6日、大井競馬場で<東京盃>(JpnⅡ・3歳上・ダ1200m)が行われ、松山弘平騎手騎乗の7番人気サクセスエナジーが優勝しました。

 勝ちタイムは1分10秒3(稍重)。


 以下、1番人気リュウノユキナ、2番人気レッドルゼルの順でゴール板を通過しています。


 勝ったサクセスエナジーは、牡7歳、栗東・北出成人厩舎で、父キンシャサノキセキ、母サクセスアイニー、その父ジャングルポケットという血統です。

 これまでの成績は36戦13勝で、昨年12月月の<兵庫GT>以来、6度目の重賞制覇となりました。

 また、同馬には11月3日に金沢競馬場で行われる<JBCスプリント>への優先出走権が与えられます。

関連記事

著者