中央競馬

新着記事

ソルドラードが未勝利戦で背水の陣、チャンス残り僅か2戦か

前走長期休養明けの未勝利戦で大敗を喫したソルドラード。とは言え、大幅な馬体増に加えて出遅れ、不良馬場と全くポテンシャルを発揮出来ないままレースは終わってしまった。ひと叩きされて気配も上昇、今度こそ初勝利を決めたい。

2,054

ビアンフェが函館2歳S向きの血統、姉弟制覇へ抽選突破だ

姉に2015年函館2歳ステークス勝ち馬ブランボヌールがいるビアンフェ。父に新種牡馬キズナを掛け合わせた、ノースヒルズの結晶とも言える血統馬である。新馬では接戦を勝利、抽選もクリアして強い運を持っている有力馬候補だ。

71

ラインベックが中京2歳Sで2勝目狙う、中2週も疲れ無し

先の新馬戦を快勝した超良血馬ラインベック。楽な内容でレース後の調整も順調な事から、ローテーションは詰まるものの中京2歳ステークスに駒を進めて来た。早めに賞金を加算しておきたい陣営の思惑通り、2勝目を飾る事は出来るか。

1,547

レッドヴェイパーが函館2歳Sで中心の1頭、持ち時計No.1

函館2歳Sと同舞台の新馬を完勝して来たレッドヴェイパー。時計も出走メンバー中トップで、しかもそれが稍重馬場でマークしているから尚評価が高い。安田隆行厩舎の勢い、鞍上に北村友一騎手と揃って強力な布陣だ、勝ち負けは堅い。

94

ジャンダルムが中京記念でGⅠ2着の意地見せる、鞍上は藤井

昨年秋はまるで良いところがなかったジャンダルム。今年も東京新聞杯で大敗を喫しているが、陣営はしっかりと立て直しの期間を設け、じっくりと調整を続けて中京記念へぶつけて来た。鞍上の藤井騎手もGⅠ2着馬に乗れるのは有り難い。

4,886

エントシャイデンが中京記念で伏兵視、高配当の一発あるぞ

重賞の壁にぶつかっているエントシャイデンだが、GⅢクラスならまだ勝機は見い出せる。追い切りの動きも良く、ハンデ戦で上位人気勢も絶対的な存在はいない。中谷雄太騎手が上手くレースを見極めれれば、一気に頭まであって良い。

2,324

グルーヴィットが中京記念で巻き返しなるか、好調キープ

NHKマイルカップではやはり少し足りなかったのか10着と大敗を喫したグルーヴィット。以前、臨戦態勢は解いておらずそのまま中京記念で初タイトルを目指す。追い切りもキビキビとしており体調は以前良い、3歳で斤量有利を活かす。

1,470

ロードクエストが中京記念で復活の狼煙、鞍上はM.デムーロ

不完全燃焼の競馬が続いているロードクエスト。2走前は不利、前走はGⅠでまともに戦えずと決して悲観する内容ではない。今回は中京の広々としたコースにM.デムーロ騎手が騎乗。最後の直線で末脚が爆発しても何らおかしくはない。

198

カテドラルが中京記念で古馬撃破だ、53kgなら断然有利

NHKマイルカップでは馬場の内側からグングン追い込み、アドマイヤマーズ、ケイデンスコールと接戦を演じたカテドラル。 マイル路線に転向してからの活躍は目を見張るものがあり、古馬との初対戦とは言え勢いで一気に重賞獲得へ。

3,016

バンクショットが3歳未勝利を6馬身の大差で逃げ切り勝ち

バプティスタ産駒のバンクショットが、ダート替わり後3戦目で圧勝の初白星を飾った。単勝1.4倍の支持を受けプレッシャーがかかっての逃げでも問題なし。砂適正の高さは相当で、父トーセンジョーダン産駒の中では異例の出世を期待。

39

ロジャーバローズが凱旋門賞に挑戦、前哨戦はニエル賞か

今年の日本ダービーを制したロジャーバローズが凱旋門賞へ向かう。同厩の先輩キセキと共に海外参戦となるが、何と言っても厩舎は百戦錬磨のチーム角居である。今月の20日に出国し、9月のニエル賞で先ずはヨーロッパ競馬を初体験だ。

1,244

キセキが20日に出国、凱旋門賞前にフォワ賞でひと叩きか

宝塚記念2着のキセキが凱旋門賞へ向けて今月の20日日本を出発する。9月15日のフォワ賞でひと叩きしてから本番へ向かう予定だ。僚馬で共に遠征する日本ダービー馬ロジャーバローズは同日のニエル賞との事。角居厩舎の挑戦は続く。

5,416

トレミエールが東京の新馬戦に意欲の遠征、兄姉はGⅠ馬2頭

上にサダムパテック、ジュールポレールがいる良血馬トレミエール。栗東の西園厩舎所属だが、適正の舞台を求めて東京の新馬戦に出走して来た。ハーツクライ産駒だけに長く良い脚を使うタイプだろう、初戦から素質全開の走りを期待。

183

861 件

関連タグ