中央競馬

新着記事

レーヴドリーブが信濃川特別で4着敗退、牡馬の壁は厚く

期待されたレーヴドスカー一族の末裔レーヴドリーヴが信濃川特別で馬券圏内に入れず4着に敗れた。レース運びは問題なく、直線で懸命に伸びるも古馬や牡馬の走りが勝ってクラスの壁にぶつかった感じだろう。慣れればじきに勝機も。

2,215

トリオンフが小倉記念を圧勝のレコードV、武豊も絶賛しきり

小倉巧者のトリオンフが小倉記念で他馬を相手にしない問答無用の走りで重賞2勝目。番手からあっさり突き抜けて快勝し、鞍上の名手武豊をして納得のレース内容だった。今後は秋の大舞台に向けて更なる成長を見せトップクラスに挑む。

758

ミディオーサが未勝利戦を快勝、余裕の抜け出しで素質全開

折返しとなった新潟の未勝利戦で1番人気に支持されたミディオーサが快勝。道中、先行集団の外目を追走し、直線では早め先頭の競馬でライバルたちを難なく撃破した。マイルも余裕の走りで距離は持ちそうな予感。クラシックも視野に。

1,103

エルディアマンテが未勝利に出走、そろそろ勝ち上がりたい

これまで3戦、勝ち上がり濃厚と思われていたエルディアマンテが1勝の苦しみに陥っている。新馬戦こそ強烈な走りで能力を示したが、その後の未勝利は精彩を欠いていずれも3着入線。一度立て直し、久々の実戦復帰で勝利を目指す。

1,668

グラナタスが2歳未勝利に出走、距離が伸びて更に前進可能

前走の新馬戦で1番人気ながら4着に敗れたグラナタス。十分な間隔を開けてじっくりと調整、ひと叩きしてパフォーマンスの向上も見込めるだろう。メンバーにベルクワイアとミディオーサの強敵2頭が出走するが、負かせるのは同馬か。

113

フローレスマジックが道新スポーツ賞で2着、相手が一枚上手

道新スポーツ賞で人気を背負ったフローレスマジックが2番人気テラノヴァに出し抜けを喰らい2着敗退。早め先頭から押し切る形となったテラノヴァに対してやや仕掛けが遅れ差し損ねたが、上手く立ち回られただけで悲観する必要無し。

2,737

ソウルスターリングがクイーンSで3着、復活の気配示した1戦

元女王ソウルスターリングが北の大地で復調の走り。クイーンステークスで終始、前を捉えに行く気鋭を見せ4コーナーでは先頭へ。そこから粘り腰を見せて3着と好走し久々に馬券圏内に入った。秋の舞台に向けてGⅠ馬の逆襲が始まる。

4,105

イシュトヴァーンが500万下を快勝、ダートで無敗の2勝目

ドナウブルーの初年度産駒イシュトヴァーンが3歳上500万下を逃げ切り勝ちで2勝目を飾った。着差こそ無いものの、完全な負けレースを根性で盛り返して差し返している辺り、ダート戦では相当な能力を感じる走り。今後も注目だ。

1,133

コントラチェックが未勝利戦を7馬身差快勝、戦線に名乗り

良血馬コントラチェックが折返しとなる未勝利戦を逃げて後続に大きな差を付ける走りで楽勝、札幌の地で1勝目をあげた。上にバウンスシャッセ、ムーンクエイクがいる血統で同馬も重賞ホルダーの仲間入りとなるか。クラシック候補。

1,623

カルリーノが函館2歳Sで惜しい3着、今後の成長に期待

3番人気に支持された函館2歳Sで積極的な競馬を見せ馬券圏内に入ったカルリーノ。脚の使い所が難しい馬ではあるが、持っているものは非凡な1頭だろう。これからは距離延長でどこまでパフォーマンスを維持出来るかに注目が集まる。

15

ラブミーファインが函館2歳Sを2着、600m短縮も何のその

距離短縮が嫌われ7番人気の低評価を受けたラブミーファインが、その不安を一蹴する走りで駆け抜け函館2歳ステークスを2着。とは言え、4cmの大接戦の末の敗退で実質は勝ちに等しい内容。今後の活躍が非常に楽しみな1頭である。

70

499 件

関連タグ