競馬ニュース.tv 編集部

記事

中央競馬 GⅠ 2018年 結果 まとめ

2018年に中央競馬で施行された全GⅠレースのまとめ。昨年は大阪杯とホープフルステークスが新たに加わって合計23レースとなっているが、それら全ての内容を網羅し回顧記事として振り返りたい。今後にお役立てを、随時更新中。

1,209

エリザベス女王杯 2018年 結果 動画

J.モレイラ騎乗のリスグラシューが完璧なレース運びで同世代のライバル以下を一蹴、悲願のGⅠタイトル奪取となった。2着に前年と同じくクロコスミアが逃げ粘り、3着にディフェンディングチャンピオンのモズカッチャンが入線。

432

福島記念 2018年 結果 動画

マルターズアポジーがハイペースで飛ばす中、上位人気3頭が先行する展開。直線に入ってスティッフェリオが悠々抜け出すと、マイスタイル&エアアンセムを引き連れて順当な決着となった。ハンデ戦ながら3連単は1万円を切る低配当。

105

デイリー杯2歳ステークス 2018年 結果 動画

超スローペースに持ち込んだアドマイヤマーズがデビューから無敗の3連勝で重賞初制覇。番手から叩き合いに持ち込んだ牝馬のメイショウショウブが2着、3着にハッピーアワーが入線。ダノンジャスティス、ドナウデルタはあえなく撃沈。

179

武蔵野ステークス 2018 結果 動画

1番人気サンライズノヴァが出遅れながらも大外から豪快な追い込みで他馬を差し切って2つ目の重賞タイトルを獲得。賞金を加算し次の本番へ向かうか。2着は展開がハマったクインズサターン、3着に粘り込んだナムラミラクルが入線。

178

ポルトラーノが未勝利に出走、クラシックへ絶対勝利が条件

良血馬ポルトラーノが折り返しの未勝利戦に登場だ。逆算するにも、ここを負けている様ではローテ的にもそうだがさすがに上のクラスに行って好走は難しい。クラシック戦線に乗る為、あっさりと勝ち上がる事が絶対条件となる1戦。

1,565

ヴィクトリアピースが黄菊賞で連勝街道へ、兄に劣らぬ素材

新馬戦を快勝、ブラストワンピースの妹で注目度が高まるヴィクトリアピース。休み明け初戦に選んだのは牡馬混合戦の黄菊賞だ。紅一点ながら1番人気が予想され、ここを勝てば一気にクラシック戦線の有力候補へ。鞍上はC.デムーロ。

625

レッドヴェイロンが修学院Sで3連勝へ、オープン入り間近

500万、1000万と楽勝で2連勝中のレッドヴェイロン。GⅠでも3着に入っている馬だけに、行く行くは重賞戦線に名を連ねるだろうが昇級戦の修学院ステークスはもはや通過点に過ぎない。C.ルメール騎手が継続騎乗し確勝級だ。

3,808

スティッフェリオが福島記念で重賞初Vのチャンス、本格化

札幌記念で4着だったスティッフェリオが福島コースで躍動するか。ステイゴールド産駒でようやく力も覚醒、社台レースホースで期待された注目馬が遂に重賞初勝利の舞台にまで上り詰めた。鞍上は3戦2勝と好相性の丸山元気騎手。

681

ユラノトが武蔵野Sで重賞初Vへ、鼻出血の影響も問題無し

前走後に鼻出血、その後放牧に出されて立て直しを図っていたユラノト。ようやく態勢も整い、重賞初勝利を目指して武蔵野ステークスに登場だ。近5走で4勝、前走は後の重賞馬ハイランドピークを負かしており勢いは十分過ぎる程だ。

1,307

1,248 件