中央競馬

新着記事

アマルフィコーストが函館日刊S杯を2着、完全復調でV目前

3歳牝馬のアマルフィコーストが函館日刊スポーツ杯で古馬相手に堂々逃げ粘って2着と好走。この北海道シリーズで尻上がりに調子を上げており、次こそは勝利を手にしたい所だ。春の不運を引きずらない為にも秋に向け3勝目が欲しい。

599

アドマイヤマーズが中京2歳Sを楽勝、世代初の2勝目を飾る

土曜に行われた中京2歳Sは1番人気のアドマイヤマーズが直線独走、2着エイシンゾーンに3馬身差を付ける圧倒的な走りで2勝目を飾る。巧みなレース運びで主導権を握ると、最後は抑える余裕のフィニッシュで格の違いを見せ付けた。

430

レイエンダが松前特別を完勝、無傷の3連勝でいざ秋の舞台へ

函館の準メイン松前特別で圧倒的1番人気のレイエンダが、その期待に応えて盤石のレース運びからあっさりと勝利。デビューから土付かずの3連勝で昇級し、今後はセントライト記念を目標に調整を進める。レイデオロの全弟が遂に覚醒。

8,696

カーサデルシエロが500万下に出走、鞍上は母の主戦福永

さすがに2戦目で重賞挑戦はハードルが高過ぎたカーサデルシエロ。一旦、休養を取り仕切り直しで臨む500万下の1戦は、母ダイワエルシエーロのパートナーだった福永祐一騎手だ。意外や意外、母の産駒に乗るのは今回が初となる。

700

ラストプリマドンナが白河特別で2連勝狙う、末脚は強化中

前走の500万下では後方から一気の追い込みを決め鮮やかな2勝目をあげたラストプリマドンナ。あの決め脚は明らかに地力が付いて来ている証拠で、展開に左右される反面ハマれば上のクラスでも十分に戦えるだろう。連勝で勢いを。

543

リナーテがSTV杯で函館2連勝なるか、1200m戦で覚醒も

前走、函館の500万下を力の差で楽に勝ち上がったリナーテ。気性が落ち着き安定したパフォーマンスを発揮出来つつあるのは本格化の兆しだろう。STV杯で連勝を飾れば一気に短距離重賞への挑戦も見えて来る。鞍上は藤岡康太騎手。

2,837

メイズオブオナーがマレーシアCに登場、牡馬相手に力試し

上がり馬メイズオブオナーがマレーシアカップに出走、これまでほとんど牡馬との対戦経験が無く古馬になってからは初の混合戦となる1戦だ。力を付けた今なら対等に戦えるだろうが、逆にここをあっさり勝つようなら秋の飛躍は近い。

863

トゥザフロンティアが9ヶ月ぶり復帰、500万下では格が違う

トゥザヴィクトリーの直仔、ロードカナロア産駒のトゥザフロンティアが昨年の紫菊賞以来となる約9ヶ月ぶりの実戦復帰に臨む。いずれは重賞戦線で戦うであろう同馬にとって、長期休養明けでもこの500万下で足踏みしていられない。

3,480

ルヴァンスレーヴがJDDを制覇、3歳のダートチャンピオンに

砂の怪物候補ルヴァンスレーヴが1番人気のジャパンダートダービーをあっさりと完勝、全日本2歳優駿に続いてGⅠタイトルを2つ目に伸ばした。これで同世代の統一は達成し、秋はジャパンカップダートで現役最強の座をかけて挑む。

2,281

ユラノトがマリーンSを連勝するも鼻出血で放牧、今後は白紙

コイウタ産駒のユラノトが1番人気に支持されたマリーンステークスで完勝の走り。今後に弾みを持たせる好内容だったが、レース中に鼻出血を発症している事が分かった。その後、放牧に出されて予定していたエルムステークスも預けだ。

1,125

ルナステラが500万下で惜敗の2着、内容は勝ちに等しい走り

ルナステラが連勝を狙った500万下で番手から逃げ馬を直線捉えてゴールする寸前、ディメンシオンに差し切られ惜しくも2着に敗れる。しかし、レース自体はほぼ主導権を握った形で完勝一歩手前を考えれば次の1戦は問題ないだろう。

2,176

497 件

関連タグ