キングカメハメハ

新着記事

ブルーメンクローネが2勝クラスを鮮やかに逃げ切って2連勝

GⅠ馬ブルーメンブラット産駒のブルーメンクローネがダートを舞台に覚醒中。昇級戦となった2勝クラスも危なげない走りで 逃げ切りしっかりと勝ち上がって見せた。内容にもまだお釣りがあり、本格化でオープンクラスは意識したい。

42

ダノンフェイスが武蔵野Sで13番人気3着、230万円の波乱

道中14番手から追い込み勝負に懸けたダノンフェイスが、直線怒涛の末脚を見せて上位2頭に迫る3着に入線。13番人気という低評価だった事から、3連単は何と200万円超えの大万馬券を演出。波乱の主役を務め大きな注目を浴びた。

9

サクセッションがデイリー杯2歳Sで仕掛けどころを誤り6着

2番人気に支持されたサクセッションがデイリー杯2歳ステークスで4コーナー単独先頭の積極的な仕掛けを見せる走り。しかし、その判断が裏目に出て直線は全く伸び切れず掲示板を外す内容で敗退を喫してしまった。鞍上も反省の1戦。

978

グレートタイムが観月橋SでOP入り狙う、鞍上は北村友一

パーソナルレジェンド一族の末裔で、その本線にあたるミラクルレジェンド産駒のグレートタイム。当然ながらダート適性は相当に高く、いずれは重賞でも戦える素材だろう。休み明けをひと叩きして臨む観月橋Sは是が非でも勝ちたい。

29

トゥザクラウンがオーロCでOP勝ち目指す、中1週も好舞台

スワンステークスで6着も見せ場十分だったトゥザクラウン。余裕のある馬体で如何にもひと叩きを想定されていた仕上りだったが、陣営の目論みはむしろ今回のオーロカップにあったのだろう。東京コースは3戦2勝と絶好の相性を誇る。

6,728

ブラヴァスが近江特別で必勝態勢だ、福永騎手へ乗り替わり

前走の北野特別ではまさかの敗戦を喫したブラヴァス。陣営的にも勝って年内にもう1戦消化しオープン入りを目論んでいただけに、まさかの1戦だったろう。スタートを決めて先行するスタイルを身に付けるべく、鞍上は福永祐一騎手。

3,797

レッツゴードンキがJBCレディスクラシックに3年ぶりの登場

鋼の女レッツゴードンキが今年のJBCシリーズでは2016年以来となるレディスクラシックに参戦する。その年はホワイトフーガの2着に敗れてはいるものの、高い砂適性を示しているだけに今回も有力視か。鞍上は地方を知る岩田騎手。

606

レッドヴェイロンが紅葉Sで1年ぶりのトップハンデも快勝

約1年ぶりの実戦復帰、20kgの馬体増で斤量も最重量の57kgと三重苦を背負ったレッドヴェイロン。さすがに勝負所でモタモタする様な運びとなったが、最後はきっちりと前を差し切り好タイムの4勝目を飾った。来春は重賞戦線へ。

3,984

レイエンダが富士Sで鋭く追い込み2着、スミヨンの腕前確か

復活を狙ったレイエンダが、その思惑通りの競馬で直線外から追い込み2着入線を果たした。ムラッ気のあるタイプで馬込みも苦手。それらを理解したテン乗りのC.スミヨン騎手が完璧なエスコートで見事上位へ持って来たのだろう。

11,375

144 件