キングカメハメハ

新着記事

ヴィクトリアピースが小倉1800mの新馬で初戦、兄に続くか

半兄に今年のダービーで人気を背負ったブラストワンピースを持つヴィクトリアピースが小倉の新馬戦に出走。こちらは牝馬で父がヴィクトワールピサに代わり雰囲気もだいぶ違うが、上手く潜在能力を引き継いでいれば同馬も大成可能だ。

152

レースガーデン(ウィンターコスモス2016)のPOG情報

レースガーデンをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

68

チェッキーノが関屋記念で良化、出遅れも末脚は目立つ走り

関屋記念で大外からジワジワ追い込んだチェッキーノ。発馬で立ち遅れて終始外々を回る中での7着なら決して悪い内容では無い。明らかに馬の走りが前向きで、全盛期までは行かずも徐々にパフォーマンスは戻っ来ている印象を受けた。

317

ハルノナゴリ(エレイン2016)のPOG情報

ハルノナゴリをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

82

ハヤヤッコが未勝利を4馬身差で快勝、芝でも戦える素材だ

シラユキヒメ一族の白毛馬ハヤヤッコが芝の未勝利戦を文句なしの勝利で初白星。3番手追走から直線入り口で単独先頭に立つと、そこから軽く追われただけで最速上がりの2着に4馬身差を付ける圧倒的な走りだった。芝で昇級出来るか。

335

ロシュフォールが500万下で最後方から豪脚一閃、2連勝

未勝利戦を勝ち上がって休養明けとなったロシュフォール。見事1番人気に応える走りで2連勝を達成した。道中最後方から直線で目の覚める様な脚を繰り出し、上がり32秒台の驚異的な追い込みで快勝。これは間違いなく重賞級の器だ。

71

エルディアマンテが未勝利に出走、そろそろ勝ち上がりたい

これまで3戦、勝ち上がり濃厚と思われていたエルディアマンテが1勝の苦しみに陥っている。新馬戦こそ強烈な走りで能力を示したが、その後の未勝利は精彩を欠いていずれも3着入線。一度立て直し、久々の実戦復帰で勝利を目指す。

1,666

アルテラローザ(レディアルバローザ2016)のPOG情報

アルテラローザをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

148

ルモンド(ウィステリアアーチ2016)のPOG情報

ルモンドをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

138

ヴァンランディ(ハッピーパス2016)のPOG情報

ヴァンランディをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2018-2019のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

208

レッドヴェイロンが500万下で1倍台に応える走りで2勝目

NHKマイルC3着以来の実戦となったレッドヴェイロンが、500万下で人気に応える勝利。直線外から一気の差し脚で前をまとめてかわし、1分33秒前半の好タイムを記録。行く行くは重賞で戦う馬、ここで足踏みはしていられない。

3,514

レイエンダが松前特別を完勝、無傷の3連勝でいざ秋の舞台へ

函館の準メイン松前特別で圧倒的1番人気のレイエンダが、その期待に応えて盤石のレース運びからあっさりと勝利。デビューから土付かずの3連勝で昇級し、今後はセントライト記念を目標に調整を進める。レイデオロの全弟が遂に覚醒。

8,710

ユラノトがマリーンSを連勝するも鼻出血で放牧、今後は白紙

コイウタ産駒のユラノトが1番人気に支持されたマリーンステークスで完勝の走り。今後に弾みを持たせる好内容だったが、レース中に鼻出血を発症している事が分かった。その後、放牧に出されて予定していたエルムステークスも預けだ。

1,125

91 件