コース見解

 
京都競馬場、芝1200mコース図

京都競馬場、芝1200mコース図

《勝ちタイム平均/レース上がり平均/勝ち馬上がり平均》

・3歳500万=1.08.4/34.2/33.9
・混合500万=1.08.4/34.3/33.8
・混合オープン=1.07.8/33.9/33.5
via google imghp
 
シンプルで明快な形状。3コーナー付近に上り坂がある影響でペースは落ち着きやすく基本的には前が有利。直線も短く平坦でスピードの維持がしやすい為、逃げ馬には打ってつけのコースとも言えよう。

内回りの分、コーナーのカーブが急になり外を回らされる馬は距離損が多く不利な傾向。総合的に考えても、内枠の先行馬を中心に馬券を組み立てるのがベストな買い方だ。
 

タイム、ラップ見解

 
上にもある様にスローペースになりやすいコース設計で、3歳と古馬の500万クラスがタイムも上がりもほぼ一緒。つまり、そうそう乱ペースになりにくく先行馬の見立てさえ出来れば展開は非常に読みやすい。

逆にこれまで坂のあるコースで豪快に追い込んで来た馬で人気になっている場合は、積極的に消して行っても良いだろう。京都競馬場を得意とする馬がいればそこも要注意だ。
 

血統見解

 
サクラバクシンオー 

サクラバクシンオー 

父馬:サクラユタカオー
母馬:サクラハゴロモ
母父:ノーザンテースト

主な産駒:グランプリボス、ショウナンカンプ、ビッグアーサー、ダッシャーゴーゴーなど
via google imghp
 
【サクラバクシンオー】
当然ながらスプリント戦のデータはサクラバクシンオーに良績が集まる。勝利数は断トツのトップであり、出走頭数がかなり多い割には連対率と複勝率も悪くない。但し、人気傾向にあるので自ずと単複の回収率は100を切る事になるのは致し方ないところか。しっかりと軸馬を見極めて万馬券的中の近道をしたい。
 
ストーミングホーム

ストーミングホーム

父馬:Machiavellian
母馬:Try to Catch Me
母父:Shareef Dancer

主な産駒:サドンストーム、ティーハーフ、マコトブリジャールなど
via google imghp
 
【ストーミングホーム】
最高連対率を誇るのが同種牡馬だ。何と30%を超えており連複の馬券の軸としては持って来いの馬。但し、回収値を見ても単勝の方はかなり低く頭から狙いに行くのは余りオススメ出来ない。代表産駒のティーハーフやサドンストームの様に型にはまった時の爆発力は凄い。
 
スウェプトオーヴァーボード

スウェプトオーヴァーボード

父馬:エンドスウィープ
母馬:Sheer Ice
母父:Cutlass

主な産駒:レッドファルクス、パドトロワ、アーバンストリート、キョウエイアシュラなど
via google imghp
 
【スウェプトオーヴァーボード】
逆に単勝の回収値が飛び抜けているのはスウェプトオーヴァーボード。余り人気しにくい血統背景だが、勝つ時はきっちり結果を出して高配当を呼ぶ特注種牡馬。2016年スプリンターズSでのレッドファルクスが良い例だろう。複勝値はその他の率も比較的高水準で全体としても十分に信用が置ける。
 
クロフネ

クロフネ

父馬:フレンチデピュティ
母馬:ブルーアヴェニュー
母父:Classic Go Go

主な産駒:カレンチャン、ホエールキャプチャ、スリープレスナイト、クラリティスカイなど
via google imghp
 
【クロフネ】
短距離路線で欠かせない種牡馬はクロフネだろう。これまでも数々の活躍馬を出している様に産駒のスプリント適正は高い。特に単複の回収値はいずれも100を超えているので高配当も十分に期待できる。その上で複勝率も25%とまずまずで、出馬表内で見かけたら注意が必要だろう。
 

まとめ

 
京都芝1200mは一にも二にも内枠の先行馬。前に付けれそうな馬は人気薄でも抑えておく必要があるだろう。

阪神や中山などの坂のあるコースで派手な追い込みなどを決めて来た馬が人気している時は軽視傾向。後は、軽量となる3歳馬や牝馬の台頭も大いに警戒したい。とにかくひと筋縄では収まらない大荒れ必至のコース。
 
☆ポイント☆
・内枠先行馬の活躍が多い
・中波乱以上の期待値が高い
・スローペースになりやすい

関連記事

関連タグ

著者