馬体診断

 
レイズアンドコール2014 ♂ (馬名:モンドキャンノ)

レイズアンドコール2014 ♂ (馬名:モンドキャンノ)

父馬:キンシャサノキセキ
母馬:レイズアンドコール
母父:サクラバクシンオー
所属:安田隆行厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:ユアストーリー
via google imghp
 
画像は当歳の頃のもので参考にならないが、血統面から見ても間違いなく生粋のスプリンターだろう。マイルまで持つかどうかくらいの短距離配合であり、厩舎としてもロードカナロアの後継者として期待している馬。既にデビュー戦を快勝→函館2歳Sを2着と早くも結果を出しており、今後の活躍が期待される。
 

血統構成

 
キンシャサノキセキ フジキセキ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ミルレーサー Le Fabuleux
Marston's Mill
ケルトシャーン Pleasant Colony His Majesty
Sun Colony
Featherhill Lyphard
Lady Berry
レイズアンドコール サクラバクシンオー サクラユタカオー テスコボーイ
アンジェリカ
サクラハゴロモ ノーザンテースト
クリアアンバー
モーリストンベル Herat Northern Dancer
Kashan
Barkerville Belle Ruthie's Native
Celebrity Belle


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
特に強調材料がない血統。バクシンオー×キンシャサでスプリント確定かともおもうがどちらも血統的には長距離でもいきてくる血統でもあるので何ともいえないが血統的な魅力は全くない。
 

前評判

 
安田隆行調教師曰く、デビュー前には『短距離向きですね。仕上がりが早く、最初から力が出せそうです』との評価だった。2014年の当歳セレクトセールでは1500万円で取り引きされている。この時点で自身の落札額より賞金を稼いだ事になるので馬主孝行の馬。短距離向きではあるが、父・母父共に成長力があるのでまだまだ伸びしろも十分だ。
 

馬名の由来

 

モンドキャンノ

 
【意味】…世界(仏)+知ることが出来る=世界を知ることが出来る

ワールドワイドに活躍をして欲しいという想いからのネーミング。現時点の走りを見る限り、成長力次第では重賞の2つや3つは確実に取れるだけの能力は感じられる。ユアストーリーの代表馬となれるか。
 

編集部内の評価

 
函館2歳Sで負けはしたものの、走りはダイナミック且つコンパクトにまとまっている。完成されつつも、まだまだ走りに余裕を感じられギアはもう少し上を隠し持っていそうな感じ。クラシックとは無縁だが、それでも指名していたら期間中はかなり楽しめそうな馬。これを指名出来た人はある意味で相当な相馬眼がある。(田中)
 
個人的にはこの活躍をうけても指名する事は考えない。兄弟が走っていない時点でPOGの選択候補としては、結果どうあれ向かないと言える。(大川)

関連記事

関連タグ

著者