キングカメハメハ

新着記事

オールフォーラヴがゴール前で差し切りデビュー戦を勝利

ハイレベルな新馬戦で格好を付けたオールフォーラヴ。アロハリリーが先に抜け出した所をゴール直前で測ったかの様に差し切って初戦を白星で飾った。母レディアルバローザが果たせなかったクラシック制覇へ最後の切符をギリギリ購入。

346

ソシアルクラブが阪神JFで8着入線、本格化は来年以降か

ブエナビスタの2番仔ソシアルクラブ。新馬戦のパフォーマンスからキャリア1戦の身で阪神ジュベナイルフィリーズでは5番人気に支持されるも、さすがに好走は難しく8着に終わった。しかし、素質の片鱗は感じられ来年の走りに注目。

4,130

シーリアが折り返しの未勝利戦に登場、鞍上は一族の主戦

シーザリオ産駒で兄にエピファネイア、リオンディーズがいるシーリア。新馬戦は2着に敗退したが、見どころのある内容で叩いた上積み含めて今回はパフォーマンスを更に上げて来るだろう。手綱を取るのは一族を知り尽くす福永騎手だ。

4,423

レイデオロが5年ぶりに3歳馬によるジャパンカップ制覇狙う

今年のダービー馬レイデオロが菊花賞をスルーしジャパンカップ一本のローテーションでビッグタイトル獲得へ。藤沢厩舎からはオークス馬ソウルスターリングとの豪華2頭出し。虎視眈々とその座を狙い、現役最強の名も奪い取りたい。

4,882

アドマイヤキングが萩ステークスに出走、鬼門の1戦を制すか

新馬戦を楽な内容で勝ち上がったアドマイヤキング。間髪を開けずに臨む1戦はオープン戦の萩ステークスだ。同レースは少頭数での施行が多いものの、有力馬が負けるシーンも多く人気馬にとっては鬼門。逆に連勝出来れば未来は明るい。

2,674

POGの隠し玉トーセンブレイヴ、阪神芝2000mで初陣

キングカメハメハ×サンデーサイレンスの王道ニックスであるトーセンブレイヴ。母ギーニョの産駒実績は乏しいが、トゥザヴィクトリーとは全姉妹にあたる。つまり配合自体はトゥザ一族と全くの同血となり、ここで大物が生まれるか??

1,465

神戸新聞杯の過去結果動画と歴代勝ち馬

菊花賞馬のほとんどがこのレースを経由すると言っても過言ではない、神戸新聞杯。過去18年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!

765

ブリスフルデイズが日曜新潟芝2000mの新馬戦でデビュー

ダイナカールを祖母に持つブリスフルデイズが満を持して登場。性格や動き的に距離は長い方が良いという判断で今週の芝2000mに変更して臨んで来た。繁栄ファミリー出身で、父にキングカメハメハ。これで走らない訳が無いだろう。

374

スマートレイブン(レディオーキッド2015)のPOG情報

スマートレイブンをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

428

ロクセラーナ(ライフフォーセール2015)のPOG情報

ロクセラーナをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

643

ダブルフラット(アガルタ2015)のPOG情報

ダブルフラットをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の由来、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

795

ローズベリルが日曜中京新馬戦に戸崎圭太騎手でデビュー!!

ブラックスピネル、モーヴサファイアの下でキングカメハメハ産駒のローズベリルが早くも登場。リーディングの戸崎圭太騎手を鞍上に鮮烈デビューを飾る。血統面はもちろん、調教も抜群でいきなり圧勝のシーンもあって驚けない逸材だ。

1,255

デサフィアンテ(アヴェンチュラ2015)のPOG情報

デサフィアンテをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2017-2018のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

966

日本史上歴代最強馬のランキング【2018年最新】

競馬ニュース.TV独自レーティングによるランキング形式で日本競馬史上歴代最強馬をまとめてみました。RT125以上までを詳しく紹介して振り返ってみましょう。随時レーティング更新しています。

273,864

ディープ産駒が史上最速となるJRA通算1300勝を達成!!

土曜京都10Rは牝馬クラシックへの登竜門エルフィンS(3歳牝・OP)が行われ、ディープインパクト産駒のサロニカが鮮やかな逃げ切りを決めた。この勝利でディープインパクト産駒はJRA史上最速となる通算1300勝を達成した。

680

91 件