2016年・セレクトセール開催中

 
2016年・セレクトセール

2016年・セレクトセール

セレクトセールとは、日本競走馬協会が主催するセリ市の事。

ノーザンファームや社台ファーム生産の良血馬がこぞって展示即売にかけられ、その額は参加者のセリによる落札方式で決定される。毎年、1億や2億を超える高額馬も数頭見られ、誌面やサイトなどでそれらの情報が飛び交いファンたちの間で話題となっている。
via google imghp
 

金子真人氏の購入馬一覧(初日・1歳)

 

モンローブロンド2015 5400万円

 
モンローブロンド2015

モンローブロンド2015

父馬:ロードカナロア
母馬:モンローブロンド
母父:アドマイヤベガ
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:金子真人ホールディングス

※画像は母・モンローブロンドの現役時のものです。
via google imghp
 

アガルタ2015 8600万円

 
アガルタ2015

アガルタ2015

父馬:マンハッタンカフェ
母馬:アガルタ
母父:キングカメハメハ
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:金子真人ホールディングス
via google imghp
 

ハヤランダ2015 1億1500万円

 
ハヤランダ2015

ハヤランダ2015

父馬:ハーツクライ
母馬:ハヤランダ
母父:ランド
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:金子真人ホールディングス
via google imghp
 

ランニングボブキャッツ2015 1億4000万円

 
ランニングボブキャッツ2015

ランニングボブキャッツ2015

父馬:ヘニーヒューズ
母馬:ランニングボブキャッツ
母父:Running Stag
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:金子真人ホールディングス

兄弟:アジアエクスプレス(朝日杯FS勝ち馬)
via google imghp
 

ミラクルレジェンド2015 1億4000万円

 
ミラクルレジェンド2015

ミラクルレジェンド2015

父馬:キングカメハメハ
母馬:ミラクルレジェンド
母父:フジキセキ
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:金子真人ホールディングス

近親:ローマンレジェンド・アムールレジェンドなど
via google imghp
 
セレクトセール初日だけで合計額は何と5億3500万円。しかも、二日目は当歳のセリもあるだけに、まだまだその額は伸びる余地がありそうだ。

しかし、このラインナップを見ると金子氏の選ぶ馬も独特な事に気付く。モンローブロンドやランニングボブキャッツに関しては、兄弟にそこそこの活躍馬がいるので高額になるのは分かるが、その他のミラクルレジェンドやハヤランダ産駒については全く理解できない。

百歩譲って前者は祖母のパーソナルレジェンドラインが繁栄族なのでその爆発力に期待するのも頷ける。が、後者のハヤランダに関して言えば、父がランドでその系譜が日本で活躍した馬は他に一切見当たらないのである。
 
セレクトセールの常連、金子氏

セレクトセールの常連、金子氏

既に大物の風格の金子氏。周りからも畏敬の念でVIP待遇を受け、今や日本競馬界になくてはならない存在だ。

所有馬はこれらセリで購入した馬だけでなく、牧場に預託している繁殖牝馬とディープインパクトやキングカメハメハなどを交配させるなどして毎年数十頭デビューさせている。

“リアルダビスタ”を地で行く、我々世代の人間からすると憧れであり奇跡の人である。
via google imghp
 
そういう意味でも、金子氏の馬を見る目はかなりのものがあるのかも知れない。

他の高額で落札される馬は、大体が兄弟も重賞馬か母自体が海外のGⅠ馬などの超良血というケースが多い。が、金子氏のおメガネに叶うのはそうでもない、「??」と一瞬思うような馬にまで着目するのだから大したものである。

しかし、困った事にその馬に金子氏が競りかけると、他の参加者が「あ、金子さんが行ったからこれは走る馬なんだ」と認識して、自ずと相場よりも高額になってしまうのだとか??

それはそれで本人からすると困った話だw
 

初日の最高落札額は2億6000万円!!

 
オーサムフェザー2015

オーサムフェザー2015

父馬:ディープインパクト
母馬:オーサムフェザー
母父:Awesome of Course
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:(株)KTレーシング
via google imghp
 
今年は1歳は2億6000万円が最高額。

気になる落札者は今年所有馬をデビューさせたばかりのルーキー馬主・(株)KTレーシング。今年はこれ以外にもオルフェーヴル産駒の牡馬プリティカーナ2016を1億円で落札している。新参者の馬主にしてはかなりお金を持っており、これからは里見オーナーの最大のライバルになりそうww
 

まとめ

 
とまぁ、初日の総合計落札額が何と80億にも上った様で、世間では不況不況だと言われておりますが馬産地業界は常にバブル期を迎えております。

買う人も売る人も潤えば全然問題ありませんが、この中のほとんどがノーザンファーム他の大手の生産馬であったりもするので、やっぱりどの世界にだって核を牛耳っているグループがあるんだなと再認識させられました。

ともかく、本日は二日目・当歳のセリも開催中。こちらの詳細も判明次第お知らせ致します。どうぞお楽しみに。

関連記事

関連タグ

著者