キングカメハメハ

新着記事

リバティハイツが京都牝馬Sで絶好調の友一が重賞V2に導く

前走ターコイズステークス2着のリバティハイツが京都牝馬ステークスで躍動なるか。唯一崩れたクイーンステークス以外、マイル以下は全て能力を出し切っている。今回の1400mへ距離短縮は好材料、北村友一騎手がまた大暴れの予感。

1,255

クラージュゲリエが共同通信杯で王者へ挑戦状、鞍上は武豊

打倒アドマイヤマーズの1番手に名乗りをあげたクラージュゲリエ。共同通信杯でマッチアップが予想されるも、キャロットクラブのエース候補として無様な競馬は見せられない。新コンビに武豊騎手を配し、東京の舞台で好勝負を期待。

2,523

ブラヴァスが若駒Sでオープン入り狙う、馬が成長し本格化

エリカ賞は後方から追い込むも逃げたエールヴォアを捉え切れず2着に終わったブラヴァス。しかし、レースぶりには新馬の頃の様なひ弱さが感じられず、心身ともに大きく成長している姿があった。年が明け、若駒Sでその成果を見せる。

3,338

ミッキーロケットが有馬記念でGP連覇だ、鞍上O.マーフィー

前走の天皇賞秋は5着だったミッキーロケット。筋肉痛の影響でジャパンカップを回避したが、あの激戦を考えると逆に有馬記念へ向かった事が幸いするかもしれない。同一年のグランプリ連覇がかかった1戦、O.マーフィーが手綱を取る。

112

レースガーデンが秋明菊賞に参戦、休養明けもエンジン全開

グリュイエールの妹レースガーデンがいよいよ復帰。秋明菊賞で約2ヶ月半程のレースとなるが、兄も久々を全く苦にしないタイプ。仕上がり早でスピードに乗りやすい分、走るスイッチが入るのだろう。M.デムーロが騎乗するのは心強い。

503

エアスピネルがマイルCSで昨年の雪辱なるか、熱発の影響は?

昨年マイルチャンピオンシップで2着だったエアスピネル。今年もマイル路線を中心に使っているが、いまいち結果が伴っていない。大一番を前に軽い熱発を起こしてしまったが、動きを見る限り問題は無さそう。さぁ、昨年のリベンジへ。

162

コパカティが新馬戦で5着敗退、終始折合い欠く気性面に課題

アロマティコ産駒のコパカティが新馬でデビューを果たした。しかし、レースでは終始頭を上げるシーンを見せ若さが露呈。直線に入っても伸びを欠いて掲示板入線がやっとの内容だった。気性が成長すればいずれ走って来る素材だろう。

295

ヴィクトリアピースが黄菊賞で連勝街道へ、兄に劣らぬ素材

新馬戦を快勝、ブラストワンピースの妹で注目度が高まるヴィクトリアピース。休み明け初戦に選んだのは牡馬混合戦の黄菊賞だ。紅一点ながら1番人気が予想され、ここを勝てば一気にクラシック戦線の有力候補へ。鞍上はC.デムーロ。

707

レッドヴェイロンが修学院Sで3連勝へ、オープン入り間近

500万、1000万と楽勝で2連勝中のレッドヴェイロン。GⅠでも3着に入っている馬だけに、行く行くは重賞戦線に名を連ねるだろうが昇級戦の修学院ステークスはもはや通過点に過ぎない。C.ルメール騎手が継続騎乗し確勝級だ。

3,882

120 件