ローズS

 
レッドアヴァンセ 牝3歳

レッドアヴァンセ 牝3歳

父馬:ディープインパクト
母馬:エリモピクシー
母父:ダンシングブレーヴ
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:東京ホースレーシング
via google imghp
 

レッドアヴァンセが4着以下に沈む確率 55%

 
【レッドアヴァンセ】
不向きな距離と思われたオークスでも最後まで懸命に伸び続けていた様に元々の地力はやはり高い。今回、1800mの距離短縮でより能力が発揮されるという期待の方が大きくなるだろうが、それも馬体重が戻っていればの話だ。新馬戦からオークスまでずっと馬体重が減り続けていた事が悩みだっただけに、今回の休養でむしろ大幅な馬体増をしておかないと好走も難しくなる。

休み明けで体重がマイナスであれば思い切って消せば良いし、仮に増えていても上位2頭に食い込む程ではない。体調が万全でも展開次第では取りこぼしてしまうポジションにいる馬なので、ここは消しの方向で馬券を展望して良い場面だ。
 

セントライト記念

 
ゼーヴィント 牡3歳

ゼーヴィント 牡3歳

父馬:ディープインパクト
母馬:シルキーラグーン
母父:ブライアンズタイム
所属:木村哲也厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:シルクレーシング
via google imghp
 

ゼーヴィントが4着以下に沈む確率 50%

 
【ゼーヴィント】
前走のラジオNIKKEI賞を快勝したとは言え、相手が弱かったという見方は出来ないだろうか。2着のダイワドレッサーは牝馬クラシックで全く活躍出来なかった馬。3着のアーバンキッドは次走の1600万下で凡走と、それぞれが大した事のないメンバー構成だった。

そこでの勝ち方を評価されてのものなら、一流所が集まったセントライト記念では軽視傾向でも問題ない。幾ら、鞍上の戸崎騎手が絶好調だからと言っても馬の絶対値までは上げられない。なので、ディーマジェスティやマウントロブソンがいるここでは十分に飛ぶ可能性がある。
 

まとめ

 
以上、各レースにおける上位3位以内の危険な人気馬である。

今回はレッドアヴァンセか。脚質的にも展開の助けが必要であり、自分で動いて行けないタイプなだけにどうしても取りこぼしが多くなってしまう。休養で馬体重は立て直せても、そこまで信頼度が高い馬でもない。過剰に人気しているのなら積極的に消しても良いだろう。

ゼーヴィントは安定して能力が出せる馬だが。ここはそれでも能力が足りるかどうか。少なくともディーマジェスティとマウントロブソンには太刀打ち出来ない。後はプロディガルサンやメートルダール、プロフィットなどの重賞クラスとの3着争いに加われるのか疑問である。

週末の結果をお楽しみに。

関連記事

関連タグ

著者