ウォーエンブレム

新着記事

シンハリングが待望の新馬デビュー、DMMの今年の目玉

シンハリーズ一族の末裔、シンハリングが遂に初陣を迎える。数々の重賞活躍馬を送り込むファミリーの派生系として、ウォーエンブレム肌の母シンハディーパには繁殖での活躍が期待されている。ダイワメジャー産駒なら先ず外れは無い。

380

スカーレットカラーがクイーンSで直線鋭く伸びて僅差の2着

前走のマーメイドステークスと似た様な競馬でクイーンステークスも好走を果たしたスカーレットカラー。馬群に怯む事なく、直線グングン加速するとゴール前で粘るミッキーチャームにクビ差まで迫っての2着。初重賞制覇の日も近い。

169

マルーンエンブレムが壇ノ浦特別で3勝目へ、54kgが課題

藤田菜七子騎手とのコンビで注目が集まるマルーンエンブレムが、小倉開催初日のメインレース壇ノ浦特別で1000万クラス卒業を目指す。これまでは平場で斤量が恵まれて来たが、新馬で負けて以来の54kgでどこまで競馬が出来るか。

671

ウォーエンブレムが念願の去勢成功!?

 2015年7月23日に種牡馬引退が決定され、同年10月10日にアメリカに戻ったウォーエンブレム(17歳)は、現在、ケンタッキー州の「オールドフレンズファーム」で功労馬として余生を送っているが、去勢手術を受けたという報告があった。

1,815

7 件