12月19日、横山武史騎手はスコラーリで中山6Rを制し、22歳11ヶ月28日目で、自身初、史上2番目の年少記録となるJRA年間100勝を達成しました。

 横山騎手は今年、エフフォーリアとタイトルホルダーでGI・3勝していて、JRA通算300勝まであと4勝となりました。


(以下、横山騎手のコメント)

 「今年はGIを勝つことと年間100勝を最低目標としていたので、どちらも達成できてよかったです。昨年34勝だったので今年は絶対に100勝達成したいと思って乗っていました。馬のおかげで勝てたところはありますが、GIを勝てて自信につながったし、少しずつ競馬も余裕を持てるようになりました。ここまで来たら300勝も今年中に達成したいです。」

関連記事

著者