デビュー&引退

新着記事

ジャミールフエルテが同世代の新馬戦で勝ち名乗り第1号!!

C.ルメール騎乗のジャミールフエルテが2016年産駒の新馬戦で最初の勝ち馬となった。道中はインの先行集団を追走すると、直線確かな手応えで前をかわし余裕のある脚色でゴール。上にはアンタラジー、エクレアスパークルがいる。

145

ジョディーが関東の新馬一番乗り、逃げ切りVで後続を圧倒

2番人気に支持されたジョディーがスタートからハナに立ちレースの主導権を握ると、迫るウインゼノビア以下に影を踏ませぬ走りで快勝。ダイワメジャー産駒が東京の新馬戦で存在感を示す様に初陣を飾った。姉は2戦2勝のレーツェル。

143

ジンゴイストが芝2000mの未勝利戦に登場、兄は海外GⅠ馬

ドバイターフを制したリアルスティールの半弟ジンゴイストが遂にターフへ姿をお披露目。父がハーツクライに変わり距離適性のレンジが長くなった事で、春はともかく目指すは秋の菊花賞だろう。1億で募集された素質馬の初戦は如何に。

895

リンフォルツァンドが京都芝2000mの新馬戦でデビュー

角居厩舎からまたしても大物候補が初陣に臨む。ローズステークスを制したタッチングスピーチの全妹リンフォルツァンドが満を持して登場だ。血統的に遅咲きの一族だけに春のクラシックに間に合うかはこの初戦次第。鞍上は浜中俊騎手。

874

オルトシアが日曜京都の新馬戦に出走、母はダートの女王

2013年のJBCレディスクラシックを圧勝、その他の牝馬交流重賞も総ナメしたメーデイアの初仔にあたるオルトシア。父にディープインパクトを迎え芝専用機となって新馬戦に登場だ。鞍上は母の主戦も務めた浜中俊騎手がスタンバイ。

223

オールフォーラヴがゴール前で差し切りデビュー戦を勝利

ハイレベルな新馬戦で格好を付けたオールフォーラヴ。アロハリリーが先に抜け出した所をゴール直前で測ったかの様に差し切って初戦を白星で飾った。母レディアルバローザが果たせなかったクラシック制覇へ最後の切符をギリギリ購入。

347

カザンが新年最初の新馬戦に登場、大物が期待のデビュー

現3歳世代でも一際注目を浴びていたカザンが遂に初戦を迎える。新鋭の馬主キーファーズから2億越えの高額で取り引きをされた逸材の姿がベールを脱ぐが、果たして一体どんな走りを見せてくれるのだろうか。鞍上はもちろん武豊騎手。

4,819

シエラが阪神芝1800mの新馬戦デビュー、半兄は重賞2勝

兄に重賞2勝のアルバートドックを持つシエラが満を持して登場。ロックディスタウンやラッキーライラックなどを輩出するオルフェーヴル産駒にまた新たな大物出現となるか。須貝尚介厩舎期待の1頭、川田将雅騎手が手綱を取る。

1,024

ウィキッドアイズが東京の新馬戦でデビュー、兄に重賞馬

半兄にホープフルSを制したハートレーがいるウィキッドアイズが初戦を迎える。先に重賞を制しているロックディスタウンとラッキーライラックに続いてオルフェ3頭目となる牝馬の有力候補へ名乗りを上げたい。鞍上はシュミノー騎手。

1,106

ミルコメダが芝の新馬戦に登場、兄はあのダートの強豪馬

兄にダートGⅠ9勝の名馬、ヴァーミリアンを持つミルコメダが新馬戦に登場。初戦は芝での走りを拝見する事になるが、父エイシンフラッシュという血統からも適性は高いだろう。しかし、やはり何と言っても砂での活躍が待ち遠しい。

917

トーセンアルタイルが伝説の新馬戦でデビュー、兄は5勝馬

全兄に先の京都大賞典で2着に入ったトーセンバジルがいるトーセンアルタイル。菊花賞当日の新馬戦は“伝説の新馬戦”と呼ばれており、その中でも人気を集めそうな有力馬だ。初戦の走り次第では一気にクラシックの有力候補となる。

563

177 件

関連タグ