コース見解

 
阪神競馬場、芝1400mコース図

阪神競馬場、芝1400mコース図

《勝ちタイム平均/レース上がり平均/勝ち馬上がり平均》

・3歳未勝利=1.22.3/35.7/35.2
・混合500万下=1.21.5/35.5/35.0
・混合オープン=1.21.1/35.2/34.7
via google imghp
 
スタート後3コーナーまでの距離が長く枠順による有利不利はほとんど無いと思って良いだろう。暫く下り坂が続くので先行争いが激化しやすく前傾ラップとなりやすい。つまり、逃げや先行馬にとっては厳しいコースなのだ。クラスが上がれば上がる程、その傾向は顕著になり差し馬の台頭が目立って来ると考えて展望しても構わないだろう。
 

タイム、ラップ見解

 
前述の様に、基本的には前傾ラップの差し馬に有利なペースが生まれやすいコース。新馬や未勝利はさすがに前残りが顕著になるものの、クラスが上がれば逃げて粘る事はかなり困難になるだろう。タイム自体はそこまで速い時計を持たずとも対応出来ると見て、後は枠順発表から展開予想を細かくやって行きたい。
 

枠順見解

 

枠/勝率/連対率/複勝率

 

1枠 8% 16% 23%

 

2枠 7% 13% 22%

 

3枠 6% 12% 20%

 

4枠 7% 15% 22%

 

5枠 6% 15% 20%

 

6枠 7% 12% 19%

 

7枠 6% 11% 18%

 

8枠 7% 13% 19%

 

血統見解

 
ディープインパクト 牡

ディープインパクト 牡

父馬:サンデーサイレンス
母馬:ウインドインハーヘアー
母父:Alzao

主な産駒:ダノンプラチナ、ショウナンアデラ、トーセンラー、ジェンティルドンナなど
via google imghp
 
【ディープインパクト】
勝利数トップはディープインパクト。阪神競馬場はマイルがディープインパクトの庭となっているが、ひとハロン短いこの距離もやはり同様の傾向にある。産駒数が多い事も理由にはあるが、元より差し馬が台頭するコースでは無類の強さを誇るので伸び伸びと走れるのが合っているのだろう。ディープインパクトには珍しく、単勝の回収値が100を超えており頭からガンガン狙って行きたい。
 
ブラックタイド

ブラックタイド

父馬:サンデーサイレンス
母馬:ウインドインハーヘアー
母父:Alzao

主な産駒:キタサンブラック、マイネルフロスト、テイエムイナズマ、プランスペスカなど
via google imghp
 
【ブラックタイド】
連対率では弟のディープインパクトを抜いてブラックタイドがトップを記録。生産数を考えれば非常に優秀なデータなのだが、逆に兄のブラックタイドがここでは単複の回収値で100を大きく下回る結果に。あくまで人気馬が出て来た時の押さえ候補的な感覚で考えて良いかもしれない。
 
バゴ 

バゴ 

父馬:Nashwan
母馬:Moonlight's Box
母父:Nureyev

主な産駒:ビッグウィーク、トロワボヌール、サカジロロイヤル、クリスマスなど
via google imghp
 
【バゴ】
同コースで最も美味しい特注種牡馬はバゴ。複勝率も25%超えなのだが、何より単複の回収値がいずれも150を優にオーバーしており高配当を狙う上で外せない種牡馬だろう。余り産駒をみかけないだけに、出馬表で見かけたら即チェックだ。
 

まとめ

 
個人的にこのコースでの競馬は荒れるイメージしか無い。枠や展開の影響は勿論あるのかもしれないが、実力馬が皆一様にして敗退する印象があり基本上位人気でも不安要素が少しでもある場合は思い切って切って行きたい所。そうでもないと数十万単位の馬券は当たらない。

後はデータに沿って穴馬を上手くセレクト出来れば良いが、そこまできっちり抽出せずともある程度の好走要因がある馬は全て拾って手広い購入の仕方がベターだろう。

☆ポイント☆
・荒れやすいコース
・上位クラスは差し馬有利
・ディープインパクトの単勝回収値が100超え

関連記事

関連タグ

著者