スロースターターなのか…

 

人気(22.12.5.9)

 

着順(2.8.2.36)

 
上記数字は戸崎圭太騎手の2017年本成績である。

人気、着順の項目共に左から(1.2.3.4以下)を示しているが、ご覧の様に開催5日間で実に22回も1番人気の馬に騎乗しているのだ。計47鞍の内の約半数にもおける回数でその状況だが、前年の実績で照らし合わせてみると少なくとも7~8勝はしておかなければならない計算になる。

しかし、実際はどうだろう??何とリーディング10位以内にも入れずたったの2勝止まりなのだ。前述にもあるが、取り分けその中でも際立っているのが1番人気の馬では22連敗中と言う絶不調ぶり。元々、立ち上がりは遅めのタイプにしてもこれはさすがにひど過ぎる。

前年夏場に見せていた快進撃は2016年末を境にピタリと終わってしまったのか…。
 

確たる原因は??

 
そもそも、昨年こそ1月は18勝と奮闘したが2014年は6勝、2015年は8勝と他のリーディング上位の騎手と比較すると滑り出しとしては余り良くない成績である。基本的に各シーズンのスタートが遅いタイプの性格でありそうだが、それ以上に響いているのが昨年末のよもやの快進撃が影響していると思われる。

と言うのも、11月末に入るまでほぼほぼリーディングは確定の位置にいたのが12月に入り本人の不調&2位ルメール騎手の大活躍で一時は逆転。そのまま最終週に入ってしまい3年連続のリーディングは潰えたかに見えたが、何と最終の2日間で奇跡の5連勝を達成するなど再逆転に成功。何と、戸崎騎手の意地の巻き返しで見事にリーディングの座を奪い返して見せたのだ。
 
昨年末の有馬記念後にルメール騎手と健闘を称え合う戸崎騎手

昨年末の有馬記念後にルメール騎手と健闘を称え合う戸崎騎手

たった1勝差の激闘を最終週まで繰り広げた2人。有馬記念をサトノダイヤモンドで制した直後ではあるが、ルメール騎手が少し悔しそうな表情をしているのが印象的だ。一方の戸崎騎手は満面の笑みを浮かべ非常に喜んでいる様子である。
via google imghp
 
つまり、オリンピック選手などによく見られる“燃え尽き症候群”の一種みたいなものではないかと筆者は推測する。さすがに、ずっと追い掛けられるプレッシャーは相当なものだっただろうし、それが一度は先を越されるとモチベーションも下がりズルズルと成績低下するのが普通の人間。しかし、戸崎騎手は更に集中力を高め最後の最後で盛り返すのである。これは並大抵の事では無い。スポーツをかじっていた人なら少なからず共感して頂けると思う。それが日本一を争う中での事なら尚更、心身共にかなりの消費があったと思われる。

その後、短期間ながらも競馬の事から離れられる正月休みで激闘の疲れを癒やし、一瞬気持ちが途切れたのかもしれない。そうなれば、もう一度万全の状態に持って行くまでにはちょっとやそっとの切り替えでは難しい。それが数日間の開催で騎乗しただけでは無理だろう。常識的に考えても、やはり1ヶ月単位でのシフトチェンジが必須となり、ここから復調するのはもう少し時間が掛かるのではないかと予想される。
 
昨年は怒涛の重賞連続連対記録を“10”に更新

昨年は怒涛の重賞連続連対記録を“10”に更新

7月のラジオNIKKEI賞をゼーヴィントで勝利したのを皮切りに、9月のセントライト記念で同じくゼーヴィントで2着に入線するまでの重賞騎乗機会10戦を全連対。中には6番人気の馬などもおり、驚異的な好調ぶりを長期間キープしていた。

※画像左のオレンジ帽
via google imghp
 

ネット上の声

 
1倍台の馬を5連続で飛ばすとかすげーわ
本当に腕悪かったのに馬質で誤魔化してたんだろうな

こいつ毎年一月ひどいけど、今年は特に酷いな

過剰人気ばかりで可哀想

福永はまだ複勝圏内に持ってくる事が多いが戸詐欺はサッカーの宇宙開発みたいに飛ばす

自分が上手いと勘違いしてる、とんでもないバカ野郎だな
全ては馬質のお陰なのに

スーパージョッキー戸崎さんが乗るだけで駄馬でも人気しちゃうからね
辛いところだよ

過剰人気でも勝たせるのが本当に上手いジョッキー
過剰人気で勝てなきゃただの凡ジョッキーだろ
アホが!

戸崎の一番人気馬に、ぶっこみ続けてる人がいたら悲惨すぎる

武の大連敗も6〜7割は2,3着だったそうな
しかしこいつは4着以下に飛ばしすぎ
 

まとめ

 
以上の様な推察に至るが、ネット上ではこれらの事から名前をもじって“戸詐欺”とまで言われている始末だ。

プライベートなどの映像を見る限り、とても紳士的で好印象でしか無い騎手だけに余り叩かれているのは嬉しくない現状である。本人は何にも気にしていないとは思うが、ファンもアンチも全員が何の文句も言えない様な圧倒的な好成績を残せる様、いち早く全盛期の頃の状態に戻って欲しいと願うばかり。

単純に昨年夏は戸崎騎手でたくさん美味しい思いをしたと言う事実を心に閉まっておく事にして…w

関連記事

関連タグ

著者