レース回顧

 
2016年の京都新聞杯はエルプシャフトがスタートで後手を踏み最後方からレースを進める形になった。
11番人気のカルムパシオンがハナを奪い、2番手にアグネスフォルテが続き、5.6番手にブラックスピネル、ゼンノタヂカラオが追走し、後方集団にロイカバード、スマートオーディンといった有力馬が続いた。
 
3コーナー過ぎから各馬ポジションを上げ、スマートオーディン、ロイカバード、エルプシャフトが外から進出を図る。
直線に入ると、前で食い下がるアグネスフォルテをスマートオーディンが外からメンバー中最速の上がり3F33.8秒で差し切り勝利した。勝ちタイムは2:12.6。
3/4差の2着にアグネスフォルテ、3着にロイカバードが入った。

鞍上にC.ルメール騎手を迎え、是が非でもダービー出走を叶えたかったブラックスピネルは4着、名牝ブエナビスタの半弟でデビュー2戦目で重賞初挑戦となったエルプシャフトは直線で良い追い込みをみせるも出遅れが響き5着に敗れた。
 

2016年京都新聞杯レース動画&勝利騎手インタビュー

1着②スマートオーディン(戸崎)
2着⑪アグネスフォルテ(松山)
3着⑨ロイカバード(池添)
 

豪快な末脚を武器にいざダービーへ!

 
スマートオーディン(栗東・松田国英厩舎)

スマートオーディン(栗東・松田国英厩舎)

父:ダノンシャンティ
母:レディアップステージ
母父:Alzao

東京スポーツ杯2歳Sと毎日杯に続いて世代唯一の重賞3勝目をあげ、皐月賞組に挑戦状を叩きつけた。
初の2000m以上の距離に加え、コーナー4つのコースも心配されたが、道中は後方2番手でしっかりと折り合った。終いは33.8秒の末脚をマークし、最後は流す余裕もあり、力の違いをみせた。
厩舎の先輩で父であるダノンシャンティはNHKマイルCをレコード勝ちしたが、ダービー前日に骨折が判明し、出走は叶わなかった。父の無念を晴らすためにも無事に行ってほしい。
 

低評価を覆し2着に好走!

 
アグネスフォルテ(栗東・長浜博之厩舎)

アグネスフォルテ(栗東・長浜博之厩舎)

父:ハービンジャー
母:アグネスリース
母父:フレンチデピュティ

道中は逃げるカルムパシオンの2番手を追走。最後は外からスマートオーディンに差されたが、しぶとく粘る勝負根性をみせロイカバード、ブラックスピネル、エルプシャフトといった強敵を抑え2着を確保した。
鞍上の松山弘平騎手の馬場傾向を生かした好騎乗もあり、このコンビは手が合っている。今後さらに成長すればますます楽しみな存在になりそうだ。
 

全着順

 
着順 馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 タイム(着差) 本印 単勝オッズ
1 2 スマートオーディン 56.0 戸崎圭太 108.3 2:12.6 2.0
2 11 アグネスフォルテ 56.0 松山弘平 106.0 3/4 41.5
3 9 ロイカバード 56.0 池添謙一 103.0 1.1/2 7.2
4 13 ブラックスピネル 56.0 C.ルメール 103.0 クビ 4.9
5 7 エルプシャフト 56.0 横山典弘 100.0 1.3/4 × 6.1
6 3 エルリストン 56.0 福永祐一 100.0 クビ 35.3
7 4 スワーヴアーサー 56.0 四位洋文 97.0 1.1/4 15.4
8 10 ゼンノタヂカラオ 56.0 川田将雅 90.0 3 10.2
9 14 スズカバーディー 56.0 太宰啓介 90.0 1.1/4 423.1
10 1 ダンツエイコウ 56.0 佐藤友則 90.0 2.1/2 372.4
11 5 ユウチェンジ 56.0 松若風馬 97.7 1.1/4 37.3
12 12 フォルテミノル 56.0 和田竜二 90.0 2 365.4
13 6 カルムパシオン 56.0 幸英明 90.0 1/2 300.9
14 8 アドマイヤビスタ 56.0 岩田康誠 90.0 大差 60.5
 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ②-⑨-⑩-⑬ 4頭計6点 不的中
単勝 2 200円 枠連 ②-⑦ 3,660円
複勝 120円 ワイド ②-⑪ 1,310円
510円 ②-⑨ 340円
210円 ⑨-⑪ 2,930円
馬連 ②-⑪ 4,120円 馬単 ②→⑪ 5,300円
三連複 ②-⑨-⑪ 7,230円 三連単 ②→⑪→⑨ 33,810円

関連記事

関連タグ

著者