土曜京都新馬・芝1400m

 

タイセイスターリー×川田将雅

 
タイセイスターリー(牡2歳・鹿毛)

タイセイスターリー(牡2歳・鹿毛)

父:マンハッタンカフェ
母:スターアイル
母の父:ロックオブジブラルタル
調教師:矢作芳人(栗東)
馬主:田中成奉
生産者:ノーザンファーム
via google imghp
 
半兄のミッキーアイル(父ディープインパクト)はデビュー2戦目の未勝利戦から一気の5連勝でNHKマイルC(G1)を制し、古馬になってからも阪急杯(G3)制覇をはじめ、高松宮記念3着、2着、スプリンターズS4着、2着と一線級の活躍を見せている。
タイセイスターリーは父がマンハッタンカフェに変わってどうかだが、兄よりは距離に融通が利きそうなタイプ。先ずは新馬勝ちを決めることが目標だが、秘めたポテンシャルはG1級であることは間違いない。ここから兄を超える存在になれるか。
 

土曜東京新馬戦・芝1600m(牝)

 

プリンセスナナコ×藤田菜七子

 
プリンセスナナコ(牝2歳・栗毛)

プリンセスナナコ(牝2歳・栗毛)

父:メイショウボーラー
母:クールレディ
母の父:フォーティナイナー
調教師:根本康広(美浦)
馬主:ライオンレースホース
生産者:浦河日成牧場
via google imghp
 
藤田菜七子騎手から馬名を取ったプリンセスナナコ。もはや藤田菜七子騎手しか乗ることが許されない馬だが、「すごくまじめで一生懸命走る馬。前向きです」と生涯のパートナーを称えている。このコンビで上のクラスに進めれば大きな話題になるに違いない。ちなみにあだ名は「プリンちゃん」だそう。
 

ミッキークロス×横山典弘

 
ミッキークロス(牝2歳・青鹿毛)

ミッキークロス(牝2歳・青鹿毛)

父:ハーツクライ
母:ライジングクロス
母の父:Cape Cross
調教師:国枝栄(美浦)
馬主:野田みづき
生産者:ノーザンファーム
via google imghp
 
半姉に昨年のオークス・秋華賞で4着、5着と入線を果たしたアースライズ(父マンハッタンカフェ)がいる血統で、ミッキークロスも早くから活躍が期待される。
管理する国枝師は「気持ちに前向きさがあるし、動きもキビキビとしていて素軽い。そんなに大きくないけど、走ってきそうな雰囲気はある」と期待を寄せている。調教でもしっかりと負荷をかけられており、初戦から万全の状態で走れそうだ。
 

月曜京都新馬・芝1600m(牝)

 

リナーテ×川田将雅

 
リナーテ(牝2歳・黒鹿毛)

リナーテ(牝2歳・黒鹿毛)

父:ステイゴールド
母:マルペンサ
母の父:Orpen
調教師:須貝尚介(栗東)
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム
via google imghp
 
半兄に先週の神戸新聞杯を勝つなど重賞2勝、日本ダービーでハナ差2着と世代トップの実力を持つサトノダイヤモンド(父ディープインパクト)がいる血統。
須貝厩舎と言えば、ゴールドシップやレッドリヴェールといったG1馬を輩出しており、気難しいステイゴールド産駒の扱い方は熟知している。「雰囲気はレッドリヴェールにそっくり。馬体は華奢だったリヴェールよりもひと回りふた回りは大きいかな」と須貝師。2歳馬ながら立ち振る舞いは堂々としており、調教では重賞ウイナーのアドマイヤエイカンと併せて先着とかなりの大物感を見せている。
 

ヴィニー×武豊

 
ヴィニー(牝2歳・鹿毛)

ヴィニー(牝2歳・鹿毛)

父:ディープインパクト
母:コケレール
母の父:Zamindar
調教師:池江泰寿(栗東)
馬主:キーファーズ
生産者:ノーザンファーム
via google imghp
 
昨年のセレクトセールにて牝馬ながら1億3500万円の値がつけられたヴィニーは、母にフランスのG1馬コケレール、全兄に現在4戦3勝と将来を嘱望されているラヴィエベールがいる血統。
管理する池江師が「牝馬だが体つきがしっかりしている。期待の1頭で、走ってもらわないと困る」と話すように、厩舎スタッフの間でも「なかなかのスピードを持っているし、うまく成長すれば大物になるかも」と高いポテンシャルに賛辞を贈っている。
ヴィニーの馬主である(株)キーファーズの松島正昭氏は「武豊騎手と凱旋門賞に行くのが夢。この馬はその夢に一番近いと思って購入しました」と語ったほど。陣営の期待度の高さから将来がかなり楽しみだ。
 

その他に

 
土曜東京新馬戦・芝1600m(牝)
【キタサンメジャー(牝2歳・父ダイワメジャー)】
半兄に高松宮記念、スプリンターズSを勝ったローレルゲレイロ(父キングヘイロー)がいる血統。奥村武調教師が早くから大絶賛していた馬で、素質の高さがうかがえる。
 
土曜京都新馬・芝1400m
【ブレイヴバローズ(牡2歳・父マンハッタンカフェ)】
半兄にスプリント重賞3勝を挙げたダッシャーゴーゴー(父サクラバクシンオー)がいる血統。このレースにはタイセイスターリーが出走予定で、マンハッタンカフェ産駒対決にも注目が集まる。
 
日曜東京新馬戦・芝2000m
【レイデオロ(牡2歳・父キングカメハメハ)】
祖母レディブロンド、母ラドラーダ、半兄ティソーナと一族に活躍馬が並ぶ。3頭が1200m~1600mで結果を残しているが、レイデオロは2000m戦でのデビュー。このあたりに陣営の期待感が見られる。
 
月曜京都新馬戦・芝2000m
【エンドオール(牡2歳・父ハーツクライ)】
近親にビワハヤヒデ、ナリタブライアン、キズナ、ファレノプシスらG1馬が並ぶ良血馬。順調に行けばクラシックの夢も大きく広がりそうだ。

関連記事

関連タグ

著者