5日、船橋競馬場で<かしわ記念>(JpnⅠ・4歳上・ダ1600m)が行われ、吉田隼人騎手騎乗の2番人気ショウナンナデシコが優勝しました。

 勝ちタイムは1分38秒9(稍重)。


 以下、5番人気ソリストサンダー、1番人気テイエムサウスダンの順にゴール板を通過しています。


 勝ったショウナンナデシコは、牝5歳、栗東・須貝尚介厩舎で、父オルフェーヴル、母ショウナンマオ、その父ダイワメジャーという血統です。

 重賞2連勝に続き、JpnⅠレース初勝利を挙げました。


 同レースの牝馬の勝利は、1990年フジノダンサー以来32年ぶりで、グレート競走になってからは初めてです。

関連記事

著者