8月22日に札幌記念が開催された札幌競馬場の指定席が、"ソダシ効果"でプラチナチケットとなりました。

座席数が1362であるのに対し、申し込みは1万7514人。
当選倍率は12.9倍で、20年9月30日に有観客開催を再開してから5番目の高倍率となりました。
また、パドックにもおよそ1000人もの人が集まり、大盛況となりました。
伝統のGIIレースとは言え、GI並みの競争率に達したのは「白毛のアイドル」ソダシが参戦したことが大きく影響したようです。

JRAはこれまで、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、競馬場の指定席をインターネットによる事前購入者(抽選)限定で段階的に入場を再開してきました。
入場制限下での当選倍率1位は、15年ぶりの無敗クラシック三冠がかかったコントレイルが出走した菊花賞(20年10月25日)で、23.1倍。
今年に入ってからは、日本ダービー(5月30日)が17.5倍で、今回の札幌記念はそれに次ぐ2位の競争率となりました。

関連記事

著者