くは芝での活躍が期待できる1頭だろう。

1,058

パッシングスルーがフローラSで台風の目、地力なら足りる

新馬戦で後のNZトロフィー勝ち馬ワイドファラオを鮮やかに差し切っているパッシングスルー。続くシンザン記念は敗退しているが、東京戻りで一発の末脚に期待したい。距離延びてある程度前に付けられれば勝機は見えて来るだろう。

1,008

59 件