エピファネイア

新着記事

ファーストフォリオが新馬で中団から鋭く伸び叩き合い制す

シーザリオ産駒のファーストフォリオが直線外からディヴィナシオンと並んで豪快に伸び、接戦を制してきっちりと初戦を白星で飾った。父キングカメハメハでリオンディーズと全兄妹にあたり、今後大舞台での活躍が期待される良血馬だ。

1,127

ジャパンカップの過去結果動画と歴代勝ち馬

日本最高峰の格式と最高賞金を誇るビッグレース、ジャパンカップ。過去20年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!

2,513

サートゥルナーリアが天皇賞秋で6着失速、力みとHペースか

3歳の怪物サートゥルナーリアが臨んだ天皇賞秋は、最後の直線で一旦は前に出たかに見られたが半ばから脚が止まってしまい掲示板を外す結果となった。テンションが上がり道中行きたがる仕草と、初のまともなハイペースが原因だろう。

20,111

菊花賞の過去結果動画と歴代勝ち馬

牡馬クラシック3冠目、全馬が未知の距離と遭遇し自身との戦いとなる菊花賞。過去20年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!

1,735

オーソリティが芙蓉Sで文句なしの完勝、2勝目で順風満帆

期待のオーソリティが芙蓉ステークスを完璧な内容で2勝目。道中中団から4コーナーで前を捉え、直線は独り旅の競馬で2着に2馬身以上の差を付ける走り。まだまだ奥がありそうで、これからの成長次第ではかなりの器に成り得る素材だ。

948

神戸新聞杯の過去結果動画と歴代勝ち馬

菊花賞馬のほとんどがこのレースを経由すると言っても過言ではない、神戸新聞杯。過去20年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!!

1,140

ネクサスアルカナムが新馬戦に登場、近親にはGⅠがズラリ

祖母はアドマイヤグルーヴ、近親にドゥラメンテなどがいるダイナカール一族の末裔ネクサスアルカナム。父にはシーザリオ産駒のエピファネイアと、日本競馬の結晶とも呼ぶべき超良血馬がその姿を遂に現す。初戦はダート1200m。

401

新種牡馬産駒の期待馬ファートゥアが新馬でその走りを披露

今年最大の注目と言っても良いエピファネイア産駒。その中でも早めのデビュー組で高評価なのがこのファートゥアだ。母は重賞戦線で活躍したアロマティコ、母系も優秀で父の産駒を語るには十分と言って良い素材。その走りに刮目せよ。

700

カイザーライン(アヴェンチュラ2017)のPOG情報

カイザーラインをPOG指名の目線で徹底分析◎馬体診断、血統背景評価、デビュー前評判、馬名の意味、編集部の短評まで。気になる要素を完全網羅した必見の記事!?2019-2020のPOG馬指名の参考情報としてお役立て下さい!!

997

アーデンフォレストが千両賞で2勝目なるか、鞍上は北村友一

折返しの未勝利戦を相当なパフォーマンスで完勝したアーデンフォレスト。新馬戦より更に動けていた事から叩き良化型のタイプと判断する。そうなれば今回の千両賞が3戦目で一番の走り頃だろう。強敵は多いが、勝てばクラシックも視野。

858

新種牡馬の種付け料【POG2019‐2020】

2019年産駒デビュー予定の新種牡馬を簡単な一覧にしてまとめてみた。キズナやエピファネイア、ゴールドシップにワールドエースなど多種多様な父馬がズラリと並ぶ豪華な年度である。ここからPOG指名や一口出資の参考にどうぞ。

4,012

日本史上歴代最強馬のランキング【2019年最新】

競馬ニュース.TV独自レーティングによるランキング形式で日本競馬史上歴代最強馬をまとめてみました。RT125以上までを詳しく紹介して振り返ってみましょう。随時レーティング更新しています。

340,671

リオンディーズが浅屈腱炎で神戸新聞杯を回避、今年は全休

昨年の2歳チャンピオンで今年のクラシックでもマカヒキなどを相手に活躍したリオンディーズが浅屈腱炎を発症。来週に出走予定していた神戸新聞杯は回避。全治については9ヶ月以上を要す見込みで、暫くターフから姿を消す事となった。

727

22 件