1999年のデイリー杯クイーンカップを制した後、同年オークス馬となったウメノファイバーが、今月12日未明、繁殖牝馬として繋養されていた北海道新冠町のハクレイファームで老衰のため亡くなったことが分かりました。享年25歳でした。

現役時代のウメノファイバーの成績は16戦4勝で、現役を引退してからは13頭の産駒たちも生まれ、繁殖馬としても活躍しました。

ご冥福をお祈り致しますm(_ _)m

関連記事

著者